戸隠P1尾根

                                                                  藤田、森本

20001229日−31

秋には偵察までした、気合の入った計画であったはず...

しかし二人とも腰の状態に不安をかかえ、また予想以上の積雪量の

多さにややしり込みしながらの出発になってしまったのが実際か。

そしてやっぱり途中撤退と宿題を残しての山行となった。

28      20:00に森本宅を出発、品原高原に01:00到着。仮眠。

29      07:00              スキーにて出発。天狗原への林道入口を見逃し

 

              P3尾根の取り付きへ行き過ぎてしまい、40分のロス。

              よく見れば水源の立てやからすぐ右にゲートがあった。

              30分下り,橋から30分の登りで天狗原の牧場に着く。

              しかし小生(藤田)はトレーニング不足からだろうが、

              スキーで快適なアプローチのはずが、足の付け根の所が

              スキーを引くたびにつるような痛さ。休憩を重ねながら

              の苦しいアプローチになってしまった。筋肉ではなく、

              すじか?未だに分からない.

              やっとで見晴手前の急登でスキーをデポ。痛ささら開放

 

              され、ラッセルのほうがまし。と言っても重い雪の

              ラッセルは苦しい.鎖場ではアイゼンを着ける.

              14:30ようやく猿の遊び場(熊?)のコルのテント。      

              明日のため1時間程度、空身でラッセル。上に行くほど

              風で雪が飛ばされ、楽になると思いきや、戸隠はちょっと

              違う.益々、雪は深くなるばかり、鎖場でさえこの角度で

              猛烈なラッセル。

30      07:40出発。でも方向は下。下山−撤退だ。どう考えても

              この速度では天候の悪化する1日まで抜けれそうにない。

              すっかり気も萎えて、気持ちは大谷不動の氷に向いてし

              まったのだ。帰りは楽しみなスキーでの滑降で楽々の下山

              と思ったが、皮靴でのスキーは足が踊ってしまい、悪戦

              苦闘だった。昔のスキーはこんなだったはず、今のスキー

              は道具に滑らされてるなあ..

              途中、大久保の茶屋で「ソバ」。里心が出始めたが、気を

              取り直して、大谷不動へ。宇原川沿いに入り、菅平からの

              林道との出会いでテント。

31      またスキーで奥不動へ。1時間強で祠。さらに左にトラバース

              を重ね、取り付き。目前に見る氷柱は素晴らしいが、この気温。

              水が滴り落ち,もろもろ。とても登れそうにない。

              今回は偵察のみ。帰りは仁礼から須坂手前の温泉でジ.エンド。