BBH

 麻 黄 

 解表薬 【温】

    出  典    神農本草経 中品
    和  名  マオウ / Ephe
基 原 マオウ科 麻黄の地上茎を乾燥したもの
用 法 解表薬/辛温解表薬 / 解熱 鎮咳 / 瀉 
帰 経 肺 経 膀胱経 
性 味 辛苦 微温 ※ 汗方 U類
作 用 発汗させる 喘を平らにする 利尿する
主 治 発汗 鼻詰 むくみ 発熱 咳止 悪寒 喘息 無汗      
備 考 汗方剤(発汗) 竜沙 狗骨 

関連漢方薬

 葛根湯  葛根湯加川@辛夷   小青龍湯   麻黄湯   越婢加朮湯 
 麻杏甘石湯   防風通聖散   五積散  麻杏H甘湯   神秘湯
 五虎湯  麻黄附子細辛湯

麻黄(マオウ)
Ephedrae Herba
マオウ科のEphedra sinica Stapf、E.intermedia Schrenk etC.A.MeyerまたはE.equisetina Bungeの地下茎。これらの植物は内蒙古や中国東北部の原野に自生する小低木である。古くから発汗、解熱、鎮咳、利尿剤として熱性病やぜんそくの治療によく用いられている。有効成分エフェドリン(アルカロイド)はわが国で最初に研究された植物成分で、喘息治療薬として有名である。

性  味  辛苦い 温 中薬/散薬/風薬
帰  経  肺経 膀胱経
基  原 マオウ科 草麻黄の草質茎
主  治   発汗 鼻詰 発熱 悪寒 喘息
備 考.1 解表薬 / 無汗
備 考.2 温寒  [温]  補瀉  [瀉]



















※ ホームページ ※ 漢方薬一覧 ※ 生薬一覧 ※ 五行関連 ※ 50音索引 ※ 症状別索引

※ 参照文献   中国針灸学概要  中国書法大字典  全訳 漢辞海(三省堂)  漢方薬入門 難波 恒雄  関連インターネット情報


黙堂柴田良治処方集      1988年 12月        黙堂社 

中醫臨床手冊          1964年 12月       詔華文化服務社

原色牧野和漢薬草大図鑑      昭和63年10月       共同印刷株式会社