立山 周辺

                 L:中野、鴨川、沖田、内藤、藤田(記)
 26日  23:00出発
 27日
   始発のケーブル、バス 室堂 、 40分程歩いて、
  08:30 雷鳥沢のテント場
  09:30 縦走組(中野、沖田、内藤)とスキー(鴨川、藤田)に分かれて出発。最初の谷を越してからの登りがキツイ。
      乗越手前のトラバースは雪もぐずって、Free Trekの鴨川さんは苦しむ。
  11:30(12:00)別山乗越 しばし休憩後、剣沢へ向かう。快適な斜面を楽しむ。上り返しを考え剣沢小屋手前で引き返す。
      雷鳥沢より簡単で快適。剣御前小屋の前で縦走組を1:30まで待つとする。ぽかぽか陽気にしばしの睡眠。
  13:30 待ちきれず 下山。出だしはトラバース。後は快適に雷鳥沢右の尾根側を下る.
  14:15 運動不足の足には、一気にはきつく、何度も休憩をいれながら、人影の疎らな斜面を存分に楽しんだ。
     テントでラジオを聞きながら休憩してると、ついうとうと寝入ってしまった。
     目覚めてテントの外見ると、鴨が、日向ぼっこで熟睡中。
     しかし5時になっても縦走組が帰ってこない。剣御前小屋からの斜面にも、もう人はまばら。
     この好天で遭難はないが、遅すぎる。バタバタしてるうちに携帯電話へ連絡がとれた。見れば斜面にポタポタと
     下るとも止まるとも解らん3人ずれが見える。別に焦ってる風にも見えない。まあそんな奴等だ。
     夜は今までの山行では考えられないご馳走。料理名は知らんが、何かカタカナのそんなん。リゾート山行じゃな。
     こんな山行もあるんだ。ちょっとしたカルチャーショック。
 28日
  08:30 テント発
      一足早く出発した小生だったが、アイスバーンの急斜面にてこずり、のんびり組の4人に追いつかれる。
      最後のトラバース手前でついには、急斜面のアイスバーンにすっかり「はまって」しまい、キックターンもできず
      這松にお助けを求めてしまった。かっこ悪いが落ちたら終わりだ。
  10:40 ようやく乗越に到着。休憩後、さっそく全員で剣沢の斜面に繰り出す。
     剣沢小屋までの新品の斜面を探し何度か上り返し、剣岳をバックに爽快な滑降を楽しむ。
     剣御前直下からの急斜面をすばらしいシュプールを描きながら滑降する数名をあぜんと眺めるも、真似てみたくなり
     手前のやや傾斜の緩い、何とか俺でもこなせそうな、斜面を探す。この技術でも自分のシュプールを描きながらの
     ダウンヒルは、実に気持ちがいい。
     雷鳥沢からの帰りは、室堂乗越の方にトラバース気味に回り込み、ロッジ立山へ向かっての誰も居ない斜面を見つける。
     広い斜面へ我が物顔にコースをとりながら飛び込む。
     数年前 鳥海山で味わった「日本海へ向かっての滑降」に劣らぬ気分の良さ。
     来シーズンこそ冬はゲレンデで鍛え、ちょっと山スキーに入れ込みたくなった。

  

剣岳をバックに 藤田  気分は "Extreme"

ボードの内藤君も いざ!

脳天気な3人 年を忘れてご陽気にポーズ


 29日
  6:30 テント発
   後は一目散に「温泉」を目指す。
   これほど緊張感のない、だだ、呑気に楽しいことを追い求める山行なんて初めてか?
   「これもいいか」と思い、さらに「次は山菜山行」にと益々、軟弱山行に邁進しそう。

   まあ そんなに頑張らなくとも、いろんな風に山に遊んでもらってりゃいいのかな。
   「心無圭礙」 形態にとらわれることなく、その時、その状況で得られた事を精一杯に楽しむ。


 亀谷温泉 案内
  立山駅から大橋を渡る手前。極楽坂スキー場を右に見て、線路沿い有峰駅の手前を踏み切りを渡って
  有峰湖方面、左の坂を上がる。そこから5分程で着く。
  温泉は10:00から。地元のおじいちゃん、おばあちゃんの憩いの湯。