自然魔術とカバラ

 

 

 

  

 新刊ではないけれど総合文献にも入れられない、それでいて重要なのにナカナカ世間一般では知られていない、ちょっと変わったテーマを扱った書物を探るコーナーです。自分の知識や見聞の幅を広げたいと言う人のために『隠れた名著』のコーナーを作ろうと思いつつインデックスを作り始めたら、自然魔術や「カバラ」に関する本でいっぱいになり始めました。カバラや自然魔術も隠された「知」と考えられていたことから、ま、こじ付けですが、カバラというタームも同時にこのコーナー用に採用しておきます。ただし、「ここにある全てがカバラの歴史と関係がある」と考えないでください。錬金術の関連分野として幅広い領域に属するテーマを扱った新旧の文献をここに収録します。
   
    

その1

Massimo Luigi Bianchi

『事物の徴:パラケルススからライプニッツまでの記号、魔術、そして知識』

Signatura rerum : Segni, magi e conoscenza da Paracelso a Leibniz.

Ateneo, Rome, 1987.

 

 

その2

François Secret

『ルネサンスのキリスト教的カバラ主義者』

Les kabbalistes chrétiens de la Renaissance.

Dunod, Paris, 1964. 第2増補版 Arche, Milano, 1985.

 

 

その3

François Secret

『ヘルメス主義とカバラ』

Hermétisme et Kabbale.

Bibliopolis, Napoli, 1992.

 

   

その4

Allison P. Coudert

『ライプニッツとカバラ』

Leibniz and the Kabbalah.

Kluwer, Dordrecht, 1995.

 

 

その5

Pierre Béhar

『ルネサンスのオカルト言語』

Les langues occultes de la Renaissance.

Desjonquères, Paris, 1996.

 

 

その6

D. P. Walker

『へンリー・モーアとラルフ・カドワースにおけるスピリトゥスあるいは霊魂のコンセプト』

Il concetto di spirito o anima in Henry More e Ralph Cudworth.

Bibliopolis, Napoli, 1986.

 

 

その7

Wil-Erich Peuckert

『パンゾフィ』

Pansophie Ein Versuch zur Geschichte der weissen und schwarzen Magie.

2増補版  E. Schmidt, Berlin, 1956.

 

   

その8

Kurt Goldammer

『神聖なる魔術師と魔術的自然:末期中世からルネサンスまでの

宗教、自然魔術そして自然科学の起源』

Der Goettliche Magier und die Magierin Natur : Religion, Naturmagie und

die Anfaenge der Naturwissenschaft vom spaetmittelalter bis zur Renaissance.

F. Steiner, Sttugart, 1991.

 

 

その9

Brian P. Copenhaver

『サンフォリアン・シャンピエとルネサンス期フランスにおけるオカルト伝統の受容』

Symphorien Champier and the Reception of the Occultist Tradition in Renaissance France.

Mouton Publishers, Den Haag, 1978.

 

 

その10

Antoine Faivre & Christian Zimmermann

『自然の神秘学の時代:科学研究におけるヘルメス主義』

Epochen der Naturmystik : Hermetische Tradition im wissenschaftlichen Fortschrift.

E. Schmidt, Berlin, 1979.

 

 

その11

Pierre Deghaye

『パラケルススからトマス・マンまで ドイツ・ヘルメス主義の最盛』

 De Paracelse a Thomas Mann : Les avatars de l'hermétisme allemand.

Dervy, Paris, 2000.

 

 

その12

Joseph Leon Blau

『ルネサンスにおけるカバラのキリスト教的解釈』

The Christian Interpretation of the Cabala in the Renaissance,

Columbia Univ. Press, N.Y., 1944.

    

  

その13

Charles Zika

『ロイヒリンとルネサンスのオカルト伝統』

Reuchlin und die okkulte Tradition der Renaissance.

Thorbeck, Sigmaringen, 1998.

 

 

その14

Deborah E. Harkness

『ジョン・ディーの天使との会話 カバラ、錬金術、そして自然の終焉』

John Dee's Conversations with Angels : Cabala, Alchemy, and the End of Nature.

Cambridge Univ. Press, Cambridge, 1999.

 

   

その15

John Warwick Montgomery

『ヨハン・ヴァレンティンアンドレエ(1586-1654):神学者のフェニックス』

Cross and Crucible : Johann Valentin Andreae (1586-1654)

Phoenix of the Theologians.

2 vols. Nijhoff, Den Haag, 1973.

      

 

その16

W.-D.Mueller-Jahncke

『初期近代医学における占星術-魔術的理論と実践』

Astrologisch-magische Theorie und Praxis in der Heilkunde der fruehen Neuzeit.

F. Steiner, Stuttgart, 1985.

  

 

その17

N. L. Brann

『トリテミウスと魔術的神学』

Trithemius and Magical Theology.

Suny Press, N.Y., 1999.

 

 

その18

Paola Zambelli

『魔術の曖昧な本性:ルネサンスの哲学、魔法使い、そして典礼』

L'ambigua natura della magia : filosofi, streghe, riti nel Rinascimento.

2nd enlarged ed. Marsilio, Venezia, 1996.

 

  

その19

S. A. Farmer 編著

『西欧におけるシンクレティズム、ピコの900の命題(1486):伝統的宗教哲学体系の変容』

Syncretism in the West: Pico's 900 Theses (1486): The Evolution

of Traditional Religious and Philosophical Systems.

Medieval & Renaissance Text and Studies, Arizona, 1998.

 

  

補(その1)

『へルメス主義のカイエ』

Antoine Faivre & Frederick Tristan (eds. ),

Cahiers de l'hermétisme.

A.Michel, Paris. >>> reprint, Dervy, Paris.

 

 

補(その2)

専門学術雑誌 『カバラー』

 

   

 

ホーム