大山振子沢の山行報告
日時:2012年4月15日(日)  

参加者:W(CL)、Y、Y、M、M、K、S、I、K、藤田、N(はりま)
天気:薄曇り、時々快晴
ルート:鍵掛峠から鳥越峠経由振子沢をつめ稜線までの往復。
 
03:30 稲美出発
06:30 途中、鳥取への新しい高速に入ってしまい、30分程度のロス。
07:10 KMSCのメンバーの到着を待って、出発
 ばっちり立派なトレースがあり、それを忠実にたどっていく。
 固めの粗目雪で歩きやすい。
 鳥越峠のつもりが、トレースをたどって るとキリン峠に向っていた。
 峠手前の急斜面は最後、ツボ足。

キリン峠から見る槍ヶ峰

 ふと鳥超峠を見ると、KMSCの姿、まさに滑らんと。
 さっそく急斜面を、彼らの方向へ滑降、ざらめの快適な斜面。
 さらにに、地獄谷筋を滑走する。
 朝まだ日差しを浴びていない斜面はさほどゆるむこともなく、
 適度な堅さの粗目雪で、安心して豪快に滑走することがで
 きた。各自、思い思いに滑って
09:20 地獄谷出会に到着、合流
 再度シールを貼り振子沢を登っていく。
 かなり雪面はわれ、かつ落石が多いのが目立つが、
 沢の雪は十分にある。いくつかの屈曲点を経由して順調に
 シール登高していくと眼前に大山稜線が広がった。
 稜線直下まで一応雪はついているようだが、黒い。
 崩落した大山の砂や土が雪の上に散っていて黒くなっている
 光景であった。砂混じりの雪面を斜登高。

   最後のきつい登り  ひたすら耐える ( 誰かが 「砂の器」 を思い出すって? )

11:15 稜線到着。条件がよければ剣が峰までいこうかと
 思っていたが、稜線および北壁にほとんど雪はなく、崩落しか
 けている夏道がむき出しであったため断念。
 稜線からスキー滑降で往路を戻ることにした。各自思い思いの
 コース取りで、粗目雪斜面を滑走していく。
 上部には落石はほとんどなく快適な滑降が楽しめたが、中間の
 急斜面で幅が狭く落石の多い部分では慎重な滑りが要求された。
12:00 問題なく地獄谷出会まで滑る。
 再度シールで鳥越峠まで登り返す。
13:35  有志でキリン峠までの急斜面をシールや坪足で登り返す。
 一気に一枚バーンの滑降を楽しんだ。
 その後のだらだらとした樹林帯滑降では、前回と同様に左方向に
 進んでしまい駐車場に戻れなかったメンバーを車で回収し。
14:10 本日 の山スキーは終了。
18:00 稲美着