説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

ごくごく個人的な「本」日記

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\slim_line_02_m.gif

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hermes.JPG

 

読書と研究の進み具合をつれづれなるままに記していこうと思います。

ウチの郵便受けの口は小さいものですから大きめの郵便物は入りません。
本が届く日は、郵便配達人の押す呼び鈴で荒々しく目を覚まされるのが日常です。

 

初心者の部屋BHの本キンドルミクロコスモス』|僕の本第2著作知のミクロコスモス

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\hirai.JPG  説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos2010.jpg    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\mhnp_cover1.jpg

 

最近の集中的な話題!

 

プロフィール日本学術振興会賞アカデミアフェイスブックツイッター動画BHサロンヘルプ!サポート

初心者の部屋 ブックフェアメイトアデプトアダムクニカズ大橋喜之コレクション知のミクロコスモス

メルマガ詳しく)|BH 叢書エミーキクパラトニージオコスモスボッティチェリ普遍史レトリック

科研費 『キリシタンの世紀』 と JARS 正式サイト東大・集中講義UPリレー連載平岡南蛮ブックガイド

 

2017. 5. 27

  ワシントンにきてから早くも2か月が経過しようとしていますが、やっとのことで、なんとなくゼンネルトの議論のツボが見えてきた気がします。今回はすごく時間がかかっています。ベルリン会議まであと3週間となり、ちょっと焦ってますが、もうちょっと見えてきたところで、発表用に30分ヴァージョンを切りだそうと思います。

 

 

2017. 5. 26

  R 君の RSA 用の発表要旨を午前中に添削したので、あとはクレアに見てもらいます。> それが帰ってくる前に、僕の気づいたことを説明する 「論述のアルス」 を、久々に30分ほどオンラインでおこないました。メール以外でまとまった欧文を書くのは、これが初めてだと思われますが、それにしては良くできている方だと思います。説明した留意点を次回に活かしてくれれば、ぐっと成長するでしょう。活かすも活かさないも受け手のこころもち次第ですね。

 

 

2017. 5. 25

  午前中に、ブックガイド計画のための書式についての説明文をチェックして送りかえしました。寄稿予定の皆さんには、明日にはレイアウト見本とともに送りだされると思います。

 

 

2017. 5. 24

  ナンシーさんに論集をプレゼントする会が、63にニューヨークで行われるそうなので、それに参加する方向で調整しています。カルフォルニア在住の編者ギデオンではなく、トニー(グラフトン)とアン(ブレア)が音頭をとっているということです。> 13時半前にブルックリンにあるナンシーさんの家に集合ということになりました。早速のところワシントンからの移動方法を探して、10のフライトで1140に到着する便にしました。空港からは地下鉄で40から1時間くらいです。

 

 

2017. 5. 23

  今日は18時半から、フォルジャーで新たにはじまる展覧会のためのレセプションがありました。

 

  連日ここで紹介しているナンシーさん記念論集は、すでにフィラデルフィアに届いているという気配です。すぐに手にとれないのが残念なところです。ナンシーさんの自伝がついた編者たちのイントロ PDF を無料でダウンロードできます。こちらです。

 

 

2017. 5. 22

  あっというまにアメリカに帰る日となりました。乗り換えがあるので、旅程は長くなると思います。

 

 

2017. 5. 21

  今日は、素晴らしい一日でした。詳しくは、プライヴェート版ブログの記事をおまちください。

 

  木曜日に提案したことを M さんがすぐに実行したので、素晴らしいフットワークだと感心しました。

 

 

2017. 5. 20

  メキシコ滞在については、プライヴェート版ブログにあげる記事をお楽しみに。

 

 

2017. 5. 19

  今日からメキシコにいってきます。月曜の深夜に帰ります。

 

 

2017. 5. 18

  昨晩は、ワシントンに遠征にきている気鋭 M さんと夕飯をいただきながら、について語りあいました。楽しかったです。こんどラジオ対談をすることになりました。お楽しみに!

 

 

2017. 5. 17

  寝ておきたら、昨日ここで書いたナンシーさん記念論集の電子版が出版されていました!と同時に、ラテン語の引用で2カ所ほど誤植を残しました。これは完全オンライン校正の怖さですね。

 

  何回かの微調整を重ねて、はれてブックガイド記事見本もできあがりました。寄稿者のみなさんに、寄稿上の留意点とともに配られる予定です。

 

  あらたに開設したリサーチ・マップのアカウントにデータをいれています。論文は近年のものだけで半分ほどです。ほかにも忘れているアイテムがあるかもしれませんので、まだ完全ではありません。こちらです。

 

 

2017. 5. 16

  スプリンガー書店から、ナンシーさん記念論集の発送先についての確認メールがきました。もちろんステータスはまだ出版準備中ですが、おやっと思ってカタログ頁にいってみると目次がアップされていました。全部で10のようです。いまの段階では、711日にまず電子版が出されるようですが、これは早まるかもしれません。僕のフィエヌス論文は、211-225と決まったようです。

 

 

2017. 5. 15

  今週末にメキシコにいくのですが、行の便がアップデートされたという知らせを受けました。久しぶりです。アカウントをつくっただけで、中身を入れていなかった ORCID リサーチ・マップを更新しました。時間をみつけて徐々に充実させていきます。

 

 

2017. 5. 14

  今日はスローな動きでいきます。

 

 

2017. 5. 13

HAB には所蔵のマイクロフィッシュから画像ファイルをつくるサーヴィスがあることを、オキ君から教えてもらいました。1ショットで50セントなので、50ショットで25ユーロといったところ。それを試してみることにします。普通のスピードで4週間ほどだそうです。

 

 

2017. 5. 12

  いろいろな方面を探しているのですが、どうしても確認できていない2点は、ドイツの HAB にしかみつかりません。おそらく二つがセットで印刷されたのではないかと想像しています。

 

Johannes Freitag, Disputatio medico-philosophica prior de principiis rerum naturalium (Groningen, 1633)*

 

Johannes Freitag, Disputatio medico-philosophica posterior de principiis rerum naturalium (Groningen, 1633)*

 

 

2017. 5. 11

  もともとフライターグは、キミア自体を評価しています。彼の批判は、セヴェリヌスによるパラケルススの解釈、そしてそれをうけついだと彼が見ているゼンネルトです。最初の学生の討論は、まだ穏やかなものですが、二人目・三人目からはタイトルからしてすでに攻撃性をましています。

 

 

2017. 5. 10

  日記の記述が一日遅れています。今日は大雨だったので、家で作業することにしました。

 

  フライターグの著作をいろいろ調べています。データが錯綜していましたが、だいぶ分かってきました。なかでも * をつけたものは彼の学生による討論で、体系的にゼンネルトの批判をおこなわせています。最後のアイテムは、一連の作業の集大成といえるもので、6名の学生の討論をおさめています。図書館のカタログではフライターグの名前で登録されているので、なかなか分かりづらいものでした。最初の3点については内容をおいましたが、残りの2点についてはどうしても電子版が入手できません。

                         

- Noctes medicae, sive de abusu medici tractatus (Frankfurt, 1616)

 

- Aurora medicorum Galeno-chymicroum, seu de resta purgandi methodo e priscae sapientiae decretis postliminio in lucem reducta, et medicamentis purgantibus… tam veterum quam neotericorum et chymistarorum (Frankfurt, 1630)

 

(Conrad Walther) Disputatio medica, calidi innati essentiam juxta veteris medicinae et philosophiae decreta explicans, opposita neotericorum et novatorum paradoxis (Groningen, 1632)*

             

(Jacob Martin) Disputatio medica de morbis substantiae et cognatis quaestionibus contra hujus tempestatis novatores et paradoxologos (Groningen, 1632)*

             

(Heinrich Welman) Disputatio medico-philosophica de formarum origine quam adversus venerandae antiquitati repugnantem neotericorum doctrinam (Groningen, 1633)*

             

(Wilhelm Heinrich Cras) Disputatio medico-philosophica prior de principiis rerum naturalium (Groningen, 1633)*

 

(Jacob Martin) Disputatio medico-philosophica posterior de principiis rerum naturalium (Groningen, 1633)*

 

- Novae sectae Sennerto-Paracelsicae recens in philosophia et medicinam introductae (Amsterdam, 1637)*

 

 

2017. 5. 9

  なぜピエール・ベールの記念碑的な 『歴史批評辞典』 (有名な第5版は1740年)にゼンネルトについての記事があるのか、むかしから不思議に思っていました。まあ、彼が17世紀の科学・医学におおきな影響を放っていたのはたしかです。でも、それは近年になって再確認されたことで、それだけではない気がします。神学論争に巻きこまれたからというのも、考えられます。でも、そういう人物なら沢山いるはずです。

 

  感知できないオカルト性質についてのゼンネルトのテクストを読んでいるうちに、ふといつの間にか旧約聖書の『創世記』にあるヘブライ語をめぐる議論に引っかかり、昨日から今日にかけてずっと彼を批判したフライターグの論争書を検討していました。この本は6部構成ですが、彼の監修のもとに別々の人物が執筆しているようです。彼の友人や生徒ということだと思います。そのなかの一人はゼンネルトの『創世記』の解釈を問題にしていますが、カトリックプロテスタントの両方のソースを使いながら神学的に踏みこんだ議論をしています。なるほど、これに応答するかたちで、ゼンネルトは聖書のヘブライ語をめぐる解釈に踏みこんでいくのですね。少しだけ話が見えてきました。まだ継時的な問題など、わからない部分はいろいろあります。

 

 

2017. 5. 8

  午前中はベルギー関係で書類のスキャンなどをキンコーズでしました。午後は、リチャード(ブルム)夫妻とアフリカ系アメリカ博物館を見学してから、ワシントン近郊の人たちでつくるスピノザ協会のミーティングに参加しました。スピノザの神の概念って、とてもアメリカ的なテーマなのだと実感しました。ユダヤ教キリスト教の背景をもつ人間が緊密に交錯し、そこに科学者・数学者、そしてフェミニストの意見が加わったりして、議論はつきないものでした。僕たちは電車の都合もあり、残念ながら途中で退席しました。

 

 

2017. 5. 7

  昨日の議論の場所は、ゼンネルトの他の著作でも再利用されていることが分かりました。この著作というのは、どうやら生前には発表されなかったもので、持論を容認してくれる各地の新教派の神学校から送られた手紙群から構成されています。とくに僕の気になる部分は、『創世記』のヘブライ語の解釈についての議論です。

 

  17世紀初頭のドイツで動物の発生について議論している医学者が、言いがかりをつけられたことから、持論を正当化するために旧約聖書のヘブライ語の解釈をはじめるなんて、なんだか 『テクストの擁護者たち』 のなかで見かけたような展開になってきました。僕にとっては超絶に面白いのですが、問題はこれをどうやって面白味が分かるように他の人にむかって語るかです。

 

 

2017. 5. 6

  昨日にひきつづき、関連する部分に言及されている神学者のユニウスについて、いろいろ調べています。けっこう多作家ですが、旧約聖書の研究家で『創世記』の注解をいくつか書いています。どうやらそのうちのひとつが、ゼンネルトのソースのようです。> 苦労のすえに引用箇所をなんとか同定できました。

 

 

2017. 5. 5

  早朝に大嵐があって、朝はいろいろなところに影響が出ているような気がします。

 

   いまの作業をはじめて1ヶ月たちますが、やっとのことでエンジンがかかってきています。とくに今日の午後は、なんだか良くわからない部分にひっかかっていました。ゼンネルトには珍しく、旧約聖書にでてくるヘブライ語についての解釈を議論するくだりがあるのです。気にしなければ、パッと過ぎていってしまうような部分ですが、なんだか気になります。

 

 

2017. 5. 4

  日本は連休なのでブックガイド計画の議論は、時差の関係で1日1回のメールのやりとりだけで進んでいます。おもにレイアウトなどについて、話しあっているのですが、いくつか決まったこともあります。30くらいまでは、出版前に電子版が先行公開されます。また一番できの良いものには、賞金つきの特別賞を授与します。

 

 

2017. 5. 3

  リェージュの住民登録をぬく作業のために、ワシントンにあるベルギー領事館にいっていきました。受けつけの人に丁寧な説明をうけて出直しです。やっぱり、ここもベルギーでした!

 

  スプリンガー書店のカタログに、偉大なるナンシーさんを記念する国際論集 『医学史における教授、医師、そして実践Professors, Physicians and Practices in the History of Medicine: Essays in Honor of Nancy Siraisi, ed. Gideon Manning et al. (Springer, 2017) データが入りはじめました。アマゾンでも予約できるようです。紙ヴァージョンは7の予定ですが、電子版は5に出ると聞いています。

 

 

2017. 5. 2

  週末のあいだずっと花粉症に苦しめられたので、どうも疲労がたまっていたようです。比較的に影響の少ないワシントンに戻ってきてからも、今朝は起きられませんでした。

 

 

2017. 5. 1

  今日はフィラデルフィア滞在の最終日ですが、花粉症の症状が激しいのでスローな動きでいきます。ところで、『ピカトリクス』 邦訳版は、アマゾンのヨーロッパ史一般のランキングで3という驚くべき健闘をみせておりますね。これは素晴らしい。

 

  ゴールデン・ウィークのただ中ですが、工作舎のブックガイドに収録する記事のレイアウト案が、ついに送られてきました。細部を詰めて、縦組み・横組みの問題や記事の文字数、そのたの補助項目の文字数とレイアウトを、はやめに決定したいと思っています。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\hhirai\Dropbox\bh\microcosmos100301.jpg

 

Renaissance Quarterly RQ

Isis

Early Science and Medicine ESM

Annals of Science

Bruniana & Campanelliana B&C

Journal of the History of Ideas JHI

Micrologus

Olschki

Chemical Heritage Foundation CHF

 

2016

010203040506070809101112

0102030405月|06月|07月|08月|09月|10月|11月|12月|

 

 

 

サイトマップ
トップホームプロフィール今後の予定僕の本関連出版物ウォンテッドヘルプ!放出品映画

BHメイトアデプトラテン語講読ミーティングディープ・ゼミメガ・シンポセミナー 『人間とコスモス』

変成・消化・想像@ベルリン夢の饗宴知の饗宴初心者セミナー 『科学革命を読む』

2013年末研究会2014真夏の研究会

 

アストラル・ボディ魔術の帝国ヴィンテージ

海外研究生活ソロ・ライヴリスト・マニアミクロコスモスアロマファン・ヘルモント協会

温故知新オールタイム・ベスト低地地方セネカ論文のアルスリスト・マニアCTC

ティマイオスプロクロスガレノスアヴェロエスアヴィセンナカンパネラライプニッツ

想像力能動知性怪物自然宇宙神学古代神学パドヴァ霊魂論コズミック・ヒート

 

スペインの AZOGUE 誌のブック・オヴ・ザ・イヤー賞フランス医学史学会の第一回スルニア賞、そして

日本学術振興会賞を受賞!

                                                                                                      

 

ワールド・ワイド

リェージュゲントナイメーヘンボルドートゥールリールパリリヨン

ヴェローナ&ロンドンバークベックラヴェンナマドリッドヴェネツィアケンブリッジベルリンバルセロナ

アメリカワシントンカリフォルニアニューヨークフィラデルフィアモントリオールサンディエゴピッツバーグ

 

ラリービルアントニオディディエナンシージェルマーナ

 

フィチーノフラカストロフェルネルパラケルスス論文デュシェーヌクロルガッサンディ

医学と科学革命もう一人のガレノスレオニチェノシェキウスゲマリチェティゼンネルト

フォルチューナボイルキルヒャーテレジオリプシウスフィエヌスガファレル占星術と医学

 

ツール&企画&計画

雑誌ツール本屋リンク集訪問者壁紙特製Tシャツ特製Tシャツ2003

 

アーカイヴ

初心者の部屋おすすめ新ヘルメス通信新刊案内自然魔術・カバラ占星術宇宙論10年に1冊の重み

目撃者を探せ!中世思想原典集成パーゲル薔薇十字会神秘主義ヘルメス主義テーマ別温故知新

古代ギリシアのアリストテレス注解アラビカ中世『中世雑報』地下世界の自然学カルダーノ計画

榎本美恵子 トリビュート

 

パトロナージルドルフ2世とその宮廷イタリア

 

パラケルスス

パラケルスス『奇蹟の医の糧』書評パラケルスス論文ウェブスター書評錬金術とジェンダー

 

博論のときから入手をあきらめていた錬金術

化学劇場通史動向総合文献隠れた名著クリソペア研究者ギリシアアラビア錬金術ポスト・ディーバス

 

生命と身体

医学史生物学史ガレノスヒポクラテス予言怪物論コズミック・ヒート医学とレトリック不老長寿

前成説、後成説、前在説

 

プラトン主義

プラトニカカルキディウスアルベルトゥスピカトリクスアーバノのピエトロクザーヌスカルダーノアグリッパ

 

アリストテレス主義

Edward P. Mahoney|パドヴァ|アヴィセンナアヴェロエス

 

低地地方

ネーデルランドリェージュ低地地方ゲントプロジェクトGゲマリプシウス

 

国内向け作品

『思想』論文『奇蹟の医の糧』書評魔術の帝国

 

ワールド・ワイド

フィチーノフェルネルもう一人のガレノスデュシェーヌゼンネルトガッサンディフォルチューナボイルフラカストロ

レオニチェノシェキウスパラケルスス論文ボイル 2リチェティキルヒャー

 

 

国際会議&遠征

国際会議ヴェローナ&ロンドンバークベックボルドーナイメーヘンニューヨーク&フィリー

パリトゥールマドリッドHABサマー・スクール

 

用語集

プネウマクラシスアニマとアニムスコルコデア&アルココデン形相付与者自然能動知性formare/informare

特殊形相エリクシル形成的自然想像力遠隔作用オカルト質

 

 

ルネサンス・バロックの科学文化

新刊案内総合基本文献専門雑誌叢書テーマ別論集ヨーロッパ知的辞書叢書「16-17世紀の哲学と科学」
|建築史|
人文主義|アカデミー|アリストテレス主義|宗教改革|百科全書|自然の劇場|音楽と魔術