音源情報
Guy Clark
ガイ・クラークが6月30日に4年ぶりのアルバムを発表しました。
ホームページもリニュアールし、ニューアルバム"My Favorite Picture Of You"の全曲を聞くことの出来るページがあります。また、"MUSIC"にはこれまでのアルバムのミュージックサンプルがあります。(現在、フルバージンが聞けるようです。)

Rhonda Vincent
ロンダ ・ヴィンセントが,1月28日にリリースした"Only Me"の中から、2曲サンプルを公開しています。
アルバム全体としてはカントリー色が強いかな?
(2014年2月15日)

Sam Bush
ホームページがリニューアルしました。
SAM BUSH TVもそのまま楽しめます。また、Sum Bushの動画を集めたYouTubeへ入りやすくなっています。

Patty Loveless
今年9月末に発表したアルバム"MOUNTAIN SOUL II"からフルバージョン4曲。

  "Busted"
  "A Handful Of Dust"
  "Half Over You"
  "When the Last Curtain Falls"

*いきなり曲が流れます。

Nanci Griffith
2012年2月20日に発表した20番目のアルバム"The Loving Kind"からフルバージョン2曲。

  "Never Going Back"
  "Hell No (I'm Not Alright)"
ナッシュビルにある彼女の自宅のスタジオで録音。(2014年2月15日)

更新案内
Aston Villa
IBMMのTシャツバリエーションが増えました。また、ナイジェル・ケネディがステージで着ているプレミアリーグ "アストンヴィラ"のユニフォームが増えました。ぜひ一度ご覧下さい。

My Instrumentの中に新しくマクファーソンギタースタイルのウクレレが増えました。めずらしいと思います。音もなかなかかと思います。ぜひ一度ご覧下さい。

YouTube
"YouTube 再生リスト"
My Favorite/Songsの中に新しく"YouTube 再生リスト"コーナーを設けました。私がYouTubeの中で、最近見たお気に入りの動画を再生リストとして紹介しています。
■YouTube内での"再生リスト"すべてのテーマ
Cara Dillon / Emmylou Harris / Fiddle Lesson / Fiddlers / Guy Clark / Israel "IZ" Kamakawiwo'ole / Kenny Baker /Mark O'Connor / Nanci Griffith / Natalie MacMaster / Sam Bush / St. Anne's Reel / The John Cowan Band / Tim O'Brien
また、その中の■Bluegrass Fiddlerお気に入りの動画をこのページ内でご覧いただけます。




ちょっと気になる
ミュージシャン (2007.03.25)
へーニー・キャッセルHanneke Cassel
へーニー・キャッセル
(アメリカ/ボストン)


Hanneke Casselはボストンを中心に演奏活動をしています。スコティッシュスタイルに近いフィドルを聴かしてくれます。

私のお気に入りの曲は
" Some Melodious Sonnet " の中から
 ・A Shadow and a Thought
 ・Mothers of the Disappeared
 ・Fonix
" Silver " の中から
 ・Leaving Jp
 ・Silver
" Many Happy Returns " の中から
 ・Daybreak
 ・Arthur's Seat set

彼女が8歳の時に、オレゴン州オーフォードでクラシックバイオリンを演奏し始めた。
彼女が10歳でテキサススタイルのフィドルコンテストに出場した時に、ポートランドベースドフィドラー「キャロルアン」に出会った。彼女はすぐにクラシックをやめ、キャロルアンのレッスンを受け始め、そして北西中のコンテストに参加し始めました。
数年後、キャロルアンは彼女にあるスコットランドの調子を学ぶために励ました。
1991年に、彼女はポートランドで行われるロンビア-太平洋スコットランドのバイオリン・コンテストに中で参加しました。
彼女はジュニアのコンテストに勝ち、ニューハンプシャーのアメリカ国際スコットランドジュニア選手権で優勝する年が続いた。
この優勝により、Skye(有名なスコットランドのフィドル奏者アラスター・フレーザーとケープ・ブレトン支配者バディ・マックマスターをもつスコットランド)の島で勉強する奨学金は、この名誉とともに来ました。
これらの二人は、速く彼女のバイオリン・ヒーローになって、今日まで彼女の音楽に影響を与え続けます。
彼女の10代の年の夏は、スコットランド、ナッシュビルのマーク・オコナー・フィドル・キャンプとカリフォルニア・アラスターバレーのムーンフィドルスクールで過ごした。
ストリング奨学金でバークリー音楽院に通うために1996年、ボストンに引き起こした。
彼女は2000年に卒業し、ボストン音楽場面のアクティブメンバーであり続ける。
彼女はバークリー音楽院からのバイオリンの学士を得て、アメリカ、スコットランド、スウェーデン、中国、ニュージーランド、フランス、イギリスおよびオーストリアの全域で教えました。 彼女はソロ活動に加えて、 The Cathie Ryan Bandでプレーして、ボストンに拠点を置くバイオリン・バンドChildsplayとHalaliのメンバーです。


1998 バークリー音楽院ストリング部賞
1997 アメリカ国民的スコットランド・フィドル・チャンピオン
1996 オレゴン州テキサス-スタイル・フィドル・チャンピオン
1996 バークリー音楽院アメリカ学問旅行賞
1992, 1994 アメリカ国民的ジュニアスコットランドのフィドル・チャンピオン

詳しくはオフィシャル・サイト"Hanneke Cassel"をご覧ください。
ホームページでは4枚のアルバムのサンプル・オーディオを楽しむことができ、最新アルバム「Silver」では iTunes Store で1曲単位で購入することができます。 また、"myspace"では現在 "Silver" "Fonix" "Arthur's Seat set" の3曲を聴くことができます。1〜2カ月で掲載する曲が変わることがあります。

"ちょっと気になるミュージシャン" Back Numberを"Extra"の中に設けましたので、ご覧ください。