東京品川・武蔵小山のスポーツバイクショップ、スポーツバイク・ハイロードです。バイクフィッティング、インソール成形、イベント参加などご相談ください!

スポーツバイク・ハイロード
「今日の新入荷」

作成2008/10/25
更新2008/10/26(ミニインプレ)

ここ数ヶ月専門誌を騒がせている注目の最新アイテム、ブリヂストンの「エクステンザ」タイヤ&チューブシリーズが待望の入荷です。
(081026)今朝のモーニングライドでさっそく走り初めしました!このページ末尾にミニインプレを追加しました。


(新製品、大量入荷!&26日にさっそく走り初め。ページ末尾をご覧ください)

1)F1の技術をロードバイクに!「エクステンザRR−1」タイヤ

ブリヂストン・エクステンザRR−1
700x23Cクリンチャータイヤ 1本¥7500税込
標準重量205g

走りの軽さとハイグリップを追求した、リアルレーシングタイヤです。

2)ブリヂストンのタイヤコンセプトをよりお手頃にした、「エクステンザRR−2」タイヤ

ブリヂストン・エクステンザRR−2
700x23Cクリンチャータイヤ 1本¥4400税込
標準重量220g
※他に700x25Cのやや太いバージョンもあり(同価格)。

走りの軽さと耐久性・快適性をバランスさせた、初級レーシング&トレーニング・ツーリングタイヤです。

3)エクステンザタイヤの性能を極限まで引き出す、「エクステンザ」軽量チューブ&超軽量チューブ

3−1)下位グレードにしてすでに「最軽量」級の軽さ、「エクステンザ軽量チューブ」


(入荷した48mmバルブの製品の一つは実測69gときわめて正確な重量だった)

ブリヂストン・エクステンザ「軽量」チューブ
700x18-25C対応 ブチルラバーインナーチューブ
フレンチバルブ・厚み0.6mm
1本¥900税込(バルブ長さ48mm) 標準重量67g
1本¥1000税込(バルブ長さ60mm) 標準重量68g

現在市場にある高級「軽量」級の多くのチューブとほぼおなじ重さながら、「タフなコンディションのレースやトレーニングに最適(メーカー談)」という万能チューブ。


3−2)極限の軽さ!「エクステンザ"超"軽量チューブ」


(入荷した48mmバルブの製品の一つは実測53gときわめて正確な重量だった)

ブリヂストン・エクステンザ「超軽量」チューブ
700x18-25C対応 ブチルラバーインナーチューブ
フレンチバルブ・厚み0.45mm
1本¥1850税込(バルブ長さ48mm) 標準重量52g
1本¥1900税込(バルブ長さ60mm) 標準重量53g

現在市場にあるチューブのうちではおそらく最軽量!限界までの軽量化を実現する優れものチューブです。

ブリヂストンサイクルには、かねて「タイヤメーカーのブリヂストンがどうしてサイクルレース用のタイヤを発売しないの」という質問が寄せられていたとききます。今回の「エクステンザ」シリーズはこうしたユーザーの要望に対してブリヂストンが周到に用意して繰り出した回答です。

もともとブリヂストンおよびブリヂストンアンカーは製品の耐久性や信頼性にきわめて重きを置く、周到である意味実直ともいえるメーカーです。そういうブリヂストンが満を持して放った今回のシリーズは、ハイロード店長青山も大変注目しています。さっそく自分でも試してみる予定ですので、ご興味のある方はどうぞハイロードまで使用感をお問い合わせください。

さっそく使ってみました!店長青山ミニインプレ


(今朝の皇居は雨で残念!モーニングライドは第48回でした)

入荷した翌日の10月26日(今日)は日曜だったので、いつものミニサイクリングイベント「モーニングライド」でさっそく「RR−1」を走り初め&お披露目してきました。あいにくの小雨模様であまりたくさんの仲間に自慢できなかったのが残念です(笑)。

※なお今回は60km弱の短い距離を、あまり追い込まずに淡々と走っただけなので高速巡航性能やコーナーリングなどは未だ試していません。体重及び車体の全備重量は75kg、空気圧は前後とも7.5気圧、路面はウェットから一部ドライ、皇居周回の一般公道走行、という条件でした。

RR−1を使用した感想

サイトマップへ

「ハイロード」ホームページトップへ

COPYRIGHT AOYAMA, HIROYASU 2008 All rights reserved.

(end of page)