2012年2月 北海道ニセコ、山スキー報告
参加者 Lko、H、M、I、Ki、F、S、M、U、Y。
2月12日(日)チセヌプリ 風雪 気温−14℃〜−17℃
冬型の気圧配置がずっと続いていて、フェリー組は冬の日本海の強風と荒波の貴重な
体験をさせてもらった。
週間天気予報では土・日は少し冬型がゆるんで、天気図の等圧線の間隔も少し広がる
予報だったのだが、
今年の冬はそんなに甘くない。寒気も入っていて、朝、6時の五色温泉の気温は−1
4℃。チセヌプリスキー場からチセヌプリを目指すことにする。
 車2台でチセヌプリスキー場に向かう。スキー場のリフトは8時30分からだが、
「本日は荒天によりリフト休止」と掲示が出ている。
早く山には入りたい我々にとっては、リフトを使えないことは負担にはならない。早
速シールをつけると、8:10には出発。
ノートラックのゲレンデの右端を登らせてもらった。自然林の中のゲレンデで人もい
なく、シール登高が気持ちいい。
9:13リフトトップ。登っている間は暖かだったが、832mまでくると、無木立の斜面
となり、風雪で寒い。リフトの施設で風を避けて休憩。
9:23出発。少し下ってから、登りとなる。木が無くなると、ホワイトアウト。
標高差で50mほど登るが、初心者もいるパーティーでこの天気では無理がある。これ
以上登っても、視界無く滑降できないので、ここまでとする。
シールをつけたまま、10人そろってゆっくり下る。慣れてない人は視界がないとシー
ルをつけていても、斜滑降でも滑れ無いようで、ゆっくり歩いて降りていく。
すぐにゲレンデトップまで降り、シールを外す。ちょうど登ってきた人たちもいた
が、皆、ここから引き返していた。
ゲレンデとはいえノートラックのパウダー。林間コースで谷の中のような柔らかい雪
を楽しむ。
 午後はスキー場と温泉巡りに分かれて、北海道の冬を楽しむ。さらに夜は昨日に引
き続いて、北海道の味覚を楽しむ。
五色温泉は10人でも余裕の暖かい大広間で、まるで修学旅行気分。
業務用の炊事場がほぼ独占状態で使用でき、暖房も効き椅子とテーブルもあるので、
ゆったりとしたダイニングキッチン。
大勢での懇親に最適。
 少ない北海道の経験だが、雪も少なく、風や雨で荒れることも多い年末年始に比べ
て、2月は比較的安定している。
適度な量の雪がコンスタントに降っている。3月になるとさすがに晴れが多く、2月は
スキーには最適。
ただし今回のように風雪が続くと山は難しい。特にニセコは無木立の斜面が広がって
おり、たとえGPSで動けたとしても、
ホワイトアウトで滑降不可となる。その分、天気が良くなれば眺望が素晴らしい。
前に2月に日高山脈北部を縦走したときも天気は悪かったが稜線近くまで木があり結
構動けた。
 ニセコでは山で動けないときは、スキー場のゲートが開いていれば大沢や藤原の沢
等でパウダーを楽しむことができる。
ただし、次の日の午後に大沢に行ったが、すっかり踏まれてしまっていた。G8から
の林間コースも踏まれた後で、
グルーミングの行き届いた整地斜面がスピードが出せて楽しかった。
前日に行った特別管理地域の水野の沢は午後でも3つあるシュートの内、まだパウ
ダーの状態が残っているところもあり、
聞いてみると1日のべ70人しか入っていないとのことであった。
 この日はゴンドラがヒラフしか動いていなかったが、「見晴らしコース」がパウ
ダーが残っていた。
しかし前に来たときはすっかり踏まれていたので、その時の条件で探すことが必要。
以下は神戸山スキークラブ HP より 詳細と画像
http://www.geocities.jp/kobemountainsski/2012/niseko.html