Dairyo

tubo [PC7] data


経絡穴名 心包経  だいりょう  原穴 
取穴部位

知覚神経

関連筋腱

刺入方法 
腕関節前面横紋の中央

正中神経浅枝

橈骨手根屈筋 浅指屈筋

直刺 0.3−0.5寸 
効果
   一覧 
 
発熱 手関節痛

胃痛 頭痛

心臓疾患


 ◎ 拡大図

※ ホームページ ※ 経絡別索引 ※ つぼクリック表示 ※ 五行関連 ※ 50音索引 ※ 症状別索引
原 穴 井 穴 榮 穴 兪 穴 経 穴 合 穴 げき穴 絡 穴 背兪穴 募 穴

 大 = 形がおおきい/りっぱなさま/天地人は大きい 
 陵 = 帝王の陵墓や丘(大きな土の山)
      すじ状の山波の線 

※ 備 考  安神穴

出 典 霊枢−本論              前漢  紀元前202−08
語 意 大=人が手足を広げた形/たっぷりとゆとりがある/崇高
陵=やまの背すじ/阜(おか)+山なみの線/高くそびえる丘   
由 来 大はおおきいを指し、陵は月状骨隆起を示す/おおきな丘陵
釈 例 輸穴は気が多くたまり胃痛、心疾患に効果がある/原穴
望 見 皮膚−皮下組織−撓側手根屈筋−浅指屈筋−掌側手根動脈

※ 手首の大きく山並がある所のつぼ。


拡大図

  陰  太陰肺 経 厥陰心包経 少陰心 経 上肢 陽明大腸経 少陽三焦経 太陽小腸経   陽 
 任 脈  太陰脾 経 厥陰肝 経 少陰腎 経 下肢 陽明胃 経 少陽胆 経  太陽膀胱経  督 脈 

※ 参照文献   中国針灸学概要  中国書法大字典  全訳 漢辞海(三省堂)  関連インターネット情報