「ハックルベリィ・フィンの冒険」の中の名言


ビッグリバーをご覧になる人で、原作を読破された人はどのくらいいるだろうか?同じマーク・トウェインの著作でも「トム・ソーヤの冒険」の方が本編のような扱いで有名なので、トム・ソーヤは読んだことあるけどハックはまだという人も多いかもしれない。

かたや近代アメリカ文学を大学で専攻もしくは受講したことのある人は、「ハックルベリィ・フィンの冒険」にも精通しているだろうし、またこの本のなかの名言もご存知だと思う。ストーリーの後半のクライマックス近くでハックが逃亡している奴隷のジムが捕まったことを知って、自分はどうすればいいのか悩むシーンで、

You can't pray for a lie.「嘘を祈るなんてできねえ。」

と悟る。これは舞台バージョンにももちろん出てくるのだが、怒涛のモノローグシーンなので見ている人はハック役のタイロンを見て、声役のダンのセリフを聞いて、そして英語が苦手な人は字幕も読んで、とかなり忙しくてあとで、「あそこのシーンはなんだったの?」ということになりかねない。(って実は私がそうでした。アメリカで見たので字幕はなかったのですが)特に現代と比べるとロジカルでない文化も風習も違う、当時の発想は見ている人に混乱を招き易いかもしれない。でも頭に入れておいて欲しいのは、ハックは普通の子供よりもいろいろなことを経験しているとはいっても、まだ12歳でタイロンのハックを見ているともう少し年齢が上に思えてきてしまうのだけれど、12歳の子供の思考にベクトルを合わせないと理解しがたいこともあるのだ。

そこでこれからご覧になる方の参考になるかと思い、そのダイアローグのみ(脚本からではありませんので多少違ってくるとは思います)抜粋しておこうと思う。ただしネタバレになるので舞台をまっさらな状態で観たい、という方はここから先は読まないで下さい。

また当時のキリスト教(ピューリタン精神)について私が思うこともこちらに書きましたのであわせてお読みください。

line

line

line

line

line

line

line

line

line

line

line

line

line

line

line

line

おいらがいつか自分に言って聞かせたように、ジムが運命が奴隷だとしたら、ジムの家族のいるところで奴隷をしていたほう何千倍もいいんだ。だからトム・ソーヤに手紙をかいて、ミス・ワトソンにジムがどこにいるのか知らせてもらおうとしたけど、すぐにそいつはやめたほうがいいって思った。第一ミス・ワトソンはジムが逃げ出したことにすごく怒っているに違いないし、なんて恩知らずな奴だと思ってすぐに川向こうにジムを売り飛ばしちゃうに決まってら。そうしなくったって誰でもみんな恩知らずの黒んぼなんて軽蔑するし、そのことをジムにいつでも感じさせて、ジムも辱めを受けて機嫌が悪くなるだろうよ。それにおいらのことを考えてもみろよ。ハック・フィンが黒んぼのことを自由にするために助けたってみんなに知れ渡って、あとで町のみんなに会うようなことになったら、恥ずかしくて奴らの靴の底でも舐めるようなマネをするかもしんねぇ。

そのとおりだ、人が人の道に外れることをしたんなら、それでも責任を取らないんだったら隠れるだけ隠れる。そうすりゃ恥ずかしいことなんかありゃしねぇ。これに決めた。でも考えれば考えるほど、おいらの良心が疼いてそしてもっと悪くて卑劣な気持ちになった。そしてとうとう、神様の手がおいらの顔を平手打ちしたかのように突然ひらめいて、いままで天国からおいらの一挙一動が見られていたことに気が付いた。

おいらはこの気の毒なお年よりで、おいらにはひどいことなどしたことがない人の黒んぼを盗んでいたことを神様はいつも見ていられて、もうこれ以上悪さをしないよう見張っている、そう思うと恐くなって足の力が抜けた。だからなるべくいい子に見えるように「これも育ちが悪いせいなんです、おいらのせいじゃないんです」っていい聞かせようとしたけど、心の中では「日曜学校があったはずだ、ちゃんと通っていたらどんな仕業がいいか悪いかわかって、おいらのしたことはあの黒んぼを地獄の煉獄に追いやったようなもんだ」と誰かがささやいている。

おいらは恐くて身震いした。そしてお祈りをしていままでの自分のようなことはしない、もっといい子供になる、と祈ろうとした。それで膝をついてみた。でも言葉がでてこなかった。そりゃそうだろう、神様から隠しおおせることなんかないんだ。自分自身からもな。本当はなんで言葉が出てこないかよくわかっていた。心がまだ綺麗じゃないからだ。正直になっていないからだ。騙せると思っていたからだ。罪を洗い流そうとしたフリをして、心の中ではまだその罪を持っていた。口では「もうまじめになります、悪いことはしません、手紙を書いてジムのことを知らせます」と言おうとしていても、おいらは心の底ではそれは嘘だって知っていた。そして神様もそれをお見通しだった。嘘なんか祈ることはできやしねぇ、それがわかったよ。

てことは、おいらはすごいマズイはめに陥っていて、どうしたらいいかわからなかった。ひとつのアイデアとしては手紙を書いてみて、その後でお祈りできるか試してみる、だった。やぁ、びっくりしたね、そう思っただけで肩の荷が下りて体が軽くなっていった。そこで紙とペンを取り出して、ウキウキと書き始めた。

ミス・ワトソン、あなたの逃亡奴隷のジムはパイクスビルの河口2マイルのところにいます。フェルプスさんが捕まえて賞金を送ったらあなたのところに送り返すそうです。ハック・フィン

いままでの人生のうちでこんなに気持ちよく、罪が洗い流された気分になったことがなかった。でもすぐに手紙を送るということなしないで、紙を置いてちょっと考えてみた。いままで道から外れ、もう少しで地獄に落ちるところだったと思うと、 いましたことはなんていいことなんだろう。そしてまた考えた。川くだりの旅、昼間も夜も、月明かりの中も、嵐の中もジムが筏の上でいつもおいらの目の前にいたこと、一緒に筏で浮かんで話したり、歌ったり、笑ったり。ジムのことを悪く思おうと思っても、それとは逆の場面を思い起こす。ジムがおいらの見張りの時間になってもおいらを起こさずに見張りを続けてくれたり、おいらが霧の中から無事に抜け出したのを喜んだり、いつもおいらのことをハニーと呼んで頭をなでて、自分で考えつく限りのことをおいらにしてくれたり、どんなにおいらによくしてくれたか、そしておいらたちは水疱瘡を持っていると嘘をついて危機一髪を免れたり、ジムはいつもおいらに恩義を感じて、おいらのことを世界中で一番の友達と呼んでくれたり、そして今となってはたった一人の友達だということを考えていた。そしてあたりを見回すとあの紙が目に入った。

今考えてもギリギリのところだった。その紙を拾って手に握り締めた。おいらはその時点で善か悪かを決めないといけないので震えていた。ほんのちょっとその紙に目を落とし、息を止めて、そして自分にこういった。

「わかったよ、こうなったら地獄にでもどこへでもいってやらぁ」 といって紙を千切り捨てた。

それは恐ろしい考えで、恐ろしい言葉だったけれど、もう後には戻れない。もう二度と改心することなんか考えない。頭からすっぱり忘れ去ってやる。育ちが悪いのだからもっと悪さをしてやるぜ。手始めにジムを盗み出して、もっと悪いことを思いついたらそれもやってやらぁ。本当にやるぜ、だってもう二度と後戻りはできないのだから地に落ちるのならトコトンやるまでさ。

原文

Once I said to myself it would be a thousand times better for Jim to be a slave at home where his family was, as long as he'd GOT to be a slave, and so I'd better write a letter to Tom Sawyer and tell him to tell Miss Watson where he was. But I soon give up that notion for two things: she'd be mad and disgusted at his rascality and ungratefulness for leaving her, and so she'd sell him straight down the river again; and if she didn't, everybody naturally despises an ungrateful nigger, and they'd make Jim feel it all the time, and so he'd feel ornery and disgraced. And then think of ME! It would get all around that Huck Finn helped a nigger to get his freedom; and if I was ever to see anybody from that town again I'd be ready to get down and lick his boots for shame. That's just the way: a person does a low-down thing, and then he don't want to take no consequences of it. Thinks as long as he can hide, it ain't no disgrace. That was my fix exactly. The more I studied about this the more my conscience went to grinding me, and the more wicked and low-down and ornery I got to feeling. And at last, when it hit me all of a sudden that here was the plain hand of Providence slapping me in the face and letting me know my wickedness was being watched all the time from up there in heaven,whilst I was stealing a poor old woman's nigger that hadn't ever done me no harm, and now was showing me there's One that's always on the lookout, and ain't a going to allow no such miserable doings to go only just so fur and no further, I most dropped in my tracks I was so scared. Well, I tried the best I could to kinder soften it up somehow for myself by saying I was brung up wicked, and so I warn't so much to blame; but something inside of me kept saying, "There was the Sunday-school, you could a gone to it; and if you'd a done it they'd a learnt you there that people that acts as I'd been acting about that nigger goes to everlasting fire."

It made me shiver. And I about made up my mind to pray, and see if I couldn't try to quit being the kind of a boy I was and be better. So I kneeled down. But the words wouldn't come. Why wouldn't they? It warn't no use to try and hide it from Him. Nor from ME, neither. I knowed very well why they wouldn't come. It was because my heart warn't right; it was because I warn't square; it was because I was playing double. I was letting ON to give up sin, but away inside of me I was holding on to the biggest one of all. I was trying to make my mouth SAY I would do the right thing and the clean thing, and go and write to that nigger's owner and tell where he was; but deep down in me I knowed it was a lie, and He knowed it. You can't pray a lie -- I found that out.

So I was full of trouble, full as I could be; and didn't know what to do. At last I had an idea; and I says, I'll go and write the letter -- and then see if I can pray. Why, it was astonishing, the way I felt as light as a feather right straight off, and my troubles all gone. So I got a piece of paper and a pencil, all glad and excited, and set down and wrote:

Miss Watson, your runaway nigger Jim is down here two mile below Pikesville, and Mr. Phelps has got him and he will give him up for the reward if you send. HUCK FINN.

I felt good and all washed clean of sin for the first time I had ever felt so in my life, and I knowed I could pray now. But I didn't do it straight off, but laid the paper down and set there thinking – thinking how good it was all this happened so, and how near I come to being lost and going to hell. And went on thinking. And got to thinking over our trip down the river; and I see Jim before me all the time: in the day and in the night-time, sometimes moonlight, sometimes storms, and we a-floating along, talking and singing and laughing. But somehow I couldn't seem to strike no places to harden me against him, but only the other kind. I'd see him standing my watch on top of his'n, 'stead of calling me, so I could go on sleeping; and see him how glad he was when I come back out of the fog; and when I come to him again in the swamp, up there where the feud was; and such-like times; and would always call me honey, and pet me and do everything he could think of for me, and how good he always was; and at last I struck the time I saved him by telling the men we had small-pox aboard, and he was so grateful, and said I was the best friend old Jim ever had in the world, and the ONLY one he's got now; and then I happened to look around and see that paper.

It was a close place. I took it up, and held it in my hand. I was a-trembling, because I'd got to decide, forever, betwixt two things, and I knowed it. I studied a minute, sort of holding my breath, and then says to myself:

"All right, then, I'll GO to hell" -- and tore it up.

It was awful thoughts and awful words, but they was said. And I let them stay said; and never thought no more about reforming. I shoved the whole thing out of my head, and said I would take up wickedness again, which was in my line, being brung up to it, and the other warn't. And for a starter I would go to work and steal Jim out of slavery again; and if I could think up anything worse, I would do that, too; because as long as I was in, and in for good, I might as well go the whole hog.

トップに戻る