説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

運営者のプロフィール
 
説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif
 
 
BHは匿名の人間が運営していると勝手に思い込んでいる人が余りに多いので
この辺で、自己紹介の頁もちゃんと作っておきましょう。
でも、星座・血液型は勘弁して下さい。


説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\nature.jpg

「ヴェールをはずすナトゥーラ(自然)」像の前にて
(パリ第5大学 医学史図書館、20004月)



Amazon Japan 著者ページacademia.eduFacebook BH のページ

 

 

所属・身分 哲学・科学史博士 Ph. D

ナイメーヘン・ラドバウド大学研究員

Early Science and Medicine 編集補佐 Assistant Editor

 

郵便物の宛先はこちら

 

Dr. Hiro Hirai           

    121 Woodgate Lane

    Paoli, PA 19301

USA

 

 

E-mail アドレス: hiro.hirainifty.com

 

経歴

 

1990-1991
1991
-1992
1994
-2002
1997
-1999
1999
08
1999
12.18
2000
06

200008

200111

2002-2003

200304-

200602

200509-

200605

200611

2008-2009

201010-

201112

201212

201307

201403

201411

201508

20162

 

東京日仏学院でフランス語を初めて習う(週3回の計9時間コース)
北フランスのリール第3大学外国人フランス語科に語学留学
リェージュ大学 科学史研究所の客員研究員
リール第3大学の博士課程(哲学・科学史科)に登録
学術インターネットサイト bibliotheca hermetica 開設
哲学・科学史博士号を最優秀成績で取得 博士論文
国際科学史アカデミー新人賞2000年)を博士論文で受賞

国際夏季学校『ルネサンス後期の学術医学』(ヴォルフェンビュッテル)参加

ウェルカム医学史研究所(ロンドン大学)リサーチ・フェローシップ受賞

ウェルカム医学史研究所 リサーチ・フェロー

リェージュ大学 科学史研究所の客員研究員

1著作 ルネサンスの物質理論における種子の概念 出版

ゲント大学 科学史研究所 リサーチ・フェロー

スペイン AZOGUE 2005年度ブック・オヴ・ザ・イヤー』賞受賞

フランス医学史学会、第1スルニア賞を受賞

ケミカル・ヘリテイジ財団 (フィラデルフィア) 上級研究員

ナイメーヘン大学マリー・キュリー・フェロー

2著作 医学的人文主義と自然哲学:物質、生命、霊魂についてのルネサンス論争 出版

9回日本学術振興会賞

勁草書房 bibliotheca hermetica 叢書・発刊

中央公論新社から 知のミクロコスモス』出版

編著 Jacques Gaffarel between Magic and Science (Roma: Serra)出版

A・グラフトン テクストの擁護者たち』(勁草書房BH叢書)出版

C・ポンセ ボッティチェリ《プリマヴェラ》の謎』(勁草書房)出版


 

 

今後の予定

 

 

 

アウトプット

世界向け

 

近刊・編集中

--- “Imagination, Maternal Desire and Embryology in Thomas Fienus,” in Professors, Physicians and Practices in the History of Medicine, ed. Guideon Manning & Cynthia Klestinec (Dordrecht: Springer, forthcoming).

 

--- “Human and Animal Generation in Renaissance Medical Debates,” in Human and Animal Cognition in Early Modern Medicine and Anthropology, ed. Roberto Lo Presti et al. (Pittsburgh: University of Pittsburgh Press, forthcoming).

 

--- “Du Chesne and the Reconciliation of Galenic and Chymical Medicine,” in The Physicians’ Stone: Alchemy and Medicine from Antiquity to the Enlightenment, ed. Jennifer M. Rampling & Peter M. Jones (Aldershot: Ashgate, forthcoming).

 

--- “Bodies and Their Internal Powers: Natural Philosophy, Medicine and Alchemy,” in Routledge Companion to Sixteenth-Century Philosophy, ed. Henrik Lagerlund (London: Routledge, forthcoming).

 

 

2016

36. “The Word of God and the Universal Medicine in the Chemical Philosophy of Oswald Croll,” in Rudolph II and Alchemy, ed. Ivo Purs et al. (Praha: Artefactum, forthcoming in 2016).

 

35. Souls, Formative Power and Animal Generation in Renaissance Medical Debates,” in Animals: New Essays, ed. Andreas Blank (Munich: Philosophia, 2016), 42-76. PDF

 

 

2015

34. “Mysteries of Living Corpuscles: Atomism and the Origin of Life in Sennert, Gassendi and Kircher,” in Early Modern Medicine and Natural Philosophy, ed. Peter Distelzweig et al. (Dordrecht: Springer, 2015), 255-269. PDF

 

2014

33. “Images, Talismans and Medicine in Jacques Gaffarel’s Curiositez inouyes,” in Jacques Gaffarel between Magic and Science (Rome: Serra, 2014), 73-84. 邦訳のキンドル版

論文「ガファレルの『前代未聞の驚異』における図像、護符、医学」

 

--- Jacques Gaffarel between Magic and Science (Rome: Serra, 2014).

論集 『ジャック・ガファレル:魔術と科学のはざまで』 (ローマ・セラ書店、2014年)。

 

2013

32. “The New Astral Medicine,” in Brill’s Companion to Renaissance Astrology, ed. Brendan Dooley (Leiden: Brill, 2013), 267–286.

論文 「新しいアストラル・メディシン」

『ブリル版ルネサンス占星術必携』(ライデン・ブリル書店、2013年)所収。 PDF > 邦訳のキンドル版

 

2012

31. “Seneca’s Naturales Quaestiones in Justus Lipsius’ Physiologia Stoicorum: The World-Soul, Providence and Eschatology,” in Marco Beretta et al. (ed.), Seneca e le scienze naturali, Firenze, Olschki, 2012, pp. 119–142.

論文 「ユストゥス・リプシウスの『ストア派の自然学』におけるセネカの『自然問題集』世界霊魂、摂理、そして終末論」

論集『セネカと自然科学』 (フィレンツェ・オルスキ書店、20126月) 所収。 PDF

 

30. “Living Atoms, Hylomorphism and Spontaneous Generation in Daniel Sennert,” in Gideon Manning (ed.), Matter and Form in Early Modern Science and Philosophy, Boston-Leiden, Brill, 2012, pp. 77–98.

論文 「ダニエル・ゼンネルトにおける生きた原子、質料形相論、そして自然発生

論集 『初期近代の科学と哲学における質料と形相』 (ライデン・ブリル書店、20127) 所収。 PDF

 

29. “Medicina e astrologia: aspetti della medicina astrale platonica,” in Germana Ernst (ed.), Il linguaggio dei cieli: astri e simboli nel Rinascimento, Rome, Carocci, forthcoming in 2012, pp. 205–221.

論文 「アストラル・メディシン:ルネサンスのプラトン主義的な医学と占星術」

論集 『ルネサンスにおける占星術と占術』 (ローマ・カロッチ書店、201210月) 所収。 PDF  邦訳のキンドル版

 

28. “Formative Power, Soul and Intellect in Nicolò Leoniceno between the Arabo-Latin Tradition and the Renaissance of the Greek Commentators,” in Paul Bakker et al. (eds.), Psychology and the Other Disciplines: A Case of Cross-Disciplinary Interaction (1250-1750), Leiden, Brill, 2012, pp. 297–324.

論文 「ニッコロ・レオニチェノにおける形成力、霊魂、知性:アラブ=ラテン伝統とギリシア人注釈家の再生のはざまで」

論集 『霊魂論と他の学問領域:分野横断の相互作用のケース』 (ライデン・ブリル書店、201210月) 所収。 PDF 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\new1.gif

 

27. “Il calore cosmico di Telesio fra il De generatione animalium di Aristotele e il De carnibus di Ippocrate,” in Giuliana Mocchi et al. (eds.), Bernardino Telesio tra filosofia naturale e scienza moderna, Rome, Serra, 2012, 71–83.

論文 「テレジオにおけるコズミック・ヒートアリストテレスの『動物発生論』とヒポクラテスの『肉について』のはざまで」

論集 『ベルナルディーノ・テレジオ、自然哲学と近代科学のはざまで』 (ローマ・セラ書店、201211月) 所収。 PDF 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\new1.gif 邦訳は、こちら

 

2011

26. “The Word of God and the Universal Medicine in the Chemical Philosophy of Oswald Croll [Slovo Boží a univerzální lék v chemické filosofii Oswalda Crolla],” in Ivo Purs et al. (eds.), Alchymie a Rudolf II., Prague, Artefactum, 2011, pp. 381–391.

論文 「オズワルド・クロルのケミカル・フィロゾフィにおける神の言葉と普遍医学」

論集 『錬金術とルドルフ2世』 (プラハ、2011年)所収。PDF 邦訳は、こちら

 

25. “Earth’s Soul and Spontaneous Generation: Fortunio Liceti’s Criticism against Ficino’s Ideas on the Origin of Life,” in Stephen Clucas et al. (ed.), Laus Platonici Philosophi: Marsilio Ficino and His Influence, Leiden, Brill, 2011, pp. 273–299.

論文 「大地の霊魂と自然発生生命の起源についてのフィチーノのアイデアに対するフォルチューニオ・リチェティの批判

論集 『プラトン主義哲学者の誉:マルシリオ・フィチーノと彼の影響』(ライデン・ブリル書店、2011年)所収。PDF

 

24. “Lipsius on the World-Soul between Roman Cosmic Theology and Renaissance Prisca Theologia,” in Hiro Hirai & Jan Papy (eds.), Justus Lipsius and Natural Philosophy, Brussels, Royal Academy of Belgium, 2011, pp. 63–79.

論文 「ユストゥス・リプシウスにおける世界霊魂」

論集 『ユストゥス・リプシウスと自然哲学』 (ブリュッセル・ベルギー王立アカデミー、2011年) 所収。PDF

 

--- Hiro Hirai & Jan Papy (eds.), Justus Lipsius and Natural Philosophy, Brussels, Royal Academy of Belgium, 2011.

論集 『ユストゥス・リプシウスと自然哲学』 (ブリュッセル・ベルギー王立アカデミー、2011年)。

 

--- Medical Humanism and Natural Philosophy: Renaissance Debates on Matter, Life and the Soul, Leiden, Brill, 2011.

著作 人文主義医学と自然哲学:物質、生命、霊魂についてのルネサンス論争 (ライデン・ブリル書店、2011年)。

 

2010

--- “Charles Webster, Paracelsus: Medicine, Magic and Mission at the End of Time (New Haven: Yale UP, 2008),” Journal of Modern History 82 (2010), pp. 667–669.

書評 『パラケルスス:終末の時代における医学、魔術、そして使命』 (イェール大学出版局、2008

Journal of Modern History 誌所収。PDF

 

23. “The World-Spirit and Quintessence in the Chymical Philosophy of Joseph Du Chesne,” in Miguel Lopez-Perez (ed.), Chymia: Science and Nature in Medieval and Early Modern Europe (1450-1750), Cambridge, Cambridge Scholars, 2010, pp. 247–261.

論文 「ジョゼフ・デュシェーヌのケミカル・フィロソフィにおける世界精気と第五精髄」

論集 『キミア:中世・初期近代ヨーロッパにおける科学と自然』 (ケンブリッジ、201012月)所収。PDF

 

2009

22. (& H. Yoshimoto) “Anatomie du chymiste sceptique : Robert Boyle et le secret de ses premières sources sur la croissance des métaux,” in Charles Ramond & Myriam Denehey (ed.), La philosophie naturelle de Robert Boyle, Paris, Vrin, 2009, pp. 93–116.

論文 懐疑的な化学者の解剖:ロバート・ボイルと金属の成長に関する彼の初期ソースの秘密

論集 『ロバート・ボイルの自然哲学』 (パリ、ヴラン書店) 所収。PDF

 

21. “Lecture néoplatonicienne d’Hippocrate chez Fernel, Cardan et Gemma,” in Jacqueline Vons (ed.), Pratique et pensée médicales à la Renaissance, Paris, De Boccard, pp. 241–256.

論文 「フェルネル、カルダーノ、そしてゲマにおけるヒポクラテスの新プラトン主義的解釈」

論集 『ルネサンスの医学実践と思想』 (パリ、メディカ) 所収。PDF

 

20. “L’âme du monde chez Juste Lipse entre théologie cosmique romaine et prisca theologia renaissante,” Revue des sciences philosophiques et théologiques 93 (2009), pp. 251–273.

論文 「ジュストゥス・リプシウスにおける世界霊魂:ローマ宇宙神学とルネサンス古代神学のはざまで」

雑誌 『哲学・神学レヴュ』誌93巻 (2009年)2巻所収。PDF

 

--- “Review: Sylvie Taussig (ed.), Gassendi et la modernité (Turnhout: Brepols, 2008),” Bruniana & Campanelliana 15 (2009), pp. 230–231.

書評 『ガッサンディと近代』 (プレポルス書店、2008

Bruniana & Campanelliana 誌所収。PDF

 

2008

19. “Prisca Theologia and Neoplatonic Reading of Hippocrates in Fernel, Cardano and Gemma,” in Hiro Hirai (ed.), Cornelius Gemma: Cosmology, Medicine and Natural Philosophy in Renaissance Louvain, Rome, Serra, 2008, pp. 91–104.

論文 「フェルネル、カルダーノ、そしてゲマにおけるヒポクラテスの新プラトン主義的解釈と古代神学」

論集 『コルネリウス・ゲマルネサンス期ルーヴァンにおける宇宙論、医学、自然哲学』(ローマ、セラ書店)。PDF

 

--- ed. Cornelius Gemma: Cosmology, Medicine and Natural Philosophy in Renaissance Louvain, Rome, Serra, 2008.

編集 『コルネリウス・ゲマルネサンス期ルーヴァンにおける宇宙論、医学、自然哲学』 ローマ、セラ書店

 

--- “Review: Didier Kahn, Alchimie et paracelsisme en France (1567-1625) (Genève: Droz, 2007),” Isis 99 (2008), pp. 612–613. 

書評 『フランスにおける錬金術とパラケルスス主義』

Isis 誌所収。PDF

 

18. “Les logoi spermatikoi et le concept de semence dans la minéralogie et la cosmogonie de Paracelse,” Revue d’histoire des sciences 61 (2008), pp. 245–264.

論文 「ロゴイ・スペルマティコイとパラケルススの鉱物論と宇宙生成論における種子の理論」

雑誌 『科学史レヴュ』誌所収。PDF  > 邦訳のキンドル版

 

2007

17. “Interprétation chymique de la création et origine corpusculaire de la vie chez Athanasius Kircher,” Annals of Science, 64 (2007), pp. 217–234.

論文「アタナシウス・キルヒャーにおける天地創造のキミア的解釈と生命の粒子論的起源」

雑誌 Annals of Science 誌掲載。PDF > 邦訳のキンドル版

 

16. “Semence, vertu formatrice et intellect agent chez Nicolò Leoniceno entre la tradition arabo-latine et la renaissance des commentateurs grecs,” Early Science and Medicine, 12.2 (2007), pp. 134–165.

論文 「ニッコロ・レノニチェノにおける形成力、種子、能動知性:アラブ・ラテン伝統とギリシア注釈家の復活のはざ間で」

雑誌 アーリー・サイエンス&メディシン』誌2号に掲載。ビューティフルと評されています。PDF

 

15. “Athanasius Kircher’s Chymical Interpretation of the Creation and Spontaneous Generation,” in Lawrence M. Principe (ed.), Chymists and Chymistry: Studies in the History of Alchemy and Early Modern Chemistry, New York, Science History Publications, 2007, pp. 77–87.

論文 「アタナシウス・キルヒャーにおける天地創造のキミア的解釈と自然発生」

Lawrence Principe 編集のフィラデルフィア国際会議論集に掲載。PDF > 邦訳のキンドル版

 

14. “La main de Dieu entre l’âme et la nature : la théorie de la faculté plastique de Jacob Schegk,” Journal de la Renaissance 5 (2007), pp. 205–222.

論文 「霊魂と自然の間の神の手:ヤーコブ・シェキウスの形成的力能の理論」

雑誌 Journal de la Renaissance 誌所収。PDF

 

13. “The Invisible Hand of God in Seeds: Jacob Schegk’s Theory of Plastic Faculty,” Early Science and Medicine 12 (2007), pp. 377–404.

論文 「種子の中の神の見えざる手:ヤーコブ・シェキウスの形成的力能の理論」

アーリー・サイエンス&メディシン』誌2007 4号所収。PDF

 

12. “Atomes vivants, origine de l’âme et génération spontanée chez Daniel Sennert,” Bruniana & Campanelliana 13 (2007), pp. 477–495.

論文 「ダニエル・ゼンネルトにおける生きた原子、霊魂の起源、そして自然発生

雑誌 Bruniana & Campanelliana 誌所収。PDF

 

2006

11. “Ficin, Fernel et Fracastor autour du concept de semence: aspects platoniciens de seminaria,” in Alessandro Pastore & Enrico Peruzzi (eds), Girolamo Fracastoro fra medicina, filosofia e scienze della natura, Florence, Olschki, 2006, pp. 245–260.

論文 「種子の理論をめぐるフィチーノ、フェルネル、そしてフラカストロ:種苗のプラトン主義的諸相」

論集 ジェロラーモ・フラカストロ:医学、哲学、そして自然科学のはざまで (フィレンツェ、Olschki 書店刊)所収。PDF 邦訳は、こちら

 

10. “Âme de la terre, génération spontanée et origine de la vie : Fortunio Liceti critique de Marsile Ficin,” Bruniana & Campanelliana, 12 (2006), pp. 451–469.

論文 「大地の霊魂、自然発生、そして生命の起源:マルシリオ・フィチーノの批判者フォルチューニオ・リチェティ」

Bruniana & Campanelliana 誌掲載。PDF

 

2005

--- Le concept de semence dans les théories de la matière à la Renaissance: de Marsile Ficin à Pierre Gassendi, Turnhout, Brepols, March 2005.

著作 『ルネサンスの物質理論における種子のコンセプト:マルシリオ・フィチーノからピエール・ガッサンディまで』

 

9. “Alter Galenus : Jean Fernel et son interprétation platonico-chrétienne de Galien,” Early Science and Medicine 10 (2005), pp. 1–35.

論文 「もう一人のガレノス:ジャン・フェルネルによるガレノスのキリスト教プラトン主義的解釈」

雑誌 アーリー・サイエンス&メディシン』誌掲載。PDF

 

8. (& H. Yoshimoto) “Anatomizing the Sceptical Chymist: Robert Boyle and the Secret of his Early Sources on the Growth of Metals,” Early Science and Medicine 10 (2005), pp. 453–477.

論文 懐疑的な化学者を解剖する:ロバート・ボイルと金属の成長に関する彼の初期ソースの秘密

雑誌 アーリー・サイエンス&メディシン』誌掲載。PDF

 

2004

--- “Nouvelles découvertes sur le concept de semence aux XVIe et XVIIe siècles,” in Actes du congrès d’histoire des sciences et des techniques (Lille, mai 2001), Lille, Lille UP, 2004 [Cahiers d’histoire et de philosophie des sciences, numéro hors série], pp. 86–88.

発表要旨 16-17世紀の種子の理論に関する新発見

『科学技術史学会講演要綱』所収。PDF

 

2003

7. “Le concept de semence de Pierre Gassendi entre les théories de la matière et les sciences de la vie au XVIIe siècle”, Medicina nei Secoli 15 (2003), pp. 205–226.

論文 「ピエール・ガッサンディの種子の理論:物質の科学と生命の科学の狭間で」

A. Clericuzio 『物質と生命(1600-1800)』(ローマ) 所収。PDF

 

--- Review: Ian Maclean, Logic, Signs and Nature in the Renaissance: The Case of Learned Medicine (Cambridge, 2002), Medical History, 47 (2003), pp. 402–404.

書評 『ルネサンスにおける論理、記号、自然:学術医学の場合』 PDF

 

6. “Quelques remarques sur les sources de Robert Boyle en guise de compte rendu de la nouvelle édition de son œuvre,” Archives internationales d’histoire des sciences, 53 (2003), pp. 303–318.

エセー ロバート・ボイルの典拠についての幾つかの考察:新版全集の書評にかえて

雑誌 『国際科学史アーカイヴ』 所収。PDF

 

2002

5. “Concepts of Seeds and Nature in the Work of Marsilio Ficino,” in Michael J. B. Allen & Valery Rees (eds.), Marsilio Ficino: His Theology, His Philosophy, His Legacy, Leiden, Brill, 2002, pp. 257–284.

論文 「マルシリオ・フィチーノの種子と自然の概念」

アレン&リーズ編、『マルシリオ・フィチーノ:彼の神学、哲学、そして影響』 (ライデン) 所収PDF

 

4. “Humanisme, néoplatonisme et prisca theologia dans le concept de semence de Jean Fernel,” in José Kany-Turpin (ed.), Jean Fernel : médecine et philosophie, Paris, Corpus, 2002, pp. 43-69.

論文 「ジャン・フェルネルの種子の理論における人文主義、新プラトン主義、そして、古代神学」

『ジャン・フェルネル、医師・哲学者』(パリ) 所収。

 

3. “La fortune du concept de semence de Marsile Ficin au seizième siècle”, Accademia: revue de la société Marsile Ficin 4 (2002), pp. 109–132.

論文 16世紀におけるマルシリオ・フィチーノの種子の理論の行方」

雑誌 『アカデミア:フィチーノ協会の雑誌』 (フィレンツェ) 所収。PDF

 

2001

2. “Paracelsisme, néoplatonisme et médecine hermétique dans la théorie de la matière de Joseph Du Chesne à travers son Ad veritatem hermeticae medicinae (1604),” Archives internationales d’histoire des sciences 51 (2001), pp. 9–37.

論文 「ジョゼフ・デュシェーヌの物質の理論にみるパラケルスス主義、新プラトン主義、ヘルメス医学:『ヘルメス主義医学の真実のために』(1604年)を通して

雑誌 『国際科学史アーカイヴ』所収 PDF

 

1. “Les Paradoxes d'Etienne de Clave et le concept de semence dans sa mineralogy,” Corpus: revue de philosophie 39 (2001), pp.45–71.

論文 「エチエンヌ・ドゥ・クラーヴの『パラドクス』と彼の鉱物学における種子の理論」

雑誌 『コルプス:哲学雑誌』(パリ) 所収。PDF

 

--- Review: Société Marsile Ficin, Accademia: revue de la société Marsile Ficin, in Archives internationales d’histoire des sciences 51 (2001), pp. 173–174.

書評 「『アカデミア:フィチーノ協会の雑誌』 」所収。

 

 

 

国際会議発表

 

2014

--- “Syphils, Sexuality and Imagination in Paracelsus”

「パラケルススにおける梅毒、性、想像力」

アメリカ科学史学会(シカゴ、2014116日) 邦訳は、こちら

 

--- “Aristotle in Renaissance Medical Debates”

「ルネサンスの医学論争におけるアリストテレス」

国際会議『アリストテレス主義伝統とキリシタンの世紀』(東京、2014719日)

 

--- “Astrology, Dream Interpretation and Daemons in Cardano’s On My Life

「カルダーノの『わが人生の書』における占星術、夢判断、ダイモン」

ルネサンス学会(ニューヨーク、2014330日) 邦訳は、こちら

 

2013

--- “Renaissance Embryology and Astrology after Pico”

「ピコ以降の星辰の影響と発生論」

サンディエゴ会議 『天と地におけるルネサンス的生命の解釈』 (サンディエゴ、201344日) 邦訳は、こちら

 

--- “The Notion of Spirit in Renaissance Medicine and Philosophy”

「ルネサンス医学と哲学における精気の概念」

国際会議 ヨーロッパにおける近代人間学の起源:哲学と医学』(マドリッド、201356-8日)

 

--- “Renaissance Medicine and Philosophy as Matrix of Dissident Ideas”

「異端的アイデアのマトリックスとしてのルネサンス医学と哲学」

国際会議 16‐17世紀の西欧における異端的医学:哲学と宗教』(バーゼル、2013516-18日)

 

--- “Humanism, Philosophy and Medicine: Renaissance Debates on Galen’s Theory of the Soul”

「人文主義、哲学、そして医学:ガレノスの霊魂理論についてのルネサンス論争」

国際会議 『哲学の歴史における人文主義の位置づけ』 (グローニンゲン、2013613-15日)

 

--- “The Principle of Life in Renaissance Natural Philosophy, Medicine and Alchemy”

「ルネサンスの自然哲学、医学、そして錬金術における生命の原理」

アメリカ科学史学会(ボストン、201311月) 邦訳は、こちら

 

2012

--- “Medical Humanism and Natural Philosophy in the Sixteenth Century”

16世紀における医学的人文主義と自然哲学」

ワークショップ 『古典主義時代の身体、機械、そして医学』 (リヨン、2012614日)

 

--- “Celestial Influences and Cosmic Bonds in Renaissance Medicine and Embryology after Pico”

「ピコ以後のルネサンス発生論における星辰の影響と宇宙的結び目」

パリ国際会議 『初期近代の魔術と科学のあいだの空間、結び目、そして結節点』 (パリ、2012621-23日)

 

--- “Animal and Human Generation and Intellect in Fernel, Schegk and Sennert”

「フェルネル、シェキウス、ゼンネルトにおける動物と人間の発生と知性」

ベルリン国際会議 『動物から人間へ:人間と動物の知性と知覚に関する医学・哲学的な論争』 (ベルリン、2012921-22日)

 

--- “Mysteries of Living Corpuscles: Atomism and the Origin of Life in Sennert, Gassendi and Kircher”

「生きた粒子の謎:ゼンネルト、ガッサンディ、キルヒャーにおける原子論と生命の起源」

ピッツバーグ国際会議 『初期近代の医学と哲学』 (ピッツバーグ、2012112-4日) 邦訳は、こちら

 

2011

--- “Astrology, Talismans and Medicine in Jacques Gaffarel’s Curiositez Inouyes (1629)”

「ジャック・ガファレルの『前代未聞の驚異』 1629年) における占星術、護符、そして医学」

アメリカ科学史学会 (モントリオール、2011115日) Video

 

--- “Averroes on Formative Power: Galen, Avicenna and Avempace

「アヴェロエスにおける形成力:ガレノス、アヴィセンナ、アヴェンパチェ」

ナイメーヘン国際会議 『アヴェロエスの自然哲学とそのヨーロッパ的受容』 (ナイメーヘン、2011617-18日) Video

 

--- “Alchemy and Medicine in Joseph Du Chesne’s De priscorum materia (1603)”

「ジョゼフ・デュシェーヌの『古代人のマテリアについて』における錬金術と医学について」

ケンブリッジ国際会議 『古代から啓蒙期までの錬金術と医学』 (ケンブリッジ、2011922-24日) Video

 

--- “Imagination, Maternal Desire and Signatures in the Embryology of Thomas Fienus (1567–1631)”

「トマス・フィエヌスの発生学における想像力、母親の欲望、徴 (しるし)」

トゥール・ワークショップ 『古代と初期近代における女性の身体と医学』 (トゥール、2011122日) 邦訳は、こちら

 

2010

--- “Cosmic Heat in Medicine and Astrology: The case of Antoine Mizauld’s Dialogue between Urania and Asclepius

アントワン・ミゾー『ウラニアとアスクレピウスの対話』にみる医学と占星術におけるコズミック・ヒート

アメリカ・ルネサンス学会 (ヴェネツィア、2010年4月710日) Video

 

2009

--- “Quintessence and World-Spirit in Quercetanus’s Paracelsian Natural Philosophy”

「ケルセタヌスのパラケルスス主義自然哲学における第5元素と世界精気」

アメリカ・ルネサンス学会年会 (ロスアンゼルス、2009320日)

 

--- “Il calore cosmico di Telesio fra il De generarione animalium di Aristotele e il De carnibus di Ippocrate”

「テレジオのコズミック・ヒート:アリストテレスの『動物発生論』とヒポクラテスの『肉について』のはざまで」

コゼンツァ国際会議 『テレジオ再生:ルネサンスの自然主義と近代科学のはざまで』 (コゼンツァ、200956-7)  邦訳は、こちら

 

2008

--- “Génération, allégorie sexuelle et concept de semence chez Paracelse”

パラケルススにおける発生、性的寓意、種子の理論

ベルリン・アトリエ 「錬金術とジェンダー」 (ベルリン、2008222日)

 

--- “Jean Fernel commentateur de Galien à propos de l’immortalité de l’âme”

「霊魂の不滅性についてのガレノス注解者としてのジャン・フェルネル」

パリ・ワークショップ発表 (パリ、2008328日)

 

--- “Cornelius Gemma médecin astrologue”

「占星医学者コルネリウス・ゲマ」

新ルーヴァン大学科学史研究所・招待講演 (新ルーヴァン、20084月)

 

--- “Atomism, Hylomorphism and Biology in Daniel Sennert”

「ダニエル・ゼンネルトにおける原子、質料形相論、そして生命の科学」

カルフォニア工科大学国際会議  『質料形相論』 (パサデナ、2008523-24日)

 

--- “The Word of God and Universal Medicine in the Chemical Philosophy of Oswald Croll”

「神の御言葉と普遍医薬:オズワルド・クロルのケミカル・フィロソフィ」

マドリッド国際会議 『キミア:初期近代ヨーロッパにおける科学と自然 招待発表 (マドリッド、20089月) 邦訳は、こちら

 

--- “L’interprétation néoplatonicienne de Galien et d’Hippocrate à la Renaissance”

「ルネサンスにおけるガレノスとヒポクラテスの新プラトン主義的な解釈」

国際会議 『医学とレトリック』 (パリ、2008109-10日)

 

--- “Matter and Life in the Natural Philosophy of Daniel Sennert”

「ダニエル・ゼンネルトの自然哲学における物質と生命」

ブラウン・バッグ・セミナー (フィラデルフィア、20081021日)

 

2007

--- “Prisca Theologia and Neoplatonic Reading of Hippocrates in Fernel, Cardano and Gemma”

フェルネル、カルダーノ、ゲマにおけるヒポクラテスの新プラトン主義的な解釈

ゲント国際会議(ゲント大学、2007223日)

 

--- “Atomes, origine de l’âme et génération spontanée chez Daniel Sennert”

ダニエル・ゼンネルトにおける原子、霊魂の起源、そして自然発生

リール国際会議 (リール大学、2007326日)

 

--- “Lecture néoplatonicienne d’Hippocrate chez Fernel, Cardan et Gemma”

フェルネル、カルダーノ、そしてゲマにおけるヒポクラテスの新プラトン主義的解釈

トゥール国際会議 (トゥール大学、200776日)

 

--- “Notion of Mechanical Agent in Renaissance Matter Theories”

ルネサンス期の物質理論における職工的作用者の概念

ルーヴァン国際化学史学会 (ルーヴァン大学、2007831

 

--- "Mechanical Spirits and Seminal Principles in Van Helmont and Gassendi"

ファン・ヘルモントとガッサンディにおける職工的スピリトゥスと種子的原理

ワシントン・アメリカ科学史学会年会 (2007112)

 

--- “Seneca’s Natural Questions in Justus Lipsius’ Physiologia Stoicorum (1604)”

リプシウスの『ストア派の自然学』 1604年)におけるセネカの『自然学問題集』

ラヴェンナ会議 『セネカと自然科学』 (ラヴェンナ、20071114日)

 

--- “Lipsius on the World-Soul between Roman Cosmic Theology and Renaissance Prisca Theologia

リプシウスにおける世界霊魂

ブリュッセル国際会議 (ベルギー王立アカデミー、20071130日)

 

2006

--- “Kicher’s Chymical Interpretation of the Creation and Spontaneous Generation”

キルヒャーにおける天地創造と自然発生のキミア的解釈

フィラデルフィア国際会議 (ケミカル・ヘリテイジ財団、2006721日) 邦訳は、こちら

 

--- “Préhistoire de la préformation et de la préexistence des germes : le concept de semence (1500-1650)”

前成説と胚の先在説の先史:種子の理論(1500-1650

パリ国際会議(パリ自然誌博物館、20061023日)

 

2005

--- (& H. Yoshimoto) “Anatomizing the Sceptical Chymist : Robert Boyle’s Early Sources”

懐疑的な化学者を解剖する:ロバート・ボイルの初期ソース

ボルドー国際会議・招待発表 (ボルドー大学、20053月) 音声ファイル・ダウンロード (5メガ)

 

--- Concept of Seeds in Renaissance Matter Theories from Ficino to Gassendi”

ルネサンス物質理論における種子の概念:フィチーノからガッサンディまで

ナイメーヘン大学連続セミナー『古代から初期近代までの物質と運動』内での講義(2005411日)

 

2004

--- “Ficino’s Ideas on the Origin of Life in the Mirror of Fortunio Liceti’s Criticism (1618)”

フィチーノにおける生命の起源:リチェッティの批判 1618年)を通して

ロンドン国際会議・招待発表 (バークベック・カレッジ、20049月)

 

2003

--- “Ficin, Fernel et Fracastor autour du concept de semence”

フィチーノ、フェルネル、フラカストロ:種子の理論をめぐって

ヴェローナ国際会議・招待発表 (200310)  邦訳は、こちら

 

--- “De novo” ou “ex semine”: Kircher and the Problem of Spontaneous Generation”

新たに(無から)か、種子からか:キルヒャーと自然発生の問題について

ロンドン国際会議・招待発表 ウォーバーグ研究所、200310月) 邦訳は、こちら

 

2001

--- “Nouvelles découvertes sur le concept de semence aux XVIe et XVIIe siècles”

16-17世紀の種子の理論に関する新発見」

フランス科学史学会年会 (リール第3大学、20015月) 参加発表

 

 

 

国内向け

監訳 ボッティチェリ 《プリマヴェラ》 の謎:ルネサンスの音楽と知のコスモス、そしてタロット』 (勁草書房、2016年)。説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\new1.gif

 

「インテレクチュアル・ヒストリーの新しい時代:解題にかえて」、A・グラフトン『テクストの擁護者たち』(勁草書房、2015年)、461-468頁。 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\new1.gif

監訳 『テクストの擁護者たち:近代ヨーロッパにおける人文学の誕生』 (勁草書房、2015年)。説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\new1.gif

 

「各書評に応えて――著作成立の裏舞台」、「レビュ・シンポジウム――ヒロ・ヒライ 『医学人文主義と自然哲学』をめぐって」 『科学史研究』 第54巻(2014年)、224-227頁。

論文 「ルネサンスの星辰医学:占星術の変容から普遍医薬の探求へ」 『学習院女子大学紀要』 第16 2014年)、25-41頁。 > キンドル版

論文 霊魂はどこからくるのか?西欧ルネサンス期における医学論争 知のミクロコスモス (中央公論新社、2014年)、282-305頁。

+ 小澤実) はじめに:二宮隆洋氏に捧げる 『知のミクロコスモス』 (中央公論新社、2014年)、3-9頁。

編(+ 小澤実) 知のミクロコスモス:中世ルネサンスのインテレクチュアル・ヒストリー (中央公論新社、2014年)。

 

編(菊地原洋平・著) パラケルススと魔術的ルネサンス (勁草書房 BH叢書、201312月)。

記事 インテレクチュアル・ヒストリーとはなんですか? UP (東京大学出版会)201312月号、7-10頁。

bibliotheca hermetica 叢書の発刊によせて」 天才カルダーノの肖像:ルネサンスの自叙伝、占星術、夢解釈 (勁草書房 BH叢書、2013年)ii-iii 頁。

編(榎本恵美子・著) 天才カルダーノの肖像:ルネサンスの自叙伝、占星術、夢解釈 (勁草書房 BH叢書、20137)。

 

論文 「ルネサンスにおける世界精気と第五精髄の概念:ジョゼフ・デュシェーヌの物質理論」 『ミクロコスモス』 (月曜社、2010年)、39-69頁。

編著 『ミクロコスモス:初期近代精神史研』 (月曜社、2010年)。

 

記事 「西洋の錬金術と不老不死の秘薬エリクシルの探求」 『スター・ピープル』 第30号 (2009年) 掲載予定。> キンドル版

 

解説 「ルネサンス末期のヨーロッパ宮廷文化と錬金術」 エヴァン魔術の帝国』 (筑摩学術文庫、2005年)、下巻361-368

書評 パラケルスス 奇蹟の医の糧(工作舎、2004)」 『図書新聞』 (200521927145)。

 

論文 ルネサンスの種子の理論:中世哲学と近代科学を結ぶミッシング・リンク 思想 岩波書店200212月号129-152 PDF

記事 蒸留術とルネサンスの錬金術:エリクシルから、第五精髄、そしてアルカナへ 『アロマトピア』 53号(2002年)。> キンドル版

記事 最初の地学書:アグリコラ『地下の事物の起源と原因について』(1546年) 『地質学史懇話会会報』 18 (2002)、所収。

 

記事 蒸留技術とイスラム錬金術 『アロマトピア』 48 (2001)。> キンドル版

展望 西欧中世・近世化学史の研究動向 『科学史研究』 40 (2001)

記事 地下世界:ライプニッツ以前の地学史研究の課題 『地質学史懇話会会報』 16 (2001)
報告 国際会議『物質と生命 (1600-1800)』に参加して 『生物学史研究』 67 (2001)

 

書評 ポスト・ディーバス時代にディーバスを読む 『化学史研究』 27 (2000)

 

主催セミナー&イヴェント

ボッティチェリ 《プリマヴェラ》 の謎 出版記念トークイヴェント 2016.**.**)@***

ピーター・フォーショー博士講演会 クーンラートの『永遠なる叡智の講堂』における錬金術、魔術、そしてカバラ 2016.1.8)@東京大学

 

トーク・イヴェント ルネサンスの音楽と知のコスモス: シビュラの預言と古代神学 2015.12.27)@ 新大久保レイクハウス

トーク・イヴェント 本と読者、研究者をつなげるプロデュース術 2015.12.19)@ 下北沢 B&B

トーク・イヴェント ルネサンス、古楽、そして知のコスモス 2015.8.29)@ 町田Solid & Liquid

テクストの擁護者たち 出版記念トークショー テクストと学問の歴史、人文学の意味 2015.8.26)@ 下北沢B&B

JARS真夏の研究会 アリストテレスから不干斎ハビアンまで 2015.8.11)@ 学習院女子大学

JARS国際シンポジウム ルネサンス人文主義とキリシタンの世紀 2015.7.19-20)@学習院女子大学

ディディエ・カーン博士講演会 錬金術の秘密: 中世ルネサンスのキミアと学問・宗教・社会 2015.7.18)@立教大学

 

JARS 年末研究会 グローバル・ヒストリーのなかのインテレクチュアル・ヒストリー 2014. 12. 22 学習院女子大学

知の饗宴@新潟 「ルネサンスから初期近代までのヨーロッパ思想の水脈」 2014. 12. 19 新潟大学

夢の饗宴 ダンテ、錬金術伝統、カバラー文学における遍歴する知性 2014. 12. 17 立教大学

JARS 真夏の研究会 ボッティチェリからスピノザまで 2014. 8. 23)@ 学習院女子大学

『知のミクロコスモス』 出版記念イヴェント 2014.7.26)@ 立教大学

夏季集中講義 科学革命の史的コンテクスト:インテレクチュアル・ヒストリーの方法と実践 2014. 7. 21-24)@ 東京大学・駒場

JARS 国際シンポジウム アリストテレス主義伝統とキリシタンの世紀 2014. 7. 19-20 学習院女子大学

 

JARS 年末研究会 ルネサンスの知のコスモス 2013. 12. 23 学習院女子大学

パラケルススと魔術的ルネサンス 出版記念トークショー(2013. 12. 21 新宿紀伊国屋本店

工作舎・土星の環インタヴュ 魔術的ルネサンスの魅力 2013. 8. 8)@ 工作舎

天才カルダーノの肖像 出版記念トークショー ヘルメスの図書館とカルダーノのコスモス」(2013. 8. 3 池袋西武リブロ

ダレル・ラトキン博士講演会 ヨーロッパ史のなかの占星術: 中世・ルネサンスから近代まで 2013.7.24 & 26)@大阪大学&立教大学

JARS 国際シンポジウム 西欧ルネサンスと日本におけるキリシタンの世紀 2013. 7. 21 学習院女子大学

特別講演 「ルネサンスの科学と魔術:フィチーノの役割と影響」 2013. 7. 18 学習院女子大学

 

9回日本学術振興会賞  受賞記念講演 「ルネサンスの生命と物質:20年の海外研究生活から」 2013. 2. 8 東京大学・駒場

1  立教大学 ソロ・ライヴ 2012. 7. 12  立教大学・池袋キャンパス・第5号館

シンポジウム 人知の営みを歴史に記す:中世・初期近代のインテレクチュアル・ヒストリーの挑戦 2012. 7. 6-7 立教大学

ミクロコスモス:初期近代精神史研究 出版記念トークショー 2010. 3. 13 新宿紀伊国屋本店

 

2  ICU ソロ・ライヴ (2006. 12. 20)

4  BH ミーティング(2006. 12  東京

1  ICU ソロ・ライヴ (2004. 12. 21)  詳細  音声ファイル・ダウンロード (30メガ)

3  BH ミーティング(2004. 12) 東京  詳細

順天堂ライヴ (2004. 1. 6)

2  BHミーティング(2003. 12. 26 & 28) 東京&大阪 詳細

札幌ひとり会 (2003. 12. 29)

1  BH ミーティング (2000. 12. 26 & 28)  東京&京都 詳細

 

 

BH キンドル

パラケルススにおける梅毒、性愛、そして想像力 + 菊地原洋平) 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\new1.gif

危険な物質主義の系譜:アレクサンドロス、アヴェロエス、アルベルトゥス + アダム・タカハシ) 大好評です!

キルヒャーにおける天地創造と生命の起源

想像力、母親の欲望、胎児の徴 トマス・フィエヌスの発生論から

占星術、夢解釈、守護霊 カルダーノの『わが人生の書』から + 榎本恵美子)

ルネサンスの星辰医学 占星術の変容から普遍医薬の探究へ

神の御言葉と普遍医薬 オズワルト・クロルの化学哲学

パラケルスス、生きている鉱物、そして天地創造

不老不死の秘薬 、エリクシル

エリクシルから第五精髄、そしてアルカナへ 蒸留術とルネサンス錬金術

蒸留術とイスラム錬金術

 

 

メルマガ (バックナンバーも単品で購読できます)

201512  「宇宙の霊魂、神の摂理、世界の終末:セネカとリプシウス」

201511  「近刊 『ボッティチェリ 《プリマヴェラ》 の謎』 の制作リポート」

201510  「トーク・イヴェント 「テクストと学問の歴史、人文学の意味」 (第1部)書きおこし」

201509  「ルネサンスの医学と哲学における精気」

201508  「夏の活動リポート」

201507  ミゾーの『ウラニアとアスクレピウスの対話』にみる医学と占星術

201506  「テレジオ、アレクサンドロス、そしてアヴェロエスの影」

201505  「インテレクチュアル・ヒストリーについてのメモ」

201504  「占星術史の大型国際会議の舞台裏」

201503  「グラフトン 『テクストの擁護者たち』 の各章の要約」

201502月 「エンピレウム天について」

201501  2014年の動向と2015年の展望」

 

201412  「パラケルススにおける梅毒、性、そして想像力」 > キンドル版

201411  「ゴルゴンの神話とヘルメスの夢:アグリコラにおけるキミア・占星術批判と人文主義」

201410  「集中講義の序論科学革命の史的コンテクストインテレクチュアル・ヒストリーの手法と実践

201409  「ラ・ぺイレールと旧約聖書」

201408  「ルドルフ二世のプラハにおける科学と人文主義」

201407  「ヘルメスの奇妙な死」

201406  「預言者vs新教徒」

201405  「フィエヌスにおける想像力、母親の欲望、発生論」 キンドル版

201404  「ニューヨーク遠征記」

201403  「カルダーノの『わが人生の書』における占星術、夢解釈、ダイモン」 キンドル版

201402  「『パラケルススと魔術的ルネサンス』 出版記念トークショー」

201401  ルネサンスの自然哲学、医学、キミアにおける生命の原理」 ボストン発表原稿

 

201312 「工作舎インタヴュ 『魔術的ルネサンス』」 (後半)

201311  「工作舎インタヴュ 『魔術的ルネサンス』」 (前半)

201310  「『錬金術の秘密』 第2章」 (前半)

201309  「『錬金術の秘密』 第1章」 (後半)

201308  20137月占星術祭り」

201307  BH叢書、メガ・シンポ論集、そして二宮ワールド」

201306  「『錬金術の秘密』 第1章」 (前半)

201305  「『錬金術の秘密』 序章」

201304  「ピコ以降のルネサンス期の発生学と占星術:パパレッラの場合」

201303  2013年アジア遠征記」

201302  「パラケルススの鉱物学と宇宙生成論におけるロゴイ・スペルマティコイと種子の理論」 キンドル版

201301  2012年の活動の回顧と2013年の展望  号外「西洋の錬金術と不老不死の秘薬エリクシルの探求」

 

201212  ガファレルの 『前代未聞の驚異』 における占星術、護符、そして医学」 > キンドル版

201211  生きている粒子の謎:ゼンネルト、ガッサンディ、キルヒャーにおける原子論と生命の起源」 > 知の饗宴@新潟

201210  フィチーノ、フェルネル、フラカストロと種子の理論:「種苗」のプラトン主義的な諸相

201209  霊魂はどこからくるのか? 西欧ルネサンス期における医学論争」 メガ・シンポ発表原稿 > 『知のミクロコスモス』に所収

201208  「テレジオの宇宙的な熱 : アリストテレス『動物発生論』とヒポクラテス『熱について』のはざまで」

201207  「オズワルド・クロルの化学哲学における神の御言葉と普遍医薬」 キンドル版

201206  アストラル・メディシン(星辰的な医学) : ルネサンス期におけるプラトン主義的な医学と占星術」(後半) キンドル版

201205  アストラル・メディシン(星辰的な医学) : ルネサンス期におけるプラトン主義的な医学と占星術」(前半) キンドル版

201204  キルヒャーにおける天地創造と生命発生の問題」 (後半) キンドル版

201203  キルヒャーにおける天地創造と生命発生の問題」 (前半) キンドル版

↑ここから始まります。

 

 

 

研究分野 初期近代の科学と文化、錬金術、パラケルスス主義

とくに関心のあること 天上界と地上界の結び目たる事物にやどるロゴス

近況: 日々の動きは、ごくごく個人的な「本」日記をどうぞ

 

 

 

 


ホーム