蓮華温泉ツアー

日時 2012年4月28日〜30日
参加者 和佐(CL)、藤田(SL)、清本、山本、池渕、堀井、杉本
天気 28日:快晴、29日:晴れ、30日:曇り
ルート:
 28日 栂池〜天狗原〜白馬乗鞍〜白馬大池〜蓮華温泉
 29日 蓮華温泉〜スノーブリッジ〜雪倉岳 往復
 30日@蓮華温泉〜天狗の庭〜白馬大池〜船越の頭〜金山沢〜猿倉
    A蓮華温泉〜振子沢〜天狗原〜栂池スキー場

 4月28日(土)
 栂池スキー場の無料駐車場に車2台で早朝到着。
 仮眠して8時のゴンドラとロープウェイに乗る(1720円)。
08:55 出口で簡単な注意を受け、天狗原に続く尾根の登りに入る。
 すでに多くのパーティが登っている。
 快晴の暑いほどの天候の中、天狗原への急登を登る。
10:10 残雪期なので大した苦労もなく天狗原到着。
 ここから白馬乗鞍の斜面を目指す。厳冬期には苦労して
 登る白乗斜面もこの時期はトレースもばっちりあり簡単
11:00 ピークのケルンに到着。

     ロープウエー終点から天狗原へ            白馬乗鞍頂上

 ここから白馬大池に向かうが、我々が一番最初のようで
 トレースもない。登り返しを最小限にすべく、大池右側斜面
 をトラバースしようとしたが、這松や岩が邪魔して高度を
 下げ、最後はやや登り返した。
 ここからは、夏道沿いをトラバースしつつ蓮華温泉直上の
 尾根まで進む。
 天狗の庭あたりの斜面は快適な斜度と雪質で各自快適
 にシュプールを描くことができた。
 標高が下がってくると雪が柔らかくなり重くなってしまうが、
 何とか我慢の滑りでこの日一番で
12:35 蓮華温泉に到着。
 テント泊4名と小屋泊3名に分かれ、テント組は好天の下、
 テント設営と雪のテーブルでの食卓を作り、宿泊準備完了。
 男性6人は、ビール片手に露天風呂まで登って、熱めのお湯
 と絶景を堪能しながらゆったりとした時間を過ごした。

     蓮華温泉手前の斜面                 のんびりとビール片手に露天風呂

 4月29日(日)
06:40 小屋の朝食完了後出発。
 多くのパーティがほぼ同じ時刻に同じく雪倉を目指している。
 小屋下の尾根までスキーで滑ってシール登行開始。
 途中でトレースをはずしてしまい、やや大回りになってしまったが、
07:40 瀬戸川の渡渉ポイントに下る尾根まで登りあげる。
 ここでシールをはずして滑り込む。
 スノーブリッジはしっかりしていて問題はないが、その下を激しい
 瀬戸川が流れていた。
07:40 渡渉完了点から再度シールを貼って、雪倉岳ピークまでの
 1200mの登りが始まる。
 所々の急斜面を斜登行するが、ずれやすい雪質にシールを利かせ
 ながら一歩づつ慎重に登っていく。
 慣れないメンバーには緊張と苦労があったようだ。雪倉の滝は
08:40 右側の沢を登って巻く。

 頂上手前
 「あー誰かもう滑って来る。。。違う犬か?。。。。あっ!「熊や」
 でも心配無用、かなり距離もあるし、小熊は可愛く跳ねるように逃げさる。



 さらに高度を稼いでいく。なかなかピッチは上がらないが、


      ただひたすら 一歩一歩   頂上は、はるか遠くに

11:55 我慢の登りで全員遅れずに登頂達成。
 頂上には多くのパーティがいて大にぎわいであった。
 記念の集合写真を撮ってもらって、いよいよ滑降開始。
 ピークから一気に滑れる大斜面は程良い傾斜と程良い雪質で
 大変気持ちのよい滑降が楽しめた。写真、ビデオ撮影を織り交ぜ
 ながらもあっという間に滑り降る。標高が下がると雪質も重くなって
 滑りにくくなるが、何とかしっかり板に乗って滑り降り、

      雪倉岳頂上


  ちょっと アンデスの響きを               テント場


        ビールだ!            のんびり滑降

13:10 渡渉点に到着。
 再度シールをつけてトレース通りにアップダウンを繰り返して
 蓮華温泉までの長いトラバースを進む。疲れた体には、結構応える
 行程であった。
14:45 蓮華温泉到着。
 雪倉岳までの往復8時間の行程であったが、あの快適斜面は
 その苦労に匹敵するものであったと思う。


   長があーい行程も壮大な締まったザラメ雪の大斜面に苦労も報われる


 4月30日(月)
* A班
 蓮華温泉から振子沢、天狗原経由で栂池まで下山する2名と 分かれて
 5名で金山沢滑降を目的に白馬大池まで登りあげることにした。
06:45 小屋発。天狗の庭に続く尾根にシールでとりつく。ずり落ちやすい
 斜面を慎重に登っていく。多くの先行パーティ(スノーシューやスキー)
 がいて、その後を追う。結構な急斜面にトレースをしっかり刻みながら、
10:50 一歩ずつ登り続けると白馬大池到着。
 さらに緩やかな尾根を登って
11:45 船越の頭到着。
 金山沢の急斜面のエントリーポイントが目の前に広がっている。
 いよいよ滑降開始。非常に柔らかい雪で問題ないと思って斜滑降で
 入っていく。 しかし、急斜面滑降に不慣れなメンバーにとっては35°
 以上の斜面は、驚異に感じるのかターンで転倒してしまい、30m程度
 滑落してしまった。柔らかい重雪が幸いして事なきを得たが、今後の教訓に
 すべきことであった。斜度がゆるむと各自、快調に滑りを楽しんで(?)
 金山沢をどんどん下っていく。重雪の斜面を滑って、2カ所ほどのデブリ
13:15 地帯をトラバースで交わし、林道に合流が。
13:40 うまくつけられたトレースを下って、猿倉到着。
 栂池に下ったメンバーが車を回してきてくれたおかげで、時間ロスも無く
 倉下の湯(500円)で入浴後、帰神。

*B班
07:00 蓮華温泉出発
10:30 天狗原
11:30 栂池