説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

ごくごく個人的な「本」日記

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hermes.JPG

 

読書と研究の進み具合をつれづれなるままに記していこうと思います。

ウチの郵便受けの口は小さいものですから大きめの郵便物は入りません。
本が届く日は、郵便配達人の押す呼び鈴で荒々しく目を覚まされるのが日常です。

 

初心者の部屋BHの本キンドルミクロコスモス』|僕の本第2著作知のミクロコスモス

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hirai.JPG  説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos2010.jpg    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\mhnp_cover1.jpg

 

最近の集中的な話題!

 

プロフィール日本学術振興会賞アカデミアフェイスブックツイッター動画BHサロンヘルプ!サポート

初心者の部屋 ブックフェアメイトアデプトアダムクニカズ大橋喜之コレクション知のミクロコスモス

メルマガ詳しく)|BH 叢書エミーキクパラトニージオコスモスボッティチェリ普遍史レトリック

 キリシタンの世紀』 と JARS 正式サイト東大・集中講義UPリレー連載平岡南蛮ブックガイドポーランド

 

2017. 11. 23

  月曜日のペンシルヴァニア大学での講演会にきてくれた研究者たちの幾人かと、初期近代についての読書グループを立ちあげようと話しています。僕としては、ESM 誌での占星術についての特集号をたたき台したら、とても面白いだろうなと思っています。お楽しみに!

 

  オックスフォード大学出版からガレノスについてのハンドブックを出すので、17世紀の哲学や科学におけるガレノスについての議論をめぐる一章を寄稿して欲しいと依頼されました。月曜日の講演会で、ガレノス研究がもりあがってきているという話をしたばかりなので、偶然ではありますが、どこかで呼応しているかのタイミングです。17世紀というシバリがあるので、できるか分かりませんが、締め切りは来年12月末ということで、似たような話を10月末のガレノス会議ですることになっているので、それをまとめれば可能かもしれません。

 

 

2017. 11. 22

  月曜日の講演会でエネルギーを使い果たしたのか、カゼをひいたのか、昨日は一日なんとなく体調が良くなかったのですが、なんとか復調しました。ESM 誌での占星術特集号のためのイントロの版組がとどきましたので、アップしました。こちらから、無料でダウンロードできます。この刺激的な特集号をお楽しみに!

 

  午後は、エリザベトの原稿から最終節をチェックしました。もう一回とおして見直してから、話しあいます。

 

 

2017. 11. 21

  昨日の講演会は、近現代の社会学的なアプローチを得意としている人たちの前での講演ということで、数日前からかなりのプレッシャーを感じていたのですが、僕の本や論文を読んだことある人たちが幾人も会場にきていて、とても良い感じでできたと思います。とても良い経験をしました。短すぎることを気にしていたのですが、15くらいオーヴァーしてしまいました。

 

  朝起きて、カズ君の原稿の最初の2セクションと今後の作業について、30ほど話しあいました。この調子でつづけます。

 

  インスブルックの件は、ヴェネツィアの国際会議が25日(木)・26日(金)なので、その前の23日(火)を提案しました。水曜日に電車で4時間かけてイタリアに移動する予定です。

 

 

2017. 11. 20

  昨日まとめた講演のあら筋を、なんとかパワポに落しこみました。あいかわらず茶目っ気のないドライなパワポですが、本質だけ伝われば良いかなと思っているので、お許しを。明日は15時に主催者と待ちあわせして、15時半から本番です。明日の午前中(日本時間の21時など)にでも、リハーサルをしようかなと思っています。オンラインで聞くのにつきあってくれる方は、いませんか?45の講演です。

 

  来年10月末にヴェネツィアで予定されている国際会議 『初期近代におけるガレノス主義』 のコールが出されました。基調講演をするために招待されていますが、僕の名前を見つけた人たちから早速のリアクションをいただきました。なかでも森口さんは、主催者マッテオのお友達のようです。世界は本当に狭いですね!

 

  もうひとつのリアクションは、オーストリアのインスブルックからで、国際会議の前か後にインスブルックで講演してくれという招待でした。これは、ありがたくお受けしようと思います。忙しくないときに旅費をカヴァしてもらえるお仕事は、歓迎です。

 

 

2017. 11. 19

  日記の記述が一日分先行しています。今日こそは、本腰を入れて講演を準備したいと思います。ペーパーを読まない英語での講演は初めてなので、かなりのプレッシャーを感じています。

 

  カズ君の原稿についてのフィードバックを火曜日の朝(日本の夜)におこなうことにしました。今回は、セクション1と2です。

 

 

2017. 11. 18

  なぜか、今年6に出版されたナンシーさんを記念する国際論集が、もう一冊送られてきました。医学史についての論考群とともにトニー(グラフトン)やアン(ブレア)も参加しているので、インテレクチュアル・ヒストリー研究の最前線をみることができると思います。欲しい人はいますか?

 

  ベルリン会議からの国際論集は、『初期近代プロテスタント大学における自然の知識とアリストテレス主義Natural Knowledge and Aristotelianism at Early Modern Protestant Universities という題名で Harrassowitz 書店から出されるようです。基本はすべての論考が英語で、来年の4が寄稿の締めきりだそうです。普段から英語で書いてない方々もいるので、最終的にはドイツ語の論考も何本か入るような気がします。僕としては、いま忙しすぎますし、急いで論文を出す必要はないので、今回は寄稿をスキップしようかなと思っています。

 

 

2017. 11. 17

  今年はとても忙しくて、キンドル版の新作を出せていないことに気がつきました。最新作は、タロットについてのクリストフのインタヴュでしたから、20168の発表です。ずいぶん前のことになります。今年はまた、読書会も開けなかったなとしきりに反省しています。

 

  年頭はベルギーのBH本館をたたみ、渡米のためのヴィザ申請とワシントンでの研究滞在、そして夏のあいだは充電のために深く潜行していました。秋口から各種の作業にとりかかっているのですが、まだまだ遅れをとり戻せていません。

 

  ピュアに気持ちの問題なのですが、どうも月曜の講演会の作業に入れません。

 

 

2017. 11. 16

  来週月曜日の午後に、近くのペンシルヴァニア大学で講演会をするのですが、どういう方向で話をしようか迷っています。僕の話を45、その後に45の質疑があるようです。提出してある論題は、「科学革命の医学てきなコンテクスト “The Medical Context of the Scientific Revolution” です。要旨もないのですが、告知はこちらです。

 

 

2017. 11. 15

  ギリギリまでかかりましたが、なんとかカリフォルニア関係の書類を提出できました。ふう。

 

  ルネサンス学会の会員費とニューオリオンズ大会の参加費を払いこみました。大会は来年の3月です。旅程などを考えています。帰りは飛行機ではなく、30時間くらいかかるようですが、夜行列車に乗ろうかなんて考えています。

 

 

2017. 11. 14

  さあ、ついにブックガイド計画からのウェブ連載、その2として久保田静香さんによる『本の都市リヨン』の紹介が工作舎のサイトに公開されました。こちらです。どうぞ、お楽しみください!

 

 

2017. 11. 13

  カズ君の原稿の12をチェックしました。お互いのタイミングの良い時間をみつけてコメントしつつ、第3節以降の作業をすすめたいと思います。

 

 

2017. 11. 12

  ESM 誌での占星術特集のためにイントロを準備していたわけですが、無事に版組のプロセスに入りました。それほど長い時間はかからずに校正刷が出てくるでしょう。あとは15が締めきりとなっている、ダレル(ラトキン)の寄稿が本当に間にあうかです。特集号の布陣としては、なんとか間にあって欲しいところです。

 

  今日はブックガイドの寄稿を2本ほどチェックしました。どんどん集まってきています。

 

 

2017. 11. 11

  ブックガイドへの寄稿から8をチェックして、寄稿者に送りかえしました。なかでも菊地原君による連作6は、他に比肩するものがない世界をつくりあげています。まさに、本のなかにあるミクロコスモスです。

 

工作舎のウェブ連載がはじまってから、ブックガイドへの寄稿数も伸びています。とても良い感じです。そして来週火曜日には、第2弾となる久保田静香さんによる『本の都市リヨン』の紹介がお披露目されます。もう版元には残部どころか、書影すらも残っていないようですが、これを機会にとなった名著の文庫化などが進むと嬉しいです。

 

 

2017. 11. 10

  ESM 誌での占星術特集号のために、イントロの原稿をチェックして編集に送りかえしました。これで作業は終わりです。あとは来年頭の出版を待つだけとなりました。ダレルの原稿が締めきりに間にあえば、特集号は5のピースから構成されることになります。どれもが、あの感動的な国際会議で発表されたオリジナルな研究成果です。僕としても今年後半の大きな収穫となりました。BH ファンの皆さまに一足早く、イントロの原稿だけお見せします。

 

 

2017. 11. 9

  もういちど原稿の全体を見直し、15時から1時間ほどコメントしました。あと残るは3の結論部となる数頁です。だいたい1週間で原稿をくれるという約束です。

 

 

2017. 11. 8

  今日はずっと待たせているエリザベトの論考の2をチェックしました。これを返しつつ、コメントすれば、残りは結論部となる3だけとなります。最初のヴァージョンでは23あったものが、15くらいで収まるようになりそうです。まあ、それほどまでに脱線無駄なデータを書きなぐっていたということですね。本来なら、こうした作業をアダム君やクニ君のときのように博論の初期の段階でするべきでしたが、彼女の性格もあり、なかなか機会がもてないでいました。

 

  夕方に、占星術特集号のためのイントロの言語チェックが帰ってきました。それほど大きな直しはなく、1箇所だけ分からないところをクレアに聞けば OK だと思います。あんがい簡単でした。ふう。出版されるのは、来年2ごろかなと思っています。

 

 

2017. 11. 7

  午前中は、新しいテレジオ論集の編者ピエトロに分からないところを質問して、その返事にしたがって作業をし、完成した最終原稿を送りだしました。これでひと山を越しました。

 

  どうやら、2005に出版された1著作が、ついに売り切れたようです。去年はどうだったのか確認してませんが、一昨年はまだ入手可能でした。だいたい足かけ12かかりましたね。なんだか、ちょっとした感慨があります。

 

 

2017. 11. 6

  今日は本格的な書類の準備をはじめ、そのあとにテレジオ論文の最終チェックをおこなうことができました。2つほど英語について確認し、書式についての1点は編者であるピエトロの判断にゆだねます。あらためて英語版をとおして読んでみると、簡にして要という感じで怪しい色つやはないものの、われながらキッチリとした仕事にしあげられたなと思います。この論集は来年中には出版されるのではないでしょうか?

 

 

2017. 11. 5

  かなり疲れていたのか、時差ボケか、お昼まで眠ってしまいました。> その後も本調子とはいえず、体勢を整えることに集中することにしました。

 

 

2017. 11. 4

  這う這うの体で家に帰ってきました。もう寝ます!

 

 

2017. 11. 3

  16時のフライトで帰ります。

 

 

2017. 11. 2

  家に帰ったら、15が締め切りの書類を仕上げ、締め切りを1週間のばしてもらったテレジオ論文を送りだします。

 

 

2017. 11. 1

  書類に必要な3人のレフェリーも決まりました。これでゴーサインがでました。

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos100301.jpg

 

Renaissance Quarterly RQ

Isis

Early Science and Medicine ESM

Annals of Science

Bruniana & Campanelliana B&C

Journal of the History of Ideas JHI

Micrologus

Olschki

Chemical Heritage Foundation CHF

 

2016

010203040506070809101112

0102030405060708091011月|12月|

 

 

 

サイトマップ
トップホームプロフィール今後の予定僕の本関連出版物ウォンテッドヘルプ!放出品映画

BHメイトアデプトラテン語講読ミーティングディープ・ゼミメガ・シンポセミナー 『人間とコスモス』

変成・消化・想像@ベルリン夢の饗宴知の饗宴初心者セミナー 『科学革命を読む』

2013年末研究会2014真夏の研究会

 

アストラル・ボディ魔術の帝国ヴィンテージ

海外研究生活ソロ・ライヴリスト・マニアミクロコスモスアロマファン・ヘルモント協会

温故知新オールタイム・ベスト低地地方セネカ論文のアルスリスト・マニアCTC

ティマイオスプロクロスガレノスアヴェロエスアヴィセンナカンパネラライプニッツ

想像力能動知性怪物自然宇宙神学古代神学パドヴァ霊魂論コズミック・ヒート

 

スペインの AZOGUE 誌のブック・オヴ・ザ・イヤー賞フランス医学史学会の第一回スルニア賞、そして

日本学術振興会賞を受賞!

                                                                                                      

 

ワールド・ワイド

リェージュゲントナイメーヘンボルドートゥールリールパリリヨン

ヴェローナ&ロンドンバークベックラヴェンナマドリッドヴェネツィアケンブリッジベルリンバルセロナ

アメリカワシントンカリフォルニアニューヨークフィラデルフィアモントリオールサンディエゴピッツバーグ

 

ラリービルアントニオディディエナンシージェルマーナ

 

フィチーノフラカストロフェルネルパラケルスス論文デュシェーヌクロルガッサンディ

医学と科学革命もう一人のガレノスレオニチェノシェキウスゲマリチェティゼンネルト

フォルチューナボイルキルヒャーテレジオリプシウスフィエヌスガファレル占星術と医学

 

ツール&企画&計画

雑誌ツール本屋リンク集訪問者壁紙特製Tシャツ特製Tシャツ2003

 

アーカイヴ

初心者の部屋おすすめ新ヘルメス通信新刊案内自然魔術・カバラ占星術宇宙論10年に1冊の重み

目撃者を探せ!中世思想原典集成パーゲル薔薇十字会神秘主義ヘルメス主義テーマ別温故知新

古代ギリシアのアリストテレス注解アラビカ中世『中世雑報』地下世界の自然学カルダーノ計画

榎本美恵子 トリビュート

 

パトロナージルドルフ2世とその宮廷イタリア

 

パラケルスス

パラケルスス『奇蹟の医の糧』書評パラケルスス論文ウェブスター書評錬金術とジェンダー

 

博論のときから入手をあきらめていた錬金術

化学劇場通史動向総合文献隠れた名著クリソペア研究者ギリシアアラビア錬金術ポスト・ディーバス

 

生命と身体

医学史生物学史ガレノスヒポクラテス予言怪物論コズミック・ヒート医学とレトリック不老長寿

前成説、後成説、前在説

 

プラトン主義

プラトニカカルキディウスアルベルトゥスピカトリクスアーバノのピエトロクザーヌスカルダーノアグリッパ

 

アリストテレス主義

Edward P. Mahoney|パドヴァ|アヴィセンナアヴェロエス

 

低地地方

ネーデルランドリェージュ低地地方ゲントプロジェクトGゲマリプシウス

 

国内向け作品

『思想』論文『奇蹟の医の糧』書評魔術の帝国

 

ワールド・ワイド

フィチーノフェルネルもう一人のガレノスデュシェーヌゼンネルトガッサンディフォルチューナボイルフラカストロ

レオニチェノシェキウスパラケルスス論文ボイル 2リチェティキルヒャー

 

 

国際会議&遠征

国際会議ヴェローナ&ロンドンバークベックボルドーナイメーヘンニューヨーク&フィリー

パリトゥールマドリッドHABサマー・スクール

 

用語集

プネウマクラシスアニマとアニムスコルコデア&アルココデン形相付与者自然能動知性formare/informare

特殊形相エリクシル形成的自然想像力遠隔作用オカルト質

 

 

ルネサンス・バロックの科学文化

新刊案内総合基本文献専門雑誌叢書テーマ別論集ヨーロッパ知的辞書叢書「16-17世紀の哲学と科学」
|建築史|
人文主義|アカデミー|アリストテレス主義|宗教改革|百科全書|自然の劇場|音楽と魔術