説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

ごくごく個人的な「本」日記

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hermes.JPG

 

読書と研究の進み具合をつれづれなるままに記していこうと思います。

ウチの郵便受けの口は小さいものですから大きめの郵便物は入りません。
本が届く日は、郵便配達人の押す呼び鈴で荒々しく目を覚まされるのが日常です。

 

初心者の部屋BHの本キンドルミクロコスモス』|僕の本第2著作知のミクロコスモス

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hirai.JPG  説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos2010.jpg    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\mhnp_cover1.jpg

 

最近の集中的な話題!

 

プロフィール日本学術振興会賞アカデミアフェイスブックツイッター動画BHサロンヘルプ!サポート

初心者の部屋 ブックフェアメイトアデプトアダムクニカズ大橋喜之コレクション知のミクロコスモス

メルマガ詳しく)|BH 叢書エミーキクパラトニージオコスモスボッティチェリ普遍史レトリック

 キリシタンの世紀』 と JARS 正式サイト東大・集中講義UPリレー連載平岡南蛮ブックガイドポーランド

 

2017. 9. 21

  日記の記述が一日分先行していますが、ご容赦を。

 

午後に第6章「闇のなかに光を」と第7章「歴史への贈与」に目をとおして、『コメニウス:汎知学の光』を読了しました。多様な哲学者や著述家の考えとからめてコメニウスが分析されるので、彼の生涯と仕事を多角的にみることができる、とても良い入門編だと思います。議論を確かめられるように、最低限の注があればさらに良かったなと。

 

  コメニウスを中心とするボヘミア兄弟教団が亡命したポーランドのレシュノは、周辺の地域から迫害を逃れて集まってきたプロテスタントたちによって急発展しますが、戦火によって1656に破壊されてしまいます。17世紀における繁栄を描いた小著『レシュノの初期黄金期Paul Voigt, Auf Lissas erster Blütezeit (Leszno, 1905) がドイツから届きました。時間をみつけて、じっくりと吟味したいと思います。

 

 

2017. 9. 20

  ひきつづいて『コメニウス:汎知学の光』から、第3章「開かれた心への教育」、第4章「言語への開かれた問い」、そして第5章「地上の平和への道」を読みました。従来の研究では中心的な話題となっている教育論、言語論、そして当時の国際政治との関わりをあつかっています。

 

 

2017. 9. 19

  コメニウスは、19世紀のなかばから教育学の文脈で語られることが多かったようで、彼の自然哲学は軽視されがちだったようです。手稿で眠っていた重要な著作が1966になって公刊され、1970年ごろに重要な研究書が出版されています。

 

1970年といえば、ディーバスなどによるパラケルスス主義にかんする研究が本格化する以前です。百科全書主義終末論も興味ぶかいですが、こうした分野も研究が大きく進んだのは、それ以降です。哲学の流れでいえば、パトリッツィカンパネッラの影響が大きかったようですが、こちらの分野でもヴァゾーリをはじめとするイタリア勢の研究成果がでてきたのは1970年代以降です。

 

こうした分野で蓄積された知見をもとに、彼のテクストに当たれば、これまで認識されていなかったことがいろいろ炙りだされるのだろうと思います。リプシウスのケースもそうでしたが、近代の先駆者としてみるから理解できない面も、ルネサンス伝統の継承者としてとらえると、見えてくるものがあるだろうと思います。

 

 

2017. 9. 18

  夏休みのあいだにひと通り古い文献を探索して読んだので、今日はちょっと目先をかえて日本から送ってもらった『コメニウス:汎知学の光』の1「地上の迷宮」と2「人間と世界」を読みました。コメニウスの生涯の外観と、彼の自然観についてが議論の中心となっています。

 

本書が収録されている講談社メチエというシリーズは、昔からそうだったのか知りませんが、ほとんど注なし360頁という形態は、新書単行本の中間体ということになるかと思います。新書よりは紙幅をたっぷり使って議論できますが、もうちょっと詳しく知りたいと思うときには、がないので物足りなくも感じます。本書の場合は2000を欠くくらいと、単行本よりも値段をずっと下げられますので、手ごろではあるかと思います。何部くらい刷るのでしょうね?

 

 

2017. 9. 17

  昨日の疲れをとるために、今日はスローな動きでいきます。夕方に隣家の子どもが遊びにきました。

 

 

2017. 9. 16

  今日の動きは、プライヴェート版ブログをどうぞ。

 

 

2017. 9. 15

  昨日ここで触れた論文ですが、オキ君が欠損部をコピーしてくれたので、早速のところ読んでみました。それからベルリンでとってもらった論文を読むと、前者を増補改定したヴァージョンだとわかりました。話の筋はだいたい同じですが、後者の方が細かいところに手が届いています。前者のタイトルが思わせたものとはほど遠いことがわかり、この点は残念ですが、それを実際に確認できたことは大きいでしょう。重要文献が入手できないのは痛いですからね。

 

ヨンストンについては、あと1本読みたいものがあるので、それを入手したら本格的なテクストの読みに入れます。> その前に、ずっと入手するか迷っていたハートリブとの書簡集を入手することにしました。計画がとん挫して、結局のところ出なかったかと思ったのですが、じつは2000に出ていました。届いたら書誌データを報告します。

 

 

2017. 9. 14

  昨日の論文の著者が、僕の知りたいと思っているコメニウスヨンストンの関係をあつかう論文を、さらにオブスキュアなところに出していました。幸いなことに収録された論集 PDF をまるごとダウンロードできました。さっそく、問題の論文をチェックしようとしたところ、なな、なんと論文の前半の部分がスキャンされていませんでした! とほほ。> 実物がナイメーヘンにあるようなので、あとでオキ君に手伝ってもらいます。

 

 

2017. 9. 13

  コージ君の仲介をうけて、ベルリンにいる K さんが電子版もないドイツのレアな雑誌に掲載された論文「ヤン・ヨンストン:スコットランド、ポーランド、シレジアのはざまでSiegfried Wollgast, “Johann Johnston (1603–1675): Ein Arzt zwischen Schottland, Polen und Schlesien,” Würzburger medizinhistorische Mitteilungen 20 (2001), 474–518 の入手を手伝ってくれました。海よりふかく感謝いたします。やはり、これがもっとも詳しく深いところまで迫っている文献です。

 

  こうしたすごく気合いの入った力作ですが、とてもオブスキュアなところに出されたために、誰の眼にも届かないというのは残念ですよね。とても考えさせられます。

 

 

2017. 9. 12

  Slovo というレアな雑誌の第14巻(2002年)に、レシチニスキ家についての論文が一本あるようです。なんとか入手したいところです。> 四苦八苦しているうちに、2002年まではこの雑誌の副題が An Interdisciplinary Journal for Russian, Eurasian and East European Affairs ではなく、A Journal of Contemporary Soviet and East European Affairs だったことをつきとめました。新しく雑誌が生まれ変わる前の最終巻ということになります。日本では北大にだけあるようです。どなたかアクセスできる方はいませんか?

 

 

2017. 9. 11

  9月初旬に注文した中古本が、ウィーンベルリンからもう届きました。予想していた以上に早かったのですが、送料は控え目です。アメリカも昔は本の国外への送料は安かったのですが、いまでは法外に高いものとなりました。

 

  歴史学に強いドイツの V&G 書店は、電子版で論集の各章を 6ドルで売っているようです。気になったので思いきって試してみましたが、とても簡単です。カードで支払ったすぐ直後に PDF ダウンロードできるようになります。他社は論文の電子版を30ドルくらいで売っているので、それに比べたら非常にお手頃感があります。

 

 

2017. 9. 10

  今日はスローな動きでいきます。

 

 

2017. 9. 9

  ひきつづき、深く潜行しています。ヨンストンレシュノめぐって、コメニウスにかんする19世紀のドイツ語の文献を収集しています。この種の歴史は、このころに書かれた文献が一番役に立つことが身に染みて分かります。とくに、ヨンストンの君主であったレシチニスキ家 Leszczynski についての良い文献がないか探しています。

 

 

2017. 9. 8

  レシュノについての記述は、コメニウス関係の文献のほかに、町が属していたポーゼン地方についての歴史書をみれば良いことが分かってきました。『ポーゼン史協会雑誌Zeitschrift der historischen Gesellchaft für die Provinz Posen の第1巻(1885年)から第23巻(1908年)をダウンロードできました。コメニウスヨンストン、そしてレシュノの町の印刷業についてなど、僕が知りたいと思っていたことを調査している論文が幾つかみつかりました。

 

 

2017. 9. 7

 一日かけて、ポーランドの文献学者 Karola Estreicher が発行していた『ポーランド文献誌Bibliografia Polska の電子ファイルを収集していました。ところどころ欠けていますが、第1巻(1875年)から第21巻(1906年)までだいぶ集まりました。

 

 

2017. 9. 6

  昨日にひきつづいて、ブリークの町の歴史についての本でヘンリク・マルティニにかんする記述を読みました。基本的には、ヘンリクが登場するのは、昨日読んだ本と同様にギムナジウムの改革についての記述です。何年からクリスチャンに仕えたのかは分かりませんが、それ以前にヘンリクはレシュノの町で医業や執筆活動をしていたのではないでしょうか?コメニウスの協力者ヨンストンと友人であったことを考えると、コメニウスの学校そのものとも関係があったのかも知れません。

 

 

2017. 9. 5

  シレジア地方はブリークの町にあったギムナジウムの歴史についての著作で、ヘンリク・マルティニにかんする記述を読みました。彼はリトアニアのカルヴァン主義のギムナジウムで教鞭をとっていたことになっていますが、のちに仕えることになるクリスチャン2世もそこで学んだようです。年齢的には大差ないので直接に教えたわけではないでしょう。その後ヘンリクはクリスチャン2世の侍医となるわけですが、1671年にブリークの町のギムナジウムの改革を任され、教科書にコメニウスの『世界絵図』を選ぶところなどは非常に興味ぶかい点です。コメニウスの教育法が、他の地域で採用された初期の例のひとつといえるのではないでしょうか?

 

 

2017. 9. 4

  まだまだスローな動きをしています。

 

 

2017. 9. 3

  いろいろ家のなかを片づけたりして、スローな動きをしています。

 

 

2017. 9. 2

 アメリカは月曜日が祝日なので、三連休となります。その初日ですが、変な天候です。

 

 

2017. 9. 1

 注文していたラックができたらしいので、朝からお店にうけ取りにいって、家のなかに運びこみました。そして、ベルギーや日本からアメリカに集合させたコレクションを整理しています。詳しくは、プライヴェート版ブログをどうぞ。

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos100301.jpg

 

Renaissance Quarterly RQ

Isis

Early Science and Medicine ESM

Annals of Science

Bruniana & Campanelliana B&C

Journal of the History of Ideas JHI

Micrologus

Olschki

Chemical Heritage Foundation CHF

 

2016

010203040506070809101112

010203040506070809月|10月|11月|12月|

 

 

 

サイトマップ
トップホームプロフィール今後の予定僕の本関連出版物ウォンテッドヘルプ!放出品映画

BHメイトアデプトラテン語講読ミーティングディープ・ゼミメガ・シンポセミナー 『人間とコスモス』

変成・消化・想像@ベルリン夢の饗宴知の饗宴初心者セミナー 『科学革命を読む』

2013年末研究会2014真夏の研究会

 

アストラル・ボディ魔術の帝国ヴィンテージ

海外研究生活ソロ・ライヴリスト・マニアミクロコスモスアロマファン・ヘルモント協会

温故知新オールタイム・ベスト低地地方セネカ論文のアルスリスト・マニアCTC

ティマイオスプロクロスガレノスアヴェロエスアヴィセンナカンパネラライプニッツ

想像力能動知性怪物自然宇宙神学古代神学パドヴァ霊魂論コズミック・ヒート

 

スペインの AZOGUE 誌のブック・オヴ・ザ・イヤー賞フランス医学史学会の第一回スルニア賞、そして

日本学術振興会賞を受賞!

                                                                                                      

 

ワールド・ワイド

リェージュゲントナイメーヘンボルドートゥールリールパリリヨン

ヴェローナ&ロンドンバークベックラヴェンナマドリッドヴェネツィアケンブリッジベルリンバルセロナ

アメリカワシントンカリフォルニアニューヨークフィラデルフィアモントリオールサンディエゴピッツバーグ

 

ラリービルアントニオディディエナンシージェルマーナ

 

フィチーノフラカストロフェルネルパラケルスス論文デュシェーヌクロルガッサンディ

医学と科学革命もう一人のガレノスレオニチェノシェキウスゲマリチェティゼンネルト

フォルチューナボイルキルヒャーテレジオリプシウスフィエヌスガファレル占星術と医学

 

ツール&企画&計画

雑誌ツール本屋リンク集訪問者壁紙特製Tシャツ特製Tシャツ2003

 

アーカイヴ

初心者の部屋おすすめ新ヘルメス通信新刊案内自然魔術・カバラ占星術宇宙論10年に1冊の重み

目撃者を探せ!中世思想原典集成パーゲル薔薇十字会神秘主義ヘルメス主義テーマ別温故知新

古代ギリシアのアリストテレス注解アラビカ中世『中世雑報』地下世界の自然学カルダーノ計画

榎本美恵子 トリビュート

 

パトロナージルドルフ2世とその宮廷イタリア

 

パラケルスス

パラケルスス『奇蹟の医の糧』書評パラケルスス論文ウェブスター書評錬金術とジェンダー

 

博論のときから入手をあきらめていた錬金術

化学劇場通史動向総合文献隠れた名著クリソペア研究者ギリシアアラビア錬金術ポスト・ディーバス

 

生命と身体

医学史生物学史ガレノスヒポクラテス予言怪物論コズミック・ヒート医学とレトリック不老長寿

前成説、後成説、前在説

 

プラトン主義

プラトニカカルキディウスアルベルトゥスピカトリクスアーバノのピエトロクザーヌスカルダーノアグリッパ

 

アリストテレス主義

Edward P. Mahoney|パドヴァ|アヴィセンナアヴェロエス

 

低地地方

ネーデルランドリェージュ低地地方ゲントプロジェクトGゲマリプシウス

 

国内向け作品

『思想』論文『奇蹟の医の糧』書評魔術の帝国

 

ワールド・ワイド

フィチーノフェルネルもう一人のガレノスデュシェーヌゼンネルトガッサンディフォルチューナボイルフラカストロ

レオニチェノシェキウスパラケルスス論文ボイル 2リチェティキルヒャー

 

 

国際会議&遠征

国際会議ヴェローナ&ロンドンバークベックボルドーナイメーヘンニューヨーク&フィリー

パリトゥールマドリッドHABサマー・スクール

 

用語集

プネウマクラシスアニマとアニムスコルコデア&アルココデン形相付与者自然能動知性formare/informare

特殊形相エリクシル形成的自然想像力遠隔作用オカルト質

 

 

ルネサンス・バロックの科学文化

新刊案内総合基本文献専門雑誌叢書テーマ別論集ヨーロッパ知的辞書叢書「16-17世紀の哲学と科学」
|建築史|
人文主義|アカデミー|アリストテレス主義|宗教改革|百科全書|自然の劇場|音楽と魔術