五箇山周辺 山スキー
【日時】2012年2月25,26日
【場所・山域】金剛堂山、仁王山
【メンバー】K、M、I、Y、K、藤田
2月24日 
 吹田サービスエリア集合。Hさんの車に乗り換えて利賀村に向かう。
2月25日
 朝の4時過ぎ「民宿おかもと」に到着。先に到着していたMさんの友人の誘導で
 各部屋に分かれて6時半まで仮眠となる。電気毛布が敷かれたお布団での仮眠は、
 何と快適なのだろう。喉の痛みが気になるが、車中泊の時に必ず感じるような妙な
 背筋の緊張が全くなく、目覚めることができた。
 外は生憎の小雨。雨具を着こんで行くことにする。

 7:17 民宿出発
 7:34 スノーバレー利賀スキー場駐車場(760m)到着。
        竜口谷の沢を避け、駐車場右手奥にある建物下の駐車場でシールを
        装着し、登向開始。昨年味わったような急登でのラッセルと違い、今年の
        雪は週なか頃の気温上昇と降雨の影響で、ザクザク堅め。何人か踏んだ
        シール跡は滑りやすくなってくる。シールが雪面を捉えているか、踵裏辺り
        の感触を確かめながら進んでいく。「木の芽越しの雨」は、すっかり山の
        表情を変えてしまっていた。
 8:45 1021mピーク
        稜線上に出たあたりから、チラチラ小雪が舞い始めた。「snow-forecast.
        com」の予報をチェックしてくれていたY氏によると、1000m以上で雪に
        変わったのは予報通りだとのこと。視界は悪くないし、稜線伝いのルートで
        あるので、ルートが比較的分かりやすいのがありがたい。
 9:45 1346mピーク(片折岳、別名:一服金剛堂山)
        この辺りから、東側斜面に発達した雪庇に近づきすぎないように注意して
        進む。
 10:15 1451ピーク(思案山)
        金剛堂山の山頂は、ここから更に200m程高度を上げなければならないが
        今回の目標ピークはここまで。この先は尾根筋を行くだけだし、既に何度も
        行ったメンバ ーもいるため、今回は、1451ピークから西へ落ちる日尾谷の
        美味しそうな斜面を大いに楽しもうという魂胆だ!でも、これまでの行程で、
        今回はあまり良い雪は期 待できないかもなぁと思いつつも、それでも「もし
        かしたら・・・」とちょっぴりの期待を持ちながらシールをはずし、滑走開始。
        滑りだしてすぐに、日頃コケない先輩たちも転倒者続出!ちょっぴり抱いた
        期待は、デブリで荒れた雪面に無残に打ち砕かれた(涙)転げると、さすが
        の高額ファン付きゴーグルでも視界がどんどん悪くなっていき、見えなくなる
        と怖さ倍増。去年からの成長なんて微塵もない有様。情けないし、悔しい。
        おもしろくな〜い!!
 10:55 1260m地点
        「この先滑っても面白くない」との皆の意見が一致し、そそくさと稜線に戻る
        ことにする。
 11:15 トラバースしながら、1320mの稜線上トレースに無事合流。ここまで来ると、
        谷を滑りたいという気分はすっかり失せてしまい、「早く帰ってお風呂に入り
        たい」「あとは熊鍋が待ってる」等と、アフタースキーに気持ちは動いてしまっ
        ていた。この 後、2回ほど登り返しがある為、シールをしたまま来た道を
        たどることにした。
 11:30 1346ピークからは、またシールを外して稜線を滑って降りることになった。
        ゴーグルの不快指数はMAX。怖さが後傾姿勢を助長し、手は前には行か
        ないし、行きたくない方向に突っ込むは、丸っきり去年の振り出しの状態に
        戻ってしまう。
 11:55 1021ピーク
 12:30     スノーバレー利賀スキー場駐車場到着。スノーシューで下降してくるパー
        ティーと同じスピードで出発点に戻るという悲しい結果になってしまったが、
        怪我もなく帰 還で来ただけで◎儲けと思う事にしようと、自分を慰める。

        風邪症状が著明になってきたK以外の面々は、2000円の天竺温泉の入浴券付き
        スキー1日リフト券を買って滑りまくっていた。のんびり温泉に浸かった後、
        宿でMさんの奥様とお友達の面々と合流。そのまま豪勢「岩魚と熊鍋膳」と三
        笑楽の宴になだれ込み、十二分にお腹は満たされ、今回もスキーちょっぴりグ
        ルメツアーを堪能しました。

        最近の暖候期予報では、5月までの3カ月が高温傾向に変わってしまいました
        何とかもう少し良い雪の状態でスキー修行を続けたいものです。どうか予報が
        外れて、寒い日がもう少し続いてくれるようにと祈るばかりであります。
        発展途上の皆さん、残りのシーズン、共にめげずに頑張!  記 K

2月26日(日)雪
        5時起床、朝食を済ませて、6時出発。まだ暗く雪の中の出発。
        国道471号を栃折峠を越えて472号との合流点手前で、パトロールとブルドーザー
        が止まっている。
        「この先、雪崩で通行止め。手前に右折する広い道路があるので、その道路を進むように。」
        といわれる。雪が深く雪の壁の中で、右に除雪したところもあるが、広い道路ではない。
        注意しながら進むが、いきなり道路が雪崩にふさがれている。
        雪崩のデブリの向こうに車のライトが見える。
        このライトもパトロールの車で、7分ぐらいでブルドーザーがくるという。
        結局、30分ぐらいのロスで大長谷温泉到着。
 7時42分、シールをつけて大長谷温泉(570m)出発。
        数台の車があったが、皆、白木峰の方に向かったようで、仁王山のほうは踏み後無
        し。先週からの好天と昨日の雨のクラストの上に新雪がのっている。
 8時50分、P916m。細い尾根上を行く、途中でクトーをつける。
        標高1200mの先、平坦になって急になるところに、表層雪崩のデブリがある。
        傾斜の少し緩い右側から回り込む。その先は足首上、少し雪が深くななる。
 10時45分、頂上手前の小ピーク(1445m)。視界は数m。
        ナイフリッジの下りを慎重に進むと広くなった。樹林が出てくると、ホワイトアウト
        から解放されほっとする。
 11時、仁王山頂上(1516m)
        シールを外して、記念撮影。底つきながら軽いパウダーの滑降。
        去年は上の東屋から谷に入ったが、デブリは昨日で懲りているので、尾根を下り、途
        中から沢状地形を下る。
        降りたところが駐車場で、横に温泉が待っている。
        八尾の町を経て、富山西インターへ。数週間らいのグルメの旅はとどまるところ知
        らず。さらに富山に回ってチャーシュー麺を食べて、小矢部川SAでスキー場組と合流。
        未経験の山に行けるのと同じように、新しい山の知り合いができるのも楽しい。
        おいしい料理とお酒と温泉つきで
                                      記 Y

  悪雪に苦労                夜は岩魚、熊なべ。。。


取り付き                  途中で見つけた亀裂


頂上もガスの中                  少しpowderを楽しむ