五箇山周辺 山スキー
【日時】2011年2月12,13日
【場所・山域】袴腰、タカンボ山
【メンバー】藤田、中野、O、N
【天気】小雪 2/12(土) タカンボ山
 12日 早朝に出発、タカンボースキー場に9時過ぎ 準備をし
 10:30 出発、リフトを二本乗り継ぎ、鉄塔の立つ尾根に取り付く。
     先行につぼ足の単独者あり。最近は降ってないのか
     ラッセルも楽チン、13時頂上。
     しかし雪はパウダー、傾斜は不満だがまずは快適な雪で
     ゲレンデへ、カリカリのゲレンデを通過、あっと云う間の
     1時間。歩きの仲間とスキー板履いての転びやさんを待つ。
     待つことには、このメンバー、覚悟の上 でも遅い。


タカンボースキー場                       頂上

      合掌造の民宿「弥次兵衛」に早めの到着、「五箇山温泉」
      の入浴券をもらい、早速に温泉。新しい小奇麗な建物だった。
      雪の五箇山集落を観光しながらのんびり。
      囲炉裏での夕食は岩魚、熊汁、山菜、豆腐等これはなかなか
      酒がすすむ、お勧めの地酒の原酒もサラッと、どのとおる。
「弥次兵衛」の前で温泉帰り


   13日 袴腰山、前日、町で30cm程度、この取り付き周辺では
      もっとであろう、ラッセルが、まして朝はのんびりの出発
      10時ころからでは、はなから半分諦め状態で準備。
      先行者は猿ヶ山へ、尾根に取り付くはずが、どうもよくわからない。
      とりあえずは途中まで先行のトレースを使わせてもらい
      林道を、、、しかし11時、とても頂上近くまでも行けそうに ない。
      敗退を決め、後は白川郷への観光に切り替える。
      夜のライトアップまで時間が十二分にある。食べたり、温泉
      観光集落内の小粋な喫茶店を見つける
      「眺望 喫茶」子供お断り、店内は中々シックな雰囲気。
      マスターが一人で切り盛り、と云ってもセルフサービスで
      メニューはコーヒーのみ、二階はマスターの写真が展示。
      ここからライトアップをのんびり、と思いきや
      「反射して、ここからは見えないよ」って。
      大混雑の観光客と共に流されて、見物。情緒もありいいんだ
      けれども、なにせ人人人。やっぱのんびりした五箇山の
      ほうが好きだな。


         ライトアップの白川郷