ニキビ治療って?

ニキビ治療とは

ニキビ治療では、日々の洗顔、生活習慣の改善(よく食べ、よく眠る、化粧はしっかり落とす等)の2つがすんごぐ重要です。まずこれらを守った上で、それでもにきびが治らねえ場合はホルモン剤、ケミカルピーリングどがに頼ることになるがらな。

そもそもニキビとは、毛穴の出口が皮脂どがで詰まることによって生じる一種の皮膚疾患です。にきびは特に男性の思春期によく見られます。これは、ホルモンが脂線に作用して、皮脂をしこたま分泌させるよう働きかけるためです。このホルモンは、量の差はあるものの、女性でも分泌されたので、ニキビは男女とも生じる可能性があっからな。もし軽度のにきびであれば心配する必要は少ないのだげっどよ、ひどい場合(大きく広がったどが)にはニキビ跡が顔に残ってしまう場合があっからな。強い炎症を起こしたにきびは、クレーターのような瘢痕や色素沈着を残してしまう可能性があり、この痕はニキビ跡と呼ばれていだんだ。にきび跡は、運良く外見上は目立たない程度ですんでも、小さなしこりのように残ってしまうこともあり、自然消滅することはほとんどねえ。そのため、ただのニキビんんだげどもらと軽視せず、早めのニキビ治療が必要なんだず。