■鷹匠の吉平


物語『シリコロカムイ』第三章の登場人物。
初登場時18歳。ラワン君の無二の親友。

戦をトラウマに抱え、鷹匠の頭領に誘われて北海道に行き、その二回目にラワン君と知り合う。

男三兄弟の次男坊。
弟はラワン君と同い年だった。

当たり障りのない名前と外見をイメージしていたものの、鷹匠という職業柄、お金持ちっぽい。

鷹匠や戦国時代についてあれこれ調べ、キャラクターとして実際に動かしていくうちに家事全般をこなし、火縄銃も扱う、とんでもない外見だけ草食男子になった。

そしてラワン君いわく「歩く猥談」(笑)


もどる