美濃大日岳、水後山報告
【日時】2011年1月29,30日
【場所・山域】美濃大日岳、水後山
【メンバー】和佐、春、池渕、小村、藤田、籔田、堀井、宇川、宮脇、清本
【天気】雪 1/29(土) 美濃大日岳
駐車場で仮眠後、αライナー(800円)という リフトTOPからシール登高(7:45)
降り続いている雪の中、尾根筋の膝下ラッセル を開始
約1時間 ほど尾根を進むと高鷲スキー場から のトレースに合流
ピーク到着が9:10
1回目滑走は、先行パーティが滑っていない西側の沢を滑走することに。
深い 新雪と適度な斜面、途中狭い谷になっ て皆苦労したが、やがて快適
な沢状になって斜度が落ちるまでの標高差約200mほ どを堪能した(9:30)。
雪は深いが 軽く、おもしろいほどスキーが良く回る。急斜面の尾根を再度
シールをつけ、交 代でラッセルしながら登高し、北西尾 根の鞍部まで登り上げる(10:20)。
2回目は、登り上げた鞍部から北東方向の沢に。斜度はやや緩くなっているが 、
スキーは良く滑り、雄叫びを上げ る者、転倒して雪と戯れる(?)者、
それぞれに楽しむ。ここからは先行者の登 り返しのトレースがあり、
楽してピーク まで登り返す(11:30)。
3回目は、東側谷を標高差で約180mほど滑降。今回はどの向きの斜面も快適な
雪質で楽しませてくれる。谷下で 昼食休憩を取り、再度ピークまで登り返し(13:00)。
このころには、多くのボーダ ーも滑走を楽しんでいて、あちらこちらで
歓喜の声(奇声?)が聞こえる。我々が滑走している時も他人からは同じように
聞こえるのかと思うとやや恥ずかしくなる。
4回目は、南東側の斜面に滑る込み、そこから往路の鞍部に直接登り上げるこ
ととした。ここは斜度がやや急で短い
ながらも快適な底なし新雪滑降を楽しむことができた(13:30)
鞍部まで新雪ラッセルの後少し登り上げて、高鷲スキー場までの尾根筋を滑走して
この日の山スキーは終了(14:30)。
この日は石徹白の民宿(暖房込6000円)に全員宿泊。暖かい炬燵、ストーブと
豊富な食事に満足でした。夕食後 は藪田さん持参のセルフレスキュービデオを鑑賞。
雪崩遭難時のビーコン探査、 掘り出し方法等を再確認させてもらい ました。



1/30(日) 水後山
野伏が岳の予定であったが、降り続く新雪のラッセルで、長い行程のうちピー クは
おろか林道を抜けることもままなら ない
(過去の記録では牧場跡までも行けなかったことあり)のではないかとの懸 念がある。
そこで、予備コースとして計画していたお手軽楽勝コースと思われるウィング
ヒルズスキー場からの水後山に変更し たが、深雪と悪天候に苦労を強いられた。
ゴンドラ(900円)でスキー場TOPまで行き登高開始(8:40)。
そこからいきなりの 急斜面深雪ラッセルで尾根に出て、 尾根筋を進む。
右側には雪庇が発達しているので狭い尾根では神経を使う。風も 強く視界もイマイチ
で休みなしの連 続行進でピークに到着(10:20)。
先頭ラッセル者のがんばりで2巡することなく、 この条件にしては短時間で到達できた。
このころだけ薄日もさして、遠景も望めるようになる。ピークから続く稜線に は見事な
雪庇が発達しているのがわかる。
いざ滑降を開始すると、急斜面にも関わらずスキーが滑らない。雪質が重いわ けでもなさ
そうだが深すぎてこの時点で 早くも下りラッセル。このまま長い下りをラッセルし
続けるのは、あまりに時間 がかかりすぎるとの判断でピークまでの約 70mを登り返し、
往路をスキー場まで戻ることにした。  ピークまで戻り(11:10)
往路の尾根筋は基本下りであるが、やはり先頭はラッ セルを強いられやたら時間がかかる。
途中、分岐した尾根筋に迷い込み再度登り返すというミスもあったが、なんとか
スキー場まで戻ることができた(13:00)。
大日岳に比べると、労多く楽しみの少ない山行ではあったが、悪天の中無事終了 した
白鳥IC近くのすべすべ温泉(回数券550円)に入浴後、渋滞もなく順調に帰神(20:30)




 いざ リフト終点より登行開始       さあ ドロップイン