八卦-帰経


  三 陽   三 陰
大腸 三焦 少腸 肺臓 心包 心臓
胃府 胆嚢 膀胱 脾臓 肝臓 腎臓

























儀より四象を生じる(春分と秋分を境に四分割する)
四象より八卦が生じる 【 医 易 同 源

大 極
太陽 少陰 少陽 太陰


陰陽の組み合わせで、すべての自然現象は天、沢、火、雷、風、水、山、地の三層で表わせる。
全部陽ですので、堅くて動的なもの、天のように高くて大きいもの、広いものを表わします。
(乾=陽の卦で徳は健で、天にかたどる)
一番上が開いた形で口を表わします。貯えておくもの、池や小川、、さらには可憐なものを表わします
(兌=自然界では凹の形で沢にかたどり、人身では口であり、すべての穴とも見る)
火のように明るく美しいもの、はっきりしているものを表します。
(離=明るく美しいもので、火・日など明るいさまを表す)
雷のように騒々しいもの、驚くもの、響き伝わるものを表します。
(震=陰気が充塞した所に陽が発生しようやく活動しようとするかたち)
風のように軽やかで柔軟なもの、動き揺れるもの、長いものを表わします。
(=柔順卑下の徳を表すかたちとする)
陽が二つの陰の中に落ち込んだ形です。
(=陽の二陰中に陥り険難なかたちとする)
山のように高くてどっしりとして、動かないもの、止まるもの、高尚なものを表わします。
(=
静止の徳を表すかたちとする)
全部陰ですので、柔らかく静的なもの、大地のように低くて平らなもの、包容するものを表わします。
(坤=陰の卦で柔軟で物を成長させる徳を表す)

古人は日の出、日の入りで東西を知り、正午の最短の陰で南方を、北極星で北方を知り四方が確定でき中央を求めることが出来た。
また

易は偶然の積み重ねによって、たまたま現われる突然でなく必