三陰三陽 四分割表示  【虚実パターン判定】


三陰三陽とは上肢、下肢を陰陽に分けて測定して、治療の適応範囲を示すもので陰陽の所在を長期間に渡り臨床効果を観察する中から得た結論である。


 パターン確率
 肩こりパターン
 腰 痛パターン

※ ホームページ ※ 経絡別索引 ※ つぼクリック表示 ※ 五行関連 ※ 50音索引 ※ 症状別索引

図.1

※ 人間を含む自然界の森羅万象は陰陽二要素からなっている。病気とは陰陽の平衡が乱れたほかにならない、したがって病気の治療とは陰陽の平衡をとりもどすことである。                 

BH = Bio Balance Harmony

※ ホームページ ※ 経絡別索引 ※ つぼクリック表示 ※ 五行関連 ※ 50音索引 ※ 症状別索引

図.2

※ ホームページ ※ 経絡別索引 ※ つぼクリック表示 ※ 五行関連 ※ 50音索引 ※ 症状別索引

陽上風寒湿型 風寒の邪 冷房 手三里 外関 曲池 陽陵泉 上巨虚
陽上興奮型 循環障害 風池 後谿 肩膠 外関 曲池 臑兪
陰下型 肩こり しびれ 神門 巨骨 霊道 合谷
陰上虚型 心経虚症 肩膠 四涜 太淵 陽池
陰陽混合 整形的 肩膠 肩ぐう 天宗 合谷 曲池
陰陽混合 合谷 肩井 太衝 中渚 復溜 心兪

図.3

※ ホームページ ※ 経絡別索引 ※ つぼクリック表示 ※ 五行関連 ※ 50音索引 ※ 症状別索引

   森羅万象ー宇宙に存在する数限りない一切のもの。
陽上風寒湿型 濡れた衣服でクーラーや扇風機に長時間あたっているような状態 京骨 承山 承筋 腎兪 商丘
陽上炎症性型 ギックリ腰の初期症状 上巨虚 伏兎 飛揚 大敦 命門
陰下腎虚型 疲労や老化現象 上巨虚 太谿 三陰交 腎兪 委中
陽下お血型 循環障害によるもの 人中 尺沢 委中
整形外科的 変形性疾患は腎精不足が原因と考えられる 陰陵泉 然谷 命門
古典的分類 腎虚症 足臨泣 腎兪 委中 背中

※ 参照文献     針灸学  上海中医学院編  広辞苑  漢字源  東洋医学大事典

【太陽病】
身体の表面に血液が集まるで脈が浮になる、頭痛がして首筋がこわばり、悪寒がする。

【陽明病】ー陽明病たる胃家実是れなり
胃家実は消化機能の充実をしめいしてる

【少陽病】ー口苦く、のどが乾く、目眩
自覚症状を主としているー裏熱実証


【太陰病】ー裏寒虚証
腹が充満していて、食べた物を吐き、下におりていかない、自然に下痢して腹も時々痛む

【少陰病】
陽の気が衰弱するから、脈はかすかで触れにくく、幅もなく小さい。この病気では患者は、ただごろっと横になって寝ていたく、
とくに苦しいところを訴えない。

【厥陰病】

寒と熱が錯し上熱下寒をていする。空腹だが食欲はなく、無理して食べると吐く


【陰陽五行説】ー古代中国に起源をもつ哲学上の道理(人生や世界の本質にかかわる深い物事のそうあるべきすじみち)
陰陽は古代中国や日本で生理、病理の基本原理として早くからとりいれられた。漢代にまとめられた黄帝内経のうちの素門の初めの部分には、陰陽原理にもとづく養生思想がとかれている
一切の万物は陰・陽二気によって生じ、五行中、木・火は陽に、金・水は陰に属し、土はその中間にあるとし、これらの消長によって天地の変異、災祥、人事の吉凶を説明する。→五行・陰陽道(オンヨウドウ)

中国の易学でいう、相反する性質をもつ陰・陽二種の気。万物の化成はこの二気の消長によるとする。
  日・春・南・昼・男は陽、
  月・秋・北・夜・女は陰
 わが国に伝来して陰陽道となったが、この場合はオンヨウまたはオンミョウとよむ。

【陰陽】
元来陰陽の二語は、それぞれ丘とか屋敷の暗いところと明るいところをさした。紀元前四世紀ごろ、すべての事物において消極的なものを陰として、積極的なものを陽とみなす陰陽二元論の哲学原理に体系化された、そこでは陰陽は双半紙て対立する両性質を表す物となり、男女、強弱、君臣、動静、天地、日月、表裏、伸屈、昼夜、などの対極分野において前者を陽、後者を陰とみなすことになった。

※陰陽は天地の道なり病を治すには必ず陰陽の本を求めるとある。陰陽は天地自然の根本原理であつて自然現象はそれに支配され、人間もまたこの根本原理に従うことが強調される。陰陽による変化は自然のリズムであり、四季のリズムを知って、それに逆らわない、季節に応じた養生法をとるべきことが述べられている。

中国の易学でいう、相反する性質をもつ陰・陽二種の気。
万物の化成はこの二気の消長によるとする。日・春・南・昼・男は陽、月・秋・北・夜・女は陰とする類。

天地の間にあって、万物を発生させる働きがあるという、陰と陽の気。「天地無窮極、陰陽転相因=天地窮極無ク、陰陽転ジテアヒ因ル」〔曹植〕_相対する性質の、天地・日月・寒暖・男女・表裏・春秋・生死・上下・君臣などのこと。

】= 会意兼形声。
昜ヨウは、太陽が輝いて高くあがるさまを示す会意文字。陽は「阜(おか)+音符昜」で、明るい、はっきりした、の意を含む。
(1)日に向かっている方。山の南面の地。川の北岸の地。「山―」
(2)日。日の光。また、あたたかいこと。「太―」「―光」「―春」
(3)あらわ。表面。うわべ。「陰に―に」「―動」
(4)易学上の原理から、天・男・君・日・昼・動・剛などすべて能動的また男性の象徴として用いるもの。

【陰
】= 会意兼形声。】(呉音はオン)
右側は、「云(くも)+音符今(=含。とじこもる)」の会意兼形声文字。湿気がこもってうっとうしいこと。陰はそれを音符とし、阜を加えた字で、陽(日の当たる丘)の反対、つまり、日の当たらないかげ地のこと。中にとじこめてふさぐの意を含む。
(1)山かげ。日光のあたらないところ。くらいこと。「―影」「緑―」
(2)山の北、河の南の地。「山―」
(3)移る日かげ。時間。「光―」「寸―」
(4)人目につかない、かくされたこと。「―徳」「―謀」
(5)かくしどころ。男女の生殖器。「―部」「女―」
(6)易学で、天地の二元気の一。陽に対して、消極的・受動的な事物の性質をあらわす。陽との流行交感により宇宙の万物が生成・変化・消長する。
「日」は陽、「月」は陰、
「男」は陽、「女」は陰の類。

【陰気】
(1)万物生成の根本の一とされる、消極面をつかさどる気。
(2)天候・雰囲気・気分・性格などの、暗く晴ればれしないさま。

【陽気】
(1)陽の気。万物が動き、または生じようとする気。徒然草「おほかた、東を枕として―を受くべき故に、孔子も東首し給へり」
(2)心がはればれしいこと。ほがらかなこと。気分がうきうきすること。
  八笑人「所が花見といふやつはどの様な陰気な人も―になる場所だから」
(3)時候。季節。「春らしい―」
  〇―発する処金石また透る [朱熹、文]どんな困難も精神を集中して行えば打ち勝つことができる、の意。
  「精神一到何事か成らざらん」と同趣意。

【陰気】
(1)万物生成の根本の一とされる、消極面をつかさどる気。
(2)天候・雰囲気・気分・性格などの、暗く晴ればれしないさま。

【陰証】
病勢が体内にこもって、著しい症状が外部にあらわれない病症。漢方で陽証に対していう。

【陰証】
病勢が体内にこもって、著しい症状が外部にあらわれない病症。漢方で陽証に対していう。

【三陰三陽
経絡は陰陽説により三陰と三陽(太陰、少陰、厥陰と太陽、少陽、陽明)に分け、三陰三陽の名称は、病名もしくは病状さす言葉でもあり、分類範疇しても用いられる。

陽は表、すなわち身体の表面およびそれに近い部分をさし、
陰は裏、身体の内部に病状があらわれるとする。

外部より進入する邪気は、身体の表面よりしだいに内部に進み、太陽病より厥陰病に至って重態となる。
三陰三陽のそれぞれの病気の進行状態に対応して、異なった処方が施される。

【五臓六腑】 ゴゾウロツプ five solid organs and six hollow organs
五臓とは心,肝,脾,肺,腎で,六腑とは胆,胃,大腸,小腸,膀胱,三焦を称する.
臓は気血など生命の基本物質を貯蔵し,
腑は食物の消化,吸収,輸送,貯蔵,排泄を司る内臓器官である.
現代医学の解剖・生理学概念とは類似するものもあるが,同じでない.
三焦は,機能はあるが形態はなく,現代医学の代謝中枢に相当し,熱源を司る133.


【虚実】
生体内部の異常と外界からの障害因子によって、機能の強弱、物質の過不足が生じた状態を評価する抽象的な要綱である、虚実は補瀉の治療により平衡を保つように働きかける。

病邪に対する抵抗力の強さを表したものです。抵抗力が弱いのが虚証で、強いのが実証です。実証では、病邪が進入すると生体が強く抵抗するので発熱、痛みなど症状が強くでます。虚証ではそうでもありません。

【虚】
機能の減弱、あるいは生理的物質の不足した状態をさす 虚証は精気が欠乏する結果としておこるとされた。精気は親から受けた生命である先天の気と、空気や食物から得た栄養物である後天の気が合したものと想定した。この気が不足すると各気管は平衡失調に陥り、恐れ、食欲不振、圧痛消失、呼吸困難、冷感、細脈、吐血、下痢など生体の機能減弱、または生理的な物質不足の状態を表す。

【実】

機能の亢進、あるいは体内に異常物質が過剰になった状態をいう。外界より生体を傷害する因子、すなわち外邪が進入することによって起きると考えた、その外邪は六気と呼ばれ、風、寒、暑、室、燥、火におかされたと想定した。外邪が侵入すると生体は防御反応が盛んになり、怒る、食欲増進、圧痛著明、発熱、肥満、尿閉、便秘な゛生体の機能亢進、または生理的、非生理的な物質過剰の状態を表す。------------------------------------------------------------------------------------------------
【表裏】・・・表裏とは、病邪がいる場所をあらわすものです。漢方では、病邪が体内に進入することによって病気がおこると考えます。病邪は普
通体の外側から進入してくるので、最初は体表近く(表)を犯し、病気が進行するにつれて内蔵など内側(裏)に入ります。

【寒熱】・・・寒熱とは、病態が寒性か熱性かを示すものです。寒証には、寒邪が体内に進入することによって起こるものと、陽気不足によって起こるものがあります。おなじように熱証には、熱邪が進入することによるものと、陰虚(陰が不足した状態)によるものがあります。寒熱は体温計ではかるものではなく、本人が熱いと感じているか、寒いと感じているかによります。

機能の亢進、あるいは体内に異常物質が過剰になった状態をいう。外界より生体を傷害する因子、すなわち外邪が進入することによって起きると考えた、その外邪は六気と呼ばれ、風、寒、暑、室、燥、火におかされたと想定した。外邪が侵入すると生体は防御反応が盛んになり、怒る、食欲増進、圧痛著明、発熱、肥満、尿閉、便秘な゛生体の機能亢進、または生理的、非生理的な物質過剰の状態を表す。

【気】会意兼形声。
气キは、いきが屈曲しながら出てくるさま。氣は「米+音符气」で、米をふかすときに出る蒸気のこと。
天地間を満たすと考えられるもの。また、その動き。

【血】
(1)血液。記上「其の蛇(オロチ)を切り散(ハフ)りたまひしかば、肥河―に変(ナ)りて流れき」
(2)血筋。血統。「―は争われない」
(3)「血の道」の略。

【陰陽五行思想】
古くから現代に至るまでつながっている思想で、元は古代中国において、陰陽思想と五行思想が融合したものが陰陽五行思想ですが、簡単には超原始時代に、天地が未だ別れずに混沌とした状態から「陽」の気が上昇して天となり、「陰」の気が下降して地になったとされるのが陰陽思想です。
天と地、陰と陽というまったく相反する性質が、原始の混沌から生まれた間柄が特徴で、互いに行き来してまた交換・交合するものである。これを「天地」と置き換えます。

次に五行思想であるが、初めに生まれた天地が交換・交合を繰り返した結果として、天上では、太陽(日)と、太陰(月)、それに木星・火星・土星・金星・水星の五惑星をはじめとして、数々の星が誕生する。
地上では、同じくして、木火土金水の五元素が生じ、この五元素の輪廻や交換を五行と言うのである。つまり木火土金水の「五」元素が輪廻、作用を「行」うという事である。

【陰陽五行説】
1) 五行相剋説 … 鄒衍(BC 320 〜 250)によって唱えられた王朝交代のための革命理論を基とする。夫婦関係ともいい、互いに抑制しあう関係。木→土(木は土の中に根を張り、養分を吸収する)、土→水(土は堤防を創ることによって水の流れを抑える)、水→火(水は火を消す)、火→金(火は火力により金属を溶かす)、金→木(金属は刀や斧となり、木をきる)
2) 五行相生説 … 董仲舒(BC 179 〜 104)によって唱えられた。母子関係ともいい、互いに生み生まれる仲のよい関係。木→火(木が燃えて火が生まれる)、火→土(火が燃え尽きると灰土となる)、土→金(金属は土中より産出する)、金→水(水源は金鉱のあるような所にあたる)、水→木(木は土中の水分を吸収して生長する)
3) 五行土王説 … 「土」が他の四行よりも一段と強い関係。土が中心にある。

【五行】
中国古来の哲理にいう、天地の間に循環流行して停息せぬ木・火・土・金・水の五つの元気。
万物組成の元素とする。木から火を、火から土を、土から金を、金から水を、水から木を生ずるを相生(ソウシヨウ)という。
また、木は土に、土は水に、水は火に、火は金に、金は木に剋(カ)つを相剋(ソウコク)という。これらを男女の性に配し、相生のもの相合すれば和合して幸福あり、相剋のもの相対すれば不和で災難が来るという。

【陰陽五行説】
涅槃経では聖行・梵行・天行・嬰児行・病行、起信論では布施・持戒・忍辱・精進・止観。

万物を構成する五つの根源的な物質とされる木・火・土・金・水を陰陽に配し、その消長によって天体の現象や人事関係を説明する思想。▽戦国時代の末、鄒衍スウエンにはじまるという。

【五】= 指事。×は交差をあらわすしるし。
五は「上下二線+×」で、二線が交差することを示す。片手の指で十を数えるとき、→の方向に数えて五の数で←の方向にもどる。その転回点にあたる数を示す。また、語ゴ(話をかわす)・悟ゴ(感覚が交差してはっと思いあたる)に含まれる。
▽証文や契約書では、改竄カイザン・誤解を防ぐために、伍と書くことがある
 
【行】= 象形。
十字路を描いたもので、みち、みちをいく、動いて動作する(おこなう)などの意をあらわす。また、直線をなして進むことから、行列の意ともなる。

【原理】
(1)もののよって立つ根本法則。認識または行為の根本法則。→原則。
(2)他のものがそれに依存する本源的なもの。世界の根源、ある領域の事物の根本要素。

【原則】
(1)他の諸命題が導きだされる基本の命題。
(2)人間の活動の根本的な規則。原理とほぼ同義に用いられるが、原理の方が広い。

1