氷ノ山「おおくら谷」報告
2012年3月25日(日帰り)
メンバー: (L)内田、藤田、八木(ヘ゛ルク゛)、清本(記録)
天候: 雪(稜線は風雪ガス)

コースタイム:わかさ氷ノ山スキー場(8:26/752m 770m)=第3チャレンジリフト/スキー場
TOP(8:43/1200m)=9:50/1480m=10:00/1500m=三の丸10:01/1504m=
山頂避難小屋到着11:26/1509.6m=(休憩)=山頂避難小屋出発12:00=おおくら谷
ドロップポイント12:33/1430m=いぬわしゲレンデ13:09/913m

1人で長距離を運転すると思うと心が折れてしまい、金曜夜の白馬行きを断念。ダラダラと
した週末を過ごしていると、会長から氷ノ山の日帰り山行のお誘いがあった。25日の山陰
は雨か雪の予報。氷ノ山は標高も低いし、予定ルートは雪崩そうな谷ばかりだったので、
少し躊躇したが、現地パトロール事務所での情報が悪ければ、ゲレンデで滑ればいい
か・・・などと楽観的に同行を決めた。

車での移動中、雨が降り出し「あれまぁ」と思っていると、氷ノ山に近づくにつれて、車窓か
ら見える山並みが、うっすら白いではないか。そして次第に雨が雪に!これは、もしかする
とプチ・パウダーにありつけるかも?!!! ちょっぴり期待が高まる。

わかさ氷ノ山スキー場で藤田組と合流。(西尾組も一足先に出発)チケット売り場横の「パト
ロール事務所」に登山届を提出し、第2・第3リフトを乗り継いでスキー場トップへ。気温
−1℃、稜線への樹林帯登高は、所々カリっていて、板のエッジがガリガリ悲鳴を上げな
がらのヒヤヒヤもの。

稜線上は、予想通りのホワイトアウト。少しでも先行者から離れると、たちまち見失いそう
だ。雪酔いを起こしかけて気分も悪い。それでも、リーダーが尾根左端を確認しながら左左
へとルート取りしてくれたおかげで、スムーズに「三の丸」まで到着する。ところが、そこから
がまずかった。尾根の両端すらも分かりづらい中、ワンデリングしはじめた。取りあえず、
現在地点を見極めようと4人揃って地図と睨めっこしていると、「ようやく追い付きました」の
声が背後から聞こえた。西尾パーティーの面々登場!地獄に仏、渡りに船!

ピークへは、北へ向かえば良いと分かってはいても、GPSで「こちらの方角ですヨ」と誰か
に言ってもらえると、お墨付きがもらえたみたいで、妙に心強くなった。本当にありがとうご
ざいました。

11:26頂上避難小屋に到着。休憩しながら滑降ルートを相談する。視界がない以上、ネジ
レ谷と八木川は諦めようということは直ぐに決まった。もうひとつの選択肢は「おおくら谷」。
関心はあるものの、誰も行ったことがないため、今日の天気でドロップポイントが分かるか
どうかさえ自信がもてない。ルート情報も好日山荘の記録程度しかなく不安が残る。そうこ
うしていると、避難小屋にいた「氷ノ山を知り尽くしている」という3人組もおおくら谷を滑るこ
とが判明! 我々の計画では、左俣から入る予定だったが、「谷をよく知る僕の言う事を聞
きなさい」の彼らの一声で右俣からのエントリーに変更。滑降の入口までは彼らに先導して
もらう。(西尾パーティーとはここでお別れした)

シールは避難小屋で剥がして出発したものの、結構アップダウンが続き、スキーでの階段
登高が辛い。さっさと出発してしまった3人組のトレースを必死にたどり、ドロップポイントに
ようやく到着。まずは、内田リーダーが滑りこむ。パウダースプレーが舞い上がり、いい感
じ。期待を胸に、次々と後を追いかける。WOW!なかなかのパウダーではないですか。
一同の顔がゆるんでいく。

一段下の広いスペースに4人集合してから、更に下の谷を覗きこむ。狭い急斜面・・・、おま
けに所々斜面が透明に光って、見るからに堅そうだ。転倒した時のリスクはあるものの、離
れるとすぐに姿が見えなくなりそうで、暫く4人で縦に連なって斜滑降で下ることにする。

こんな状態がいつまで続くのかと不安になってきた頃、ようやく視界が効くようになり、眼下
にパウダーの広い斜面がいっきに広がった。リーダーからGOサインが出ると、自然と皆か
ら奇声があがり、パウダーの浮遊感を楽しんで沢に飛び込んでいく。側壁からのデブリもな
く、雪崩の気配は感じられなかった。この時期の貴重な新雪をカメラに収めたかったが、露
質が足りず上手く撮れなかったのが残念!

3人組を追いかけていると、トレースが急に大きく左にカーブして斜面をトラバースしはじめ
ている。慌てて高度計を確認すると、ぴったり標高1000m。好日山荘の記録通り、堰堤と
クレバスが上から確認できる。このまま調子に乗って直進していたら、川ポチャになるとこ
ろだった。危ないあぶない。トレースをたどって、左岸をトラバースしながら植林帯を横切る
と、いぬわしゲレンデに無事合流して、本日のフィナーレとなった。

おおくら谷は半日ルートとして紹介されているだけに、正直言うと、もう少し滑りたいという
気持ちが残ったが、この時期にありながらも、こんな近場で良質のパウダーに出会えたこと
に、感謝・感謝であります!