説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

ごくごく個人的な「本」日記

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hermes.JPG

 

読書と研究の進み具合をつれづれなるままに記していこうと思います。

ウチの郵便受けの口は小さいものですから大きめの郵便物は入りません。
本が届く日は、郵便配達人の押す呼び鈴で荒々しく目を覚まされるのが日常です。

 

プロフィールアマゾン僕の本第2著作BHの本キンドルミクロコスモス知のミクロコスモス

初心者の部屋メルマガBH 叢書アカデミアフェイスブックツイッターBHチャンネルヘルプ!

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hirai.JPG  説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos2010.jpg    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\mhnp_cover1.jpg

最近の話題  占星術の排斥ブックガイド|『錬金術の秘密』|『錬金術の秘密』@アマゾン|ラジオ対談集

 

2018. 10. 15

  勁草書房の「けいそうビブリオフィル」で、山田さんの『ジオコスモスの変容』(BH叢書)のプロローグが公開されました。こちらです。科学革命とその裏側に関心のある方は、ぜひチェックしてください。実際の本の感じも分かる PDF 版も無料でダウンロードできます!

 

  今日は、嬉しい知らせもありました。年末に本好きのための楽しいイヴェントをおこなう予定です。

 

 

2018. 10. 14

  各種のクラファンを見ていて、あっ!と思ったのは、翻訳したい本を挙げて費用の寄付を募っているプロジェクトです。僕には思いつかなかった大胆な企画です。学術書に近いドイツ語の本を翻訳・出版することを狙い、120万円ほど集めてました。クラファンというシステムが20年前にあれば、BH でももっと活用していたでしょう。

 

ところで、細かい部分について目をつぶってみると、翻訳の大まかな部分は1冊で3カ月かかるとして、単純計算で年に4ほど出せれるかも知れません。実際は翻訳だけをしていても、1年に2くらい出すのが限界だと思います。そこから逆算すると240万円となり、翻訳書の印税をあわせても生活していくのは難しいでしょうね。

 

 

2018. 10. 13

  工作舎のブックガイドの刊行に向けて、この冬にクラウド・ファンディングをおこなう予定です。今日は、その準備のために可能性のあるサイトの一覧がおくられてきました。いろいろ観察しているのですが、皆さん、いろいろ知恵を絞っていますね。あっと驚く発想もあり、うならされます。お楽しみに!

 

 

2018. 10. 12

  今日はスローな動きでいきます。

 

  「レッジョのニッコロによるガレノスの著作のギリシア語からの翻訳 Lynn Thorndike, “Translations of Works of Galen from Greek by Niccolò da Reggio,” Byzantina Metabyzantina: A Journal of Byzantine and Modern Greek Studies 1 (1946), 213-235 というレアな雑誌に収録された論文が必要となりました。なんとか見つけたいところですが、苦戦しています。

 

 

2018. 10. 11

  想像力についての新しい論集が出ていますね。 『図像、想像力、認識:中世と初期近代の理論と実践Christoph Luthy et al. (eds.), Image, Imagination and Cognition: Medieval and Early Modern Theory and Practice (Leiden: Brill, 2018) というタイトルです。これは気になりますね。

 

   ヴェネツィアでの国際会議でつかうパワポを準備しました。けっこう時間がかかりましたが、あとでもう一回とおして見直してゆっくりチェックします。

 

 

2018. 10. 10

  オランダの方から、2016年以降の出版物の書誌データを入力するように要請がありました。8点ほど、すぐに対処しました。ただし、ゲスト・エディターとして企画した雑誌の特集号は、うまく入力できません。

 

  ピサのサマー・スクールが延期されて、結果的に329日から31日までのスプリング・スクールとなったのですが、その事務やりとりをしました。

 

日曜日の『毎日新聞』での書評にひきつづき、あの高名な雑誌『ムー』の最新号でも『錬金術の秘密』の素晴らしい紹介をしていただきました。意外というと関係者に怒られてしまいそうですが、教育的な配慮もある立派な記事です。BHファンの皆さんのために、詳しいことについてメルマガ号外をだすことにしました。今日の深夜に配信されます。

 

 

2018. 10. 9

  ディディエから寄稿の書式について注文がついたのですが、どうも彼の方が勘違いしている節もあるので、念のために確認のメールをおくりました。

 

  ヴェネツィアでの国際会議のために、旅費についての事務的な書類を埋めて送りかえさないといけません。とりあえず、3種類ある書類のうちの2種類を先に処理すれば良いようです。

 

 

2018. 10. 8

  昨日は隣人をお招きしたので、今日はスローな動きでいきます。

 

 

2018. 10. 7

  おお、なんと!今日付(107日の日曜日)の毎日新聞の朝刊で、サイエンス・ライターの内田麻里香さんに『錬金術の秘密』を紹介していただきました。しかも、なかなかバランスのとれた素晴らしい内容です。こちらです!

 

  アマゾンのリスト機能をつかって、試験的に「インテレクチュアル・ヒストリーの新潮流を理解する」をつくりました。これから徐々に充実させていきます!

 

 

2018. 10. 6

  気忙しいと、ぜんぜん関係ないことに妙にココロを惹かれたりしますよね?前から気になっていることに、リプシウス1604年の著作『ストア派の自然学』のなかで、「ペルー」の太陽崇拝に触れるのです。これのソースは何なのだろうと考えています。初期近代におけるペルーについての報告で、メジャーなものは何なのでしょうね?やっぱり、アコスタの自然誌なのかな?

 

  夏前から遅れていた偽パラケルスス論文を完成させました。クレアのプルーフ・リーディングをへて、もう一度読みなおしてから細部を微調整して、ディディエに送りだしました。題して、「偽書者の図書館へ:出版史にみる『事物の本性について』の誕生“Into the Forger’s Library: The Genesis of De natura rerum in Publication History” です。

 

 

2018. 10. 5

  オーストリアのインスブルック大学で1023(火)に講演をします。以下は、その話の要旨です。> はじめて行く町なのですが、写真で見るかぎり、なかなか絶景なところみたいですね。こちらです。すごいなあ。

 

Galen (129–ca. 216) left a significant number of writings, over 100 treatises in a modern edition, which represent some 12 percent of ancient Greek literature. Although Galenism dominated the tradition of Western medicine, knowledge of his writings was relatively limited during the Middle Ages. The substantial body of these writings was made available in Europe thanks to the Aldine Greek edition (Venice, 1525), followed by a flood of Latin translations. In my paper, I will examine the impact of some key texts of Galen at the threshold of early modern science and philosophy. To this end I will focus on the particular use of Galen’s writings and teachings by Jean Fernel (1497–1558) of Paris, one of the most influential physicians of the Renaissance, and other physician-philosophers who were his contemporaries and followers in the late sixteenth and early seventeenth centuries.

 

 

2018. 10. 4

  昨日のものからさらに改稿を重ね、ヴェネツィア会議のための発表原稿は、それなりのものになったと思います。すこし安心しました。この勢いで11月末のベルリン会議のための原稿の作成に入りたいのですが、いろいろ考えるところあり、ちょっと思案中です。こうした執筆からくるストレスに対抗するかのように、12の一時帰国の航空券を入手しました。

 

            ニューヨーク129 1925―ロス 2300

            ロス 1210 0930−羽田 1211 1520

            羽田 0122 1920−ロス 同日 1240

            ロス 同日 1615− ニューヨーク 2430

 

 

2018. 10. 3

  だんだん話の大筋ができあがってきました。これから細部を固めていきます。分量的には3000と、すでに30の発表をカバーするものとなっています。

 

 

2018. 10. 2

  さあ、今日からヴェネツィアでの発表原稿をつくるために缶詰の状態に入ります。しばらくのあいだ、ご容赦ください。

 

 

2018. 10. 1

  『錬金術の秘密』のオンライン読書会についての告知に、多くのリアクションをありがとうございます。オブザーヴァが多いのも良いのですが、本枠に入って一緒に話しあったり、質問や気づいたことを伝えたりする人々がいないと読書会は成立しませんので、本枠希望の方は僕に連絡ください。最低でも、5くらい欲しいと思っています。

 

 

2018. 9. 30

  さらにスローにいきます。

 

 

2018. 9. 29

  この週末は、ヴェネツィアのための発表原稿をつくるために缶詰になる直前という位置づけです。スローな動きでいきます。

 

 

2018. 9. 28

  10月下旬にヴェネツィアで、国際会議『ガレノスと初期近代人たち』が開催されます。今日は、その美しいポスターと最終プログラムがきました。こちらの掲示しておきます。

 

 

2018. 9. 27

  あとから読書会について考えたのですが、月イチのペースでいくとして、7は多いのかも知れません。単純計算でも、半年以上かかることになります。もし1回に2章分を進めることにすれば、34で抑えることもできます。あるいは、開催のペースを2にすると3カ月半で収められます。こちらの方が良いのですかね?

 

 

2018. 9. 26

  結局のところ、41に投票してもらい、64の結果で『錬金術の秘密』の方が多かったので、こちらを優先することにしました。読書会の頁を立ちあげ、告知を出しました。こちらです。全7回で、1回に1章ずつ読んできます。月イチで月初めの火曜日、日本時間で21時から1時間くらいを予定していますが、参加者と相談することになるでしょう。

 

  準備していたメルマガの原稿を推敲してドロップしました。今回は、僕の第2著作からシェキウスの形成力についての論考を邦訳しました。生命の起源とキリスト教はどう関係するのでしょうか?あるプロテスタント医学者の解答です。配信は、102の予定です。

 

 

2018. 9. 25

  久しぶりにオンラインの読書会を開催しようと思っています。対象となる本は、『情報爆発』と『錬金術の秘密』のどちらが良いでしょうか?こちらのツイートアンケートを実施中です。皆さんも、お気軽に投票してください。いまのところ、かなり良い勝負となっています。

 

 

2018. 9. 24

  111日から4日まで、米国科学史学会のためにシアトルにいきます。今日は、航空券宿舎を手配しました。グリーン・カードの申請中だったので、残念ながら去年のトロントはいけませんでした。今回は発表せず、様子見となります。

 

 

2018. 9. 23

  一昨日に注文したフィチーノによる『プロティノス注解』の見開き羅英対訳の第5分冊が、もう届きました。『エネアデス』の第3巻後半と第4巻の注解にあたり、構成は以下のようになっています。さらに150ほどの分析がついていますが、本注解についてはまともな研究がほとんどなかったので、非常に有益なものとなっています。これで30ドルは、とてもお買い得でしょう。

 

3

 第5書 愛について

 第6書 非物体的な事物

 第7書 永遠と時間

 第8書 自然、観想、一者

 第9書 8つの考察

 

4

 第1書 霊魂について

 第2書 霊魂について

 第3書 霊魂についての難問

 第4書 霊魂についての難問

 第5書 視覚について

 第6書 感覚と記憶

 第7書 霊魂の不滅性

 第8書 霊魂の身体への降下

 第9書 すべての霊魂はひとつなのか?

 

  これで既出の4分冊とあわせて、予定されている6のうちの2冊が出たことになります。これだけでも大きな事件なのですが、僕としてはさらに『エネアデス』の2をあつかう予定の2分冊3分冊を、早いところ出して欲しいと思っています。

 

 

2018. 9. 22

  まだ流動的なことなので、あんまり詳しく書けないのですが、大手の出版社から新書サイズの本を書かないかと誘われました。12月にまた一時帰国するときに詳しいことを話しあうと思います。目安は全体で12万字、原稿用紙で300ということですから、A4なら100くらいの分量になるのかなと考えています。

 

 

2018. 9. 21

  いちど1に目が覚めたのですが、あまりにも早すぎるのでベッドに戻り、つぎに目が覚めたときは4時半でした。これ以上は無理だと思い、そこからは起きていることにしました。ただし時差ボケのあいだは、たいした作業はできません。

 

  FBとツイッターでは告知していましたが、こちらに記事を書くのを忘れていました。工作舎のブックガイド計画からのウェブ連載、その第18弾は『錬金術の秘密』の紹介です。どうぞ、お楽しみください。

 

どうも1617の告知も忘れていたようです。本当に、すみません。第16弾は、アマデオ君による菊地原『パラケルススと魔術的ルネサンス』の紹介です。これは素晴らしい!そして第17弾は、その菊地原君によるマンデヴィル『東方旅行記』の紹介です。

 

 

2018. 9. 20

  ぐっすり眠ることができ、6に目を覚ましました。9時半発の電車に乗り、12時前に家に到着しました。カバンの片づけなどをして、忙しく動きまわり、16過ぎに眠くて目を開けていられなくなりました。昼寝をした後に夕食をたべ、20には眠りにつきました。

 

 

2018. 9. 19

  ロスまでの最初のフライトはほとんど眠ることができず、映画を4本ほど観ているうちに到着しました。入国審査では、入手したばかりのグリーン・カードのおかげでスムーズでした。乗継までの4時間の待ち時間も、すぐに過ぎた感じです。ニューヨークまでのフライトは、最初の4時間を寝てすごし、最後の2時間だけ起きていました。到着後は空港トレインの終点であるジャマイカ駅の近くにとった宿舎に滑りこんで、シャワーだけ浴びてすぐに眠りにつきました。現地時間で23だったと思います。

 

 

2018. 9. 18

  今回の一時帰国では、今日が実質上の最終日となりました。細かな雑事で時間が過ぎていきました。明日は10の電車で池袋に行き、そこから11のバスで羽田空港へ。15のロス行のフライトに乗ります。

 

 

2018. 9. 17

  1か月におよぶ今回の一時帰国も、ついに終わりに近づいてきました。デルタ航空から座席のアップデートの連絡がありましたが、残念ながらビジネス・クラスではありません。

 

 

2018. 9. 16

  今日はプライヴェートでスローな動きです。

 

  『錬金術の秘密』の出版記念イヴェントのハイライトを編集した動画を公開しました。こちらです、お楽しみください!またイヴェントの模様を写した写真をあつめたアルバムも作成しました。こちらです。

 

  医学史家の鈴木晃仁さんのブログで、『錬金術の秘密』が紹介されました。ふかく感謝です!こちらになります。

 

 

2018. 9. 15

  今日は、昨日のつづきのあとに都内に出ます。あいにくの雨で、足場がわるいですね。

 

  先週のトーク・イヴェントにいらしていた中央公論の編集の方から、『情報爆発』の献本をうけました。ふかく感謝いたします。

 

 

2018. 9. 14

  朝からエマージェンシーがあり、今日は一日ドタバタでした。

 

 

2018. 9. 13

  10に宿舎をチェックアウトして、『ジオコスモスの変容』の山田さんと合流して、南房総をドライヴです。>16の館山発の高速バスで東京にもどり、カワゴエには19に着きました。

 

 

2018. 9. 12

  家を8時半に出て、まずは10時半の東京発の高速バスで館山にむかいます。現地でランチをしてから、14時半に宿舎のマイクロバスがピックアップにきてくれる予定です。

 

 

2018. 9. 11

  明日から、ちょっと南房総にいってきます。

 

 

2018. 9. 10

  まだまだ土曜日におこなわれた『錬金術の秘密』の出版記念イヴェントの余韻に浸っています。アマゾンは週末のあいだに、一時的な在庫切れになってしまいました。いつ補充されるか分かりません。

 

  ここまでで、どなたに献本したのか書いておきましょう。まだゆっくりと作業は進行しています。下線は到着が確認できた方です。

 

隠岐さんアキヒトさん吉本さん橋本さん古川さん、住本さん、田中純さん、松岡正剛さん

鏡さん吉川さん、逸見さん、金沢さん科学史インスティテュートHonz、ムー、堀場製作所

菊地原君中尾さん須田さん、ラリー

 

 

2018. 9. 9

  山本貴光さんを特別ゲストに迎えた、昨日のトーク・イヴェントは大成功でした。なんと!聴衆も58の大入りで、時間が足りないくらいに楽しい内容になったと思います。簡単に編集した動画を見直して、感慨にひたっております。許可があれば、期間限定でメルマガ会員に特別にお披露目しようかなと思っています。ゴーサインが出るように、気を送ってください!> ゴーサインがきましたので、メルマガの号外をだしました。

 

 

2018. 9. 8

  さあ、今日は15時から下北沢の本屋 B&B で、ゲーム作家・文筆家の山本貴光さんをゲストに迎えて、『錬金術の秘密』出版記念のトーク・イヴェントを開催します。こちらで予約できますし、当日券もありますので、皆さん、よろしく!

 

 

2018. 9. 7

  今日は羽田空港にクレアを迎えにいってきます。終日、たいしたことはできません。

 

 

2018. 9. 6

  台風地震の甚大な被害で騒がしくなっています。こうなると、土曜日のトーク・イヴェントの話をするのも、なんとなく難しくなります。

 

 

2018. 9. 5

  保険のために入院手術した病院がだしてくれた書類を翻訳しないといけないのですが、気乗りしなかったので、偽パラケルスス論文のために気がついた点を、数段落ほど書きくわえました。今回ははじめて図版も入れる予定ですので、分量的にはこれで十分かもしれません。あとは、細かい点をファクト・チェックしないといけません。いわゆる書物史の観点からの論文は、これがはじめてなので、テクストを分析することを中心とする普段のスタイルよりも、チェックすべき事がらが多いですね。

 

 

2018. 9. 4

  スマート・ニュース社のブック・クラブ主催で、年末に本についてのイヴェントが開けないか、S さんとアイデアを練っています。ブックフェアを併設することを提案しました。

 

 

2018. 9. 3

  『けいそうビブリオフィル』の「あとがき たちよみ」で、『錬金術の秘密』のあとがきとして寄稿した「高貴なる技、錬金術、あるいはキミアの探求:解題にかえて」が公開となりました。版の組み方がわかる PDF が、こちらから無料でダウンロードできます。

 

  『錬金術の秘密』の出版を記念して、ゲーム作家・文筆家の山本貴光さんとトーク・イヴェントをします。今週の土曜日の15時から、下北沢の本屋 B&B さんです。残席にかぎりがありますので、予約はお急ぎください!

 

 

2018. 9. 2

  先日の工作舎での作業で宿題となった部分を、順番に片付けていきました。さらにブックガイドの専用頁下方のプロフィール欄に、これまでの工作舎関係のさまざまな記事をあつめるリンク集をつけてもらいました。パラケルススの『奇蹟の医の糧』書評にはじまり、10年近くにわたり多様な話題でBHと工作舎さんは絡んでいますね。

 

ライプニッツ通信II 第22回「ジオコスモスの大転換」

キルヒャー『普遍音楽』紹介動画

土星の環インタビュー「魔術的ルネサンスの魅力」

紀伊國屋書店サイト「初期近代精神史研究」フェア

工作舎×勁草書房合同フェア「初期近代精神史研究」

キルヒャー『普遍音樂』ついに刊行!「初期近代精神史研究」フェア

『奇蹟の医の糧』書評

 

  この勢いで偽パラケルスス論文も仕上げたいのですが、ちょっと落ち着いて作業できる環境ではありません。

 

 

2018. 9. 1

  一昨日のラジオ対談は、最初の生ヴァージョンがのべ57、編集したヴァージョンをアップしてからのべ42の方々が視聴したことになっています。まあ、なかなかの出だしでしょう。すでに生視聴中に、3の方が「いいね」をおしてくれました。これは新傾向です。

 

  これまでにBHチャンネルがお送りしたラジオ対談も、合計で8本になりました。それらをまとめてプレイ・リストをつくってみました。題して「BHラジオ対談集」、全部で8時間を超える知的なエンターテイメントとなっています。初期のころは、アダム君の活躍が目立ちます。本当なら年一回くらいのペースで放談をやりたいのですが、彼は忙しい人となってしまいました。

 

  BHチャンネルでは、ラジオ対談のお相手を募集しています。自薦他薦を問いませんので、面白いアイデアのある方は、遠慮なくご提案ください。速やかに実現するかも知れません。つぎは古楽の方となにかできたら、楽しいかなと思っています。

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos100301.jpg

 

2018年|123456789月|10月|11月|12月|

2017年|123456789101112

2016年|123456789101112

2015年|123456789101112

2014年|123456789101112

2013123456789101112

2012123456789101112

 

サイトマップ

ホームプロフィール第1著作第2著作キンドルミクロコスモス知のミクロコスモスメルマガ詳細

国際科学史アカデミー若手賞|ブック・オヴ・ザ・イヤー賞フランス医学史学会賞日本学術振興会賞

BH叢書 > エミーキクパラトニージオコスモスボッティチェリブックフェア

仲間たち > リレー連載平岡南蛮大橋コレクションアデプトメイト壁紙特製Tシャツ その2

研究会> ソロ・ライヴミーティングメガ・シンポ年末研究会真夏の研究会知の饗宴夢の饗宴

読書会・講座 > JARS東大・集中講義科学革命ラテン語講読映画論文のアルスツール

 

論文・著作・その他

全作品ガッサンディガファレルキルヒャークロルゲマシェキウス占星医学ゼンネルト

デュシェーヌテレジオフィエヌスフィチーノフェルネルフラカストロパラケルススフォルチューナ

ボイルもう一人のガレノスリチェティリプシウスレオニチェノ

 

アーカイヴ

企画

初心者の部屋自然魔術・カバラ占星術10年に1冊デジタル図書館 医学と科学革命キリシタンの世紀

錬金術 > 総合文献新刊動向ポスト・ディーバス隠れた名著ギリシアアラビア錬金術クリソペア

パラケルスス > パラケルスス奇蹟の医の糧ウェブスター書評パーゲルファン・ヘルモント協会

 

 

人物別 (あいうえお順)

アヴィセンナアヴェロエスアグリッパアーバノのピエトロアルベルトゥスガッサンディガファレル

カルキディウスカルダーノガレノスカンパネラキルヒャークザーヌスクロルゲマシェキウス

セネカゼンネルトデュシェーヌテレジオパラケルススピカトリクスヒポクラテスフィエヌス

フィチーノフェルネルフラカストロプロクロスボイルライプニッツリチェティリプシウス

ルドルフ2世レオニチェノ

 

 

テーマ別 (あいうえお順)

アカデミー|アストラル・ボディアニマとアニムスアラビカアロマ医学史宇宙神学宇宙論エリクシル

遠隔作用オカルト質音楽と魔術怪物カバラギリシアのアリストテレス注解クラシス形成的自然

形相付与者コズミック・ヒートコルコデア&アルココデン古代神学神秘主義人文主義占星術

占星医学想像力自然自然魔術生物学史地下世界ティマイオス特殊形相能動知性

パドヴァ霊魂論パトロナージ薔薇十字会百科全書普遍史プネウマ・スピリトゥスプラトン主義

ヘルメス主義予言レトリカformare/informare

 

史料

古代・中世  中世思想原典集成『中世雑報』古代テクストの受容カタログ CTC

ルネサンス・バロック文化  新刊基本文献叢書論集ヨーロッパ知的辞書16-17世紀の哲学と科学」

国別・土地  ゲント低地地方プロジェクトGリェージュポーランド