平湯輝山、奥美濃大日岳 山スキー


参加 : 「どんぐり」 CL田尻、SL松原、春、丸尾、佐土原、亀井、宮崎、藤田

11日
 22:00 明石発
17日
 05:00 山田温泉着 仮眠
 07:00 「登行開始」 が山田温泉手前で土砂崩れ、雨飾をやめて大渚を
     大草連よりに変更

 08:30 シール登行開始、村を抜け、畑のあぜ道を板を担いでしばらく。
 09:30 1000mあたりの平原から左の急登にツボ足で尾根へと上がり休憩。
 10:30 尾根からはシールで頂上へ。
 頂上より白馬方面を望む

 まだ時間もあるので北面を300mほど滑り、上り返す。
 パウダーを楽しむ。しかし登り返しはアイスバーン」の上に10cm積もった深雪
 にシール登行は梃子摺ってしまった。
13:30 登ってきたコースを滑り降りる、こちらは北面と違って、重い雪。
14:30 駐車した空き地に帰る。フキノトウとちょっととって、いざ温泉へ。
     途中、お勧めの「小谷錦」を今晩の晩酌に購入。
     宿泊は「カナディアン.ビレッジ」素泊まり\4,000/人
     雰囲気のある小屋での自炊の夕時。
18日
 夕べのうちに15cm程度の雪。ゲレンデか?栂池に直行。
 ゴンドラ頂上から少し登り、ひよどりの尾根を適当な所から滑ることにする。
 早大ヒュッテ付近から、ガイドツアーのトレースを拝借して子一時間で尾根。
 風が出てきた。一本目:ちょうど早大ヒュッテへの滑降。思ったより重雪に
 転倒。もう一本。次は右よりにピークからゲレンデのリフト終点の方面へ。
 昨日の大渚よりは滑りに苦労したがまあゲレンデで遊ぶよりは楽しめたか。
 若栗温泉へ。我々のパーティーの貸切状態。ここは白馬からの穴場か?

           記 藤田