包茎手術って?

包茎手術とは

包茎治療とは、手術によって包茎状態を改善しようていうもんだず。包茎には、3種類があり、それぞれによって治療法は異なるがらな。最も深刻な真性包茎の場合は、しこたまの場合皮を切って縫い合わせることで対応したんだず。一方で、ほぼ正常に近い仮性包茎の場合は、切除せねで糸で縫うことによってむき癖をつけるていう方法がとられることもあっからな。真性包茎の場合は、亀頭の成長ていう面を考えると、18歳〜20歳の間には包茎治療を受けたほうがええと思われます。

包茎治療には、上に記した以外にも隠れたメリットがあっからな。それは、早漏も改善される場合が多いていうことです。包皮に覆われた亀頭は刺激に弱いのに対し、皮がむけることで外部からの刺激に慣れ、結果的に早漏が改善されるていう理屈です。んだげっどよ、早漏は精神面もからんでくるので、一概に改善されることは保証できねえがらな。

包茎治療は、一方でデメリットを持ちます。それは、病院を選ばないと手術後に上下で色が異なってしまう(ツートーン化)ことがあるんだず。最近ではツートーン化しねえ治療方法も知られるようになったんだず。包茎治療は以外と治療件数が少なく、情報が集めにくいので、病院選びは慎重に判断する必要があるんだず。