平湯輝山、奥美濃大日岳 山スキー


参加 : 「どんぐり」 CL和佐、SL内だ、春、小村、丸尾、佐土原、花井、藤田

16日
 22:40 稲美発
17日
 05:00 福地温泉着 仮眠
 07:00 登行開始 北東尾根の西に取り付く
 08:00 1300m付近 尾根に出る
 10:00 1651mからコルの降りる

 コルからまた急登がはじまる            真っ白の笠岳                 快晴の中、穂高連峰 遠くに槍も
 12:00 1866m の小さな台地に、春さんここで待機
      カリカリに凍った尾根を途中スキーを担ぐことも
 13:00 小生(藤田)はっこらで遅れ始める、下手なシール登行の疲れか、足が進まない。
 14:00 パーティーは頂上に着いたころ。2000mまできたが、帰りのスキーの余力も
      残したく、もうこの辺で諦める。
 14:20 頂上から滑ってきた皆と合流、重い滑りにくい雪に悪戦しながら。。。。。
 15:00 コル手前のパウダーに近くなったやや軽い雪を楽しむ。
      1651mを巻き始める。 なかなか朝のトレースが見つからない。
 17:00 途中、楽して沢へ滑り込んだのが間違い。沢を渡り、尾根につぼ足で登り、
     ついにはヘッドランプをたよりの残業だ。
 18:30 やっと駐車場へ、実に11時間半の行動、久しぶりにバテバテ。
     長く雪に入ってない体力不足、シール登行の技術不足を反省。
     しかし驚いたのは、採取的にコースに戻れたのはGPSの威力。
     文明の利器、ちょっと「反則」の感はあるが、スキーではこれから必須かも?
18日
     朝から土砂降りの雨。予定を変更して奥美濃のスキー場、ダイナランドへ。
 09:00 スキー場駐車場に、天気も回復、リフト先から「大日岳」を目指すことにする。
 11:00 初級コースと云うだけあって、難なく頂上に。
     弱層テストするがあまり安定とはいえない。気をつけて北面を滑り降りることに
 13:00 この山行で始めての快適なスキーを楽しむ。

 もうすぐの頂上が望める            銘々のスキーを楽しんだ後の登り返し

 スキー場に帰り、白鳥で温泉。ゆったりとしたいい湯でした。
 暖冬で今年最後のスキーになるかもしれないこの山を思い出しながら、のんびりと湯に
 つかる。まあまあ満足に近いここち良い疲れを感じる。

           記 藤田