BBH

 麦門冬 

 補養薬 【寒】

出  典  神農本草経
和  名  バクモンドウ / Ophi
基 原 ユリ科 沿階草の塊根
用 法 補養薬 / 杜陰薬 / 鎮咳 滋養 / 補 
帰 経 肺 経 心 経 胃 経
性 味 甘微 苦微 寒  ※ 和方 V類 
作 用 陰を養う 肺を潤す 心を清める 胃を益す 津液を生じる   
主 治 便秘 吐血 咳止 虚弱 枯燥                    
備 考

関連漢方薬

 麦門冬湯  清肺湯   竹茹温胆湯   滋陰至宝湯   滋陰降火湯 
 辛夷清肺湯   清心蓮子飲   清暑益気湯  温経湯  

麦門冬(バクモンドウ)
Ophiopogonis Tuber
ユリ科のジャノヒゲの根の膨大部。中国では主に浙江省、四川省に産する。韓国産はヤブラン属植物の根の膨大部である。ステロイドサポニン、糖類などを含む。粘滑性消炎、滋養、鎮咳去痰薬として、逆気上衝を降し、胃中を補う効がある。

性  味  甘微苦 寒/上薬/潤薬
帰  経  肺経 心経 胃経
基  原 ユリ科 沿階草の塊根
主  治   便秘 吐血 枯燥
備 考.1
備 考.2 温寒  [寒]  補瀉  [補]



















※ ホームページ ※ 漢方薬一覧 ※ 生薬一覧 ※ 五行関連 ※ 50音索引 ※ 症状別索引

※ 参照文献   中国針灸学概要  中国書法大字典  全訳 漢辞海(三省堂)  漢方薬入門 難波 恒雄  関連インターネット情報


黙堂柴田良治処方集      1988年 12月        黙堂社 

中醫臨床手冊          1964年 12月       詔華文化服務社

原色牧野和漢薬草大図鑑      昭和63年10月       共同印刷株式会社