◆ ☃ 数の計算・方程式・不等式を解く ☃ ◆

            …… 若葉 計算センター ……


 ryou_.gifご自由にご利用下さい。
 [*計算ページでは,JavaScriptを利用しています。]
                             若葉そふと工房ホームへ戻る。




 ◇Web上で,次の計算をします。◇  −−− (表示はIE10/11で確認)−−−
   ・ワードや一太郎で,計算式を表示することもできます。
            《ワード・一太郎で式を表示するマクロ》

Happa.gif   

◆① 数の四則計算をする。計算過程を一部表示。◆

   ・分数・小数・じゅんかん小数・( ) の計算。
   ・階乗・順列・組合せ・重複組合せ(n!・nPr・nCr・nHr)の計算。
   ・複数問(式の数50個位まで)。
   ・近似値の計算もする(割り切れない場合)。
   ・計算過程を一部表示。

      数の四則計算(分数・小数・循環小数・順列・組合せ 等)をする。<単問表示>

      数の四則計算(分数・小数・循環小数・順列・組合せ 等)をする。<複数問表示>

Happa.gif  

◆② 1次方程式,2次方程式 を解く(比例式,不等式も)。◆

   ・分数・小数・( )もOK。
   ・計算過程も表示する。

      1次方程式・2次方程式(&比例式),不等式を解く。<単問表示>

   ・複数問(式の数50個位まで)。
      1次方程式・2次方程式(&比例式),不等式を解く。<複数問表示>


      1次方程式・2次方程式(&比例式)を解く。[虚数解対応版]<複数問表示>

Happa.gif  

◆③ 2元1次連立方程式 を(加減法で) 解く。◆

    ・分数・小数・( ) もOK。
   ・加減法で解く。


      2元連立方程式を解く。<単問表示>

    ・複数問(式の数50個位まで)。
      2元連立方程式を解く。<複数問表示>

Happa.gif  

◆④ 3元1次連立方程式 を解く。◆

    ・分数・小数・( )もOK。

      3元連立方程式を解く。<単問表示>

    ・複数問(式の数50個位まで)。
    ・係数だけの入力可
      3元連立方程式を解く。<複数問表示>

Happa.gif  

◆⑤ 平方根の四則計算をする。◆

    ・平方根の四則計算をします。
   ・分母の有理化・多項式の累乗 OK。
   ・近似値の計算もする(割り切れない場合)。

      平方根の四則計算をする。<単問表示>

    ・複数問(式の数30個位まで)。
      平方根の四則計算をする。<複数問表示>



  ★式整形用マクロ ファイル のダウンロード★
 ・テキストエリアに出力された文字列を元に,ワード,一太郎で,計算式を表示するマクロです。
  ➊以下の@〜Cのマクロorファイルをワード,一太郎にそれぞれ組み込む。
  ➋テキストエリアに出力された文字列をワード,一太郎に Copy&Pasteする。
   [注]テキストエリアで< Alt+E >とするか,マウスを右クリックすると,
     「切り取り」,「コピー」,「貼り付け」,「削除」,「すべて選択」等を利用できます。
  ➌マクロを実行する。

 ◆マクロは,それぞれ右クリックして「対象をファイルに保存」してください。
  【Download→】・ワード用マクロ == @Eq_dspWordMacroN.bas ==
  【Download→】・一太郎用マクロ == AEq_dspTaroMacroN.txt ==
   一太郎用マクロは,拡張子をmtxに変更すると組み込みやすいです。
 ★式整形用マクロ組み込みファイル
  ☆計算後の式文字列をこのファイルにCopy&Pasteして,すぐマクロを使うことができる。
  ☆文書マクロをシステムマクロに移行すると,マクロ組み込みファイルを使う必要はなくなる。

  <マクロ(文書マクロ)を組み込んであるワード・ファイル>
  ・Word用マクロ設定済ファイル ==BEq_dspWordN.docm(Word2007〜)==

  <マクロ(文書マクロ)を組み込んである一太郎ファイル>
  ・一太郎用マクロ設定済ファイル==CEq_dspTaroN.jtd ==

  [注]一太郎用のマクロでは,平方根は √12345 のように,数字の上の上線部で表す。
    また,分数の中心線(括線)は分子行に下線を付けることで表現します。

 ★上記4ファイル(@〜C)の圧縮ファイル
  【Download→】・圧縮ファイル == Eq_dspMacrosN.zip ==

 ■マクロで変換後は,ファイル名を変えて,ワードファイルや一太郎ファイルの形式で
  保存しなおします。