説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

ごくごく個人的な「本」日記

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hermes.JPG

 

読書と研究の進み具合をつれづれなるままに記していこうと思います。

ウチの郵便受けの口は小さいものですから大きめの郵便物は入りません。
本が届く日は、郵便配達人の押す呼び鈴で荒々しく目を覚まされるのが日常です。

 

初心者の部屋BHの本キンドルミクロコスモス』|僕の本第2著作知のミクロコスモス

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hirai.JPG  説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos2010.jpg    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\mhnp_cover1.jpg

 

最近の集中的な話題!

 

プロフィール日本学術振興会賞アカデミアフェイスブックツイッター動画BHサロンヘルプ!サポート

初心者の部屋 ブック・ガイドメイトアデプトアダムクニカズ大橋喜之コレクション知のミクロコスモス

メルマガ詳しく)|BH 叢書エミーキクパラトニージオコスモスボッティチェリ普遍史平岡南蛮

科研費 『キリシタンの世紀』 と JARS 正式サイト東大・集中講義UPリレー連載

 

2016. 8. 24

  すっかり回復したクニ君は、ランチの後にリェージュをあとにしました。明日の朝のフライトで帰国の予定です。

 

 

2016. 8. 23

  だいぶクニ君も良くなってきたのか、幾つか残っていた本をスキャンしたいと言いだしました。まあ、そのくらいに回復してきたということでしょう。夕飯にピザを食べにいって、ヨシ君と国際会議を企画したらという話をしました。「見えざる敵たち “Invisible Enemies” というメイン・タイトルで、初期近代の宗教・哲学・科学が交錯するフィールドについてライプニッツベイルを中心に、ヨーロッパの風光明媚なところ(コモ湖畔を想定しています)で来夏に開催するのです。まずは、口上を考えるところから出発です。

 

 

2016. 8. 22

  昨晩は夜半にクニ君が病気になったようで、38の高熱があります。大事をとって、今日の19時発の帰国便はキャンセルし、明日の様子をみつつ体調を整えてから帰ることとなりました。まあ、水曜日のフライトならヨシ君と再合流できますので、それが良いのかも知れません。

 

 

2016. 8. 21

  ブルージュで国際会議に出席していたクニ君とヨシ君が、12時にリェージュに着くので駅まで迎えにいきました。そしてBH本館にて、前もって原稿をチェックしておいたスキャンダラス計画からの第2章について、注意すべき点を説明しました。13にはじめて、17には終わったと思います。僕個人としてはロジックが追えるようになっており、注の書式もほぼ無傷だったので、1年におよぶ山籠もりの成果がだいぶ出ていると伝えました。

 

改良すべき点として、同じ単語を連呼するのを避けることや、自然な言葉を選ぶといったことがあります。また、ほぼ毎段落で「Bである。なぜならAだからだ。」という論述がくり返されるのですが、これはあまりに機械的なので、「AだからBだ。」という自然な順番に変更するように促しました。あまりにアルカイックな「而して」などと書かなくなったのは、おおきな成長です。

 

 

2016. 8. 20

  昨日新しいキンドル版をリリースしたことにともなって、これまで出しているタイトルのジャケット写真を、ヘルメスで統一していたものから、いろいろ個性のあるものに変更しました。徐々にカタログ上でも反映されていくと思います。けっこう時間がかかりました。

 

 

2016. 8. 19

  今年5月にパリのクリストフにインタヴュした内容の前半をメルマガで配信しましたが、それに加筆して BH キンドルの久々の新作としてリリースしました。ニコラ・コンヴェル版を復刻した背景、そしてマルセイユ・タロットの大アルカナ22枚とフィチーノの哲学がどのように関係しているのかに迫っています。コチラです!

 

 

2016. 8. 18

  二日ほど根を詰めたので、今日はゆるくいきます。

 

  来春のルネサンス学会は、シカゴで開催されます。応募していた「錬金術とドイツのキミア革命」と「日本におけるイエズス会の翻訳と翻案」という2つのパネル企画が採択されたという通知がきました。とくに前者に参加するアマデオ君とエリザベスは、ここのところ連戦連勝です。

 

 

2016. 8. 17

  今日は数日前に送られてきていたスキャンダラス計画のための2をチェックしました。1年間も山籠りして研きこんだだけあって、僕でも途中でとん挫せずに議論を追えるようになっています。最終節などは、とても面白い議論です。まだポエムのように、同じ単語の連呼のクセが抜けきってはいませんが、全体としては大きく前進したと見て良いでしょう。たとえば20頁の原稿で50も哲学と叫ばなくても、教えとか試みとか主張といった具合に工夫はできるはずです。とにかく日曜日に関係者一同が、BH本館に集合して話しあう予定です。

 

 

2016. 8. 16

  今日は昨夜にチェックしたジオコスモス計画の序章第1章を、もう一度じっくりと見直しして送りだしました。つづいて夕方には、2の作業に入りました。この段階で、「その」と「こと」が異様に多いことに気がつきました。序章第1章にも同じ問題があります。う〜む、どうしましょうかね?

 

 

2016. 8. 15

  ベルギーは祝日です。午前中に折りたたみ自転車を引きとる人が来ました。そのあとはジオコスモス計画のための初出一覧後書きをみました。これは手直しというよりも、まだ意見をいう段階です。固有名詞があまりに多すぎるとか、分量が多いとかいった次元です。かぎられた紙幅の邦語の本で、知りあいの(日本語を読まない)外国人の名前を羅列するのは、あまり意味がありません。

 

テレジオ論文を提出する約束の日ですので、最終的な見直しをしています。今回はパラティノ・リノタイプをフォントとして採用したギリシア語のアクセント表示が、先方でもうまく出るか気になります。> そろそろ時間となるので、送りだしました。

 

夜になってから、ジオコスモス計画の序章1をチェックしました。明日にもう一度じっくりと読みなおして、お返ししたいと思います。

 

 

2016. 8. 14

  ジオコスモス計画のための結論をチェックしました。ひとつ残っていた大きな問題は解決したと思います。7としてお返ししました。

 

 

2016. 8. 13

  ジオコスモス計画のための文献表が来ました。午前中をかけて半分くらいみましたが、まだ問題が多いので、どうしましょうか?困りましたね。

 

  博論生のエリザベトが空の旅行カバンとともに、スキャン済みの本たちを受けとりに来ました。重かったでしょうが、かなりの数を引きとっていきました。彼女もアメリカ行のヴィザがとれたので、来週にはフィラデルフィアに向かって出発します。まずは、クレアのところにヤドカリしてアパートを探すことになります。

 

 

2016. 8. 12

  偽パラケルスス会議のときにジェニーが編者となっている、ケンブリッジ国際会議からのキミアについての論集のための契約書にサインしました。出版を決めていたアッシュゲイト書店がラウトレッジ書店に吸収合併されてしまったので、この論集は後者から出版されるそうです。そう遠くないうちに校正刷りがくることでしょう。しかし年内の出版は、ちょっと怪しいでしょうね。もとの会議が2011ですから、この論集もまた焦げついています。

 

  豪華論集 『ルドルフ二世と錬金術』 の英語版の出版も、編者イヴォは今年の早いうちにといっていたのですが、すでに8月となっているので、これまた年越しとなってしまうかも知れません。悲観的な予想をすると、それが現実になってしまう気がするので良くないのですが。

 

  そうえいば、ナンシーさんの80を記念する論集も、去年の11月にその後の経過を聞いて以来、ウンともスンともいってきません。そうこうするうちにナンシーさんは85になってしまいます。なかなか難しいものです、論集は。

 

 

2016. 8. 11

  共同作業チームの管理者権限を付与してもらって、やっとドロップ・ボックスのビジネス版から脱出することができました。丸2日かかってしまいました。最初に届いた招待メールを読みもせずに同意してしまったのが失敗でした。なにが一番の問題かというと、ビジネス版ではそれまでの個人アカウントがチームに吸収され、別個の個人アカウントをつくることになりますが、そのときに最初のアカウントの容量の大半はビジネス版にもっていかれて、個人用は2ギガしかもらえないことです。これでは、さすがに少なすぎます。個人用を大きくするために、さらに別の契約を結ばないといけないのは変な話です。統合されてしまうスペースと個人用にとっておけるスペースを、こちらで自由に調整できれば問題ないのでしょうが、それはできないのだと思います。

 

  逸見さんと桑木野君に教えていただいたデータをもとに、百科全書主義についての新コーナーを開設しました。18世紀の百科全書の運動よりも前の、とくにルネサンス・初期近代ではどういう動きがあったのかアプローチするためのプラットフォームです。まだ最初の一歩にすぎず、これから充実させていきます。

 

 

2016. 8. 10

  クレアからテレジオ論文のプルーフ・リーディングが帰ってきました。さらに2か所ほど微調整して、その部分だけ見なおしてもらっています。これで完成でしょう。英語では先進的な研究がほとんどないので、結局のところテレジオがルネサンス期の自然哲学に占めている位置はひろく理解されてない感があるので、そんな状況に一石を投じられるだろうと思います。もとの伊語版ですでに本場イタリアの人々のリアクションは試してあるので、その点についても問題ないでしょう。

 

  最初にカラブリアでの国際会議で発表したのが2008、その論集がイタリアで出版されたのが2012、そして今回の英語版が、おそらくは今後12年後には出ることになるので2018と見積もっても、10のタイムラグがあります。それでも、2年前の米国科学史学会での発表でテレジオのセクションを挿入してエッセンスは投入してあり、ビル(ニューマン)が良い反応をみせてくれたのが印象に残っています。

 

 

2016. 8. 9

  ジオコスモス計画の欠けている図版がドイツを経由して届きました。今回はライプニッツの写真です。手稿の写真を載せるのはシリーズでは最初となりますし、初期近代の著作家の手稿など見たことない人が多いでしょうから、なかなか価値あるものとなったかと思います。あと残りは一点、ステノの初期作品である博士論文のタイトル頁です。これは残存するものが、世界で2点しか確認されていない非常にレアなものです。

 

  この作業の流れで、ドロップ・ボックスのビジネス版に連結することになったのですが、なにを間違ったのか、作業とは関係ないデータのすべてがリンクされてしまったのでリンクを外そうとしているのですが、管理者権限がないとダメということで、先方にお願いするしかありません。とほほ。

 

 

2016. 8. 8

  午前中は、BHサロンのメンバー K さんの論文について1時間半ほど指導しました。果敢に海外進出を目指すこころざしが熱いですね!

 

 

2016. 8. 7

  ついに本棚からの箱詰め作業は、ほぼ終了しました。あとはもう一箱分の雑貨をつめれば全体が完了です。

 

 

2016. 8. 6

  午前中にもう一度、テレジオ論文の英語版をと読みなおして推敲しました。あとはクレアにプルーフ・リーディングしてもらって、週明けには編者のピエトロに提出したいと思います。タイトルは伊語版から変更して、「テレジオ、アリストテレス、ヒポクラテスのコズミック・ヒートTelesio, Aristotle and Hippocrates on Cosmic Heat としようと考えています

 

 

2016. 8. 5

 今日も集中して作業できて、なんとか長きにわたる宿題にメドがつきそうになりました。これはもう本当に去年の秋ごろからずっと、なんとなく気持ちとして重荷でした。テレジオ論文の第2弾の方は、もう少しじっくりと腰を落ちつけて仕上げたいのです。提出するべく原稿を、テレジオ論文の第1弾の英語版にさしかえて正解でした。明日あと一日ほど推敲しなおして、クレアにプルーフ・リーディングしてもらおうと思います。

 

 

2016. 8. 4

  午前中はジオコスモス計画の結論の章を、再チェックしました。ただいま第6版です。また別件で、田邊さんとの編集作業も再開しました。

 

  ついに今日は集中してテレジオ論集への寄稿の作成に入りました。出版された伊語のヴァージョンがもっとも完成度が高いので、まずは突貫工事で全体を英語になおしつつ、書誌スタイルを整えました。明日は、引用文の翻訳をしっかりと吟味したいと思います。

 

 

2016. 8. 3

  そろそろ本当に気持ちを切りかえないといけないのですが、昨日のつづきでパラケルスス関係を調べていました。今日はいったんバーゼルから離れて、ズートホフ版全集の1314を中心に探りをいれていました。副産物として、先週の発表を微調整しないといけないところを見つけました。忘れないうちに直しておきます。

 

 

2016. 8. 2

  これから2週間は集中して、テレジオ論文の英語版を完成させないといけません。延ばしに延ばした締め切りの最終が815です。> といいつつ、今日は朝にジオコスモス計画について話しあいをした後、昨日からの箱詰めのつづきをしました。まだ大きいのが2箱、小さいのが5箱ほど足りない感じです。必要な分量を予測するのは、なかなか難しいですね。

 

  先々週からの流れでは、パラケルススのバーゼル時代の書き物について、いろいろ調べています。ここは成立年代が比較的にはっきりしているので、他よりも足場がしっかりしています。まずは1527年の夏学期からです。

 

           De gradibus et compositionibus  『度数と調合について』

           De modo pharmacandi  『調薬について』

           Super Aphorismos  『ヒポクラテス「アフォリスム」注解』

           De urinarium et pulsuum judiciis 『尿と脈の診断について』

           De physiognomia medica 『医学観想学について』

 

 

2016. 8. 1

  昨日の午後の帰還したわけですが、まだ気持ちは旅モードなのか、なんだか落ちつきません。> 午後には友人に手伝ってもらって、引越し用の段ボール箱を追加でさらに12ほど入手してきました。これで足りるでしょうかね?まだかな?書籍はほぼすべて箱に入れ終わりました。あとはかさ張るものばかりです。

 

ああ、今回のメルマガを忘れていました!ということで、急いで偽パラケルスス国際会議で発表した入魂作「偽作者の書斎のなかへ:出版史にみる『事物の本性について』の誕生」を訳出してドロップしました。8月2日の配信です。今回は本当に準備がギリギリとなってしまい、十分に訳文の推敲はできませんでしたが、手に汗にぎるスリリングな展開が楽しめるかと思います。初期近代の本づくりや書籍のマーケッティングの視点からインテレクチュアル・ヒストリーに迫っています!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos100301.jpg

 

Renaissance Quarterly RQ

Isis

Early Science and Medicine ESM

Annals of Science

Bruniana & Campanelliana B&C

Journal of the History of Ideas JHI

Micrologus

Olschki

Chemical Heritage Foundation CHF

 

2016

0102030405060708月|09月|10月|11月|12月|

 

 

 

サイトマップ
トップホームプロフィール今後の予定僕の本関連出版物ウォンテッドヘルプ!放出品映画

BHメイトアデプトラテン語講読ミーティングディープ・ゼミメガ・シンポセミナー 『人間とコスモス』

変成・消化・想像@ベルリン夢の饗宴知の饗宴初心者セミナー 『科学革命を読む』

2013年末研究会2014真夏の研究会

 

アストラル・ボディ魔術の帝国ヴィンテージ

海外研究生活ソロ・ライヴリスト・マニアミクロコスモスアロマファン・ヘルモント協会

温故知新オールタイム・ベスト低地地方セネカ論文のアルスリスト・マニアCTC

ティマイオスプロクロスガレノスアヴェロエスアヴィセンナカンパネラライプニッツ

想像力能動知性怪物自然宇宙神学古代神学パドヴァ霊魂論コズミック・ヒート

 

スペインの AZOGUE 誌のブック・オヴ・ザ・イヤー賞フランス医学史学会の第一回スルニア賞、そして

日本学術振興会賞を受賞!

                                                                                                  

 

ワールド・ワイド

リェージュゲントナイメーヘンボルドートゥールリールパリリヨン

ヴェローナ&ロンドンバークベックラヴェンナマドリッドヴェネツィアケンブリッジベルリンバルセロナ

アメリカワシントンカリフォルニアニューヨークフィラデルフィアモントリオールサンディエゴピッツバーグ

 

ラリービルアントニオディディエナンシージェルマーナ

 

フィチーノフラカストロフェルネルパラケルスス論文デュシェーヌクロルガッサンディ

医学と科学革命もう一人のガレノスレオニチェノシェキウスゲマリチェティゼンネルト

フォルチューナボイルキルヒャーテレジオリプシウスフィエヌスガファレル占星術と医学

 

ツール&企画&計画

雑誌ツール本屋リンク集訪問者壁紙特製Tシャツ特製Tシャツ2003

 

アーカイヴ

初心者の部屋おすすめ新ヘルメス通信新刊案内自然魔術・カバラ占星術宇宙論10年に1冊の重み

目撃者を探せ!中世思想原典集成パーゲル薔薇十字会神秘主義ヘルメス主義テーマ別温故知新

古代ギリシアのアリストテレス注解アラビカ中世『中世雑報』地下世界の自然学カルダーノ計画

榎本美恵子 トリビュート

 

パトロナージルドルフ2世とその宮廷イタリア

 

パラケルスス

パラケルスス『奇蹟の医の糧』書評パラケルスス論文ウェブスター書評錬金術とジェンダー

 

博論のときから入手をあきらめていた錬金術

化学劇場通史動向総合文献隠れた名著クリソペア研究者ギリシアアラビア錬金術ポスト・ディーバス

 

生命と身体

医学史生物学史ガレノスヒポクラテス予言怪物論コズミック・ヒート医学とレトリック不老長寿

前成説、後成説、前在説

 

プラトン主義

プラトニカカルキディウスアルベルトゥスピカトリクスアーバノのピエトロクザーヌスカルダーノアグリッパ

 

アリストテレス主義

Edward P. Mahoney|パドヴァ|アヴィセンナアヴェロエス

 

低地地方

ネーデルランドリェージュ低地地方ゲントプロジェクトGゲマリプシウス

 

国内向け作品

『思想』論文『奇蹟の医の糧』書評魔術の帝国

 

ワールド・ワイド

フィチーノフェルネルもう一人のガレノスデュシェーヌゼンネルトガッサンディフォルチューナボイルフラカストロ

レオニチェノシェキウスパラケルスス論文ボイル 2リチェティキルヒャー

 

 

国際会議&遠征

国際会議ヴェローナ&ロンドンバークベックボルドーナイメーヘンニューヨーク&フィリー

パリトゥールマドリッドHABサマー・スクール

 

用語集

プネウマクラシスアニマとアニムスコルコデア&アルココデン形相付与者自然能動知性formare/informare

特殊形相エリクシル形成的自然想像力遠隔作用オカルト質

 

 

ルネサンス・バロックの科学文化

新刊案内総合基本文献専門雑誌叢書テーマ別論集ヨーロッパ知的辞書叢書「16-17世紀の哲学と科学」
|建築史|
人文主義|アカデミー|アリストテレス主義|宗教改革|百科全書|自然の劇場|音楽と魔術