四阿山、根子岳 山スキー

参加 : H(L)、U、K、M、I、H(どんぐり)、藤田、小川

15日
 23:00 全員、大津SAに集合 中央道、長野道、上信越、上田菅平ICを経て菅平あずまやホテル前の一般駐車場
 07:30 高原ホテル無料駐車場に到着も前日の降雪30cm〜40cmで強 引に 入り込んだ後に除雪車が到着 除雪後に再度駐車し
      直して出発の準備程なく1台が到着 人気の有る山だから多くの山スキーヤ―が居るだろうと思ったが居なかった
 08:00 登山道入り口に登山届を入れ、前日の降雪で直ぐにシール歩行可能だが 、 初めの内は踝程度が30−40分後位から膝ラ
     ッセルに広い牧場の緩やかな登りを交 代で 進む 牧場地は吹きさらしの為北アルプス方面からの風で左ほほが凍傷になる
     かと思う よう な洗礼を受ける 程なく柵沿いの木立の右側から少し風を遮り登行 やがて林間に入ると無風の様な静寂の登り
     となるが、相変わらずの膝ラッセルを 強い られ、 此れは帰りのパウダーが楽しみだと思ったんだが、 緩やかな登りだが結
     構時間を食う登行になる 再び登山道尾根に乗り上げ高見を目指すも時折強風が吹き掛かる
 12:00 根子岳登山道分岐手前の少しの急斜面を登り上げるがこの先も緩や かな 感じで表面の雪も風で飛ばされて時折ガリって
     岩も見えてくる、 此れ以上登っても快適な滑降は望めないだろうとP2200mで登行終了で滑降態 勢 に移る 滑降ルート左
     手方面に浅間山が噴煙を上げガスで隠れたり現れたりで超忙しそう な景 色だ ガスの切れた瞬間にお決まりの浅間山バック
     に記念撮影 浅間山頂上からの滑降も在るらしいがまず行かれないだろう、悔しい! 12:40さあパウダー頂きと滑降し始める
     も板が滑らない、何せ傾斜が無い、 トップの人のトレースを少し利用し勢い就いてパウダーをゲットする感じだが深 いと ころ
     に入ると止まってしまう 降雪後に山スキーヤ―が来ないのはこの為かな? 不完全燃焼の直滑降貸切状態の牧場地を抜け
 14:00 駐車場へと終了、直ぐに本日の寝処、菅平スキー場民宿太郎館 にて 投宿



牧場横を登行 西からの風が冷たい                           浅間山が雲の間に一瞬現れる



17日16日<BR>
 8:10 朝食を平らげ宿を出発、本日はピーカンだ、楽しめるぞ
 8:50 ダボスリフトよりゲレンデの延長の様な登山道をのんびりとシール歩行、いやにおっ母さんが元気だ早い!
      今日の入山パーティは我々以外に12−13名程だ、昨日の四阿山より根子の方がやはり面白いのか春と
      上田さんゆっくり景色を眺望しながら登行、突然に後ろからけたたましい爆音が迫って来る、ヘリに代わっ
      てのキャットだ、ゲレンデスキーヤー向けの金儲け商法らしい、実際儲かってるのか疑問?1回¥2800−也
      乗客10名位か、新雪を荒らされると心配だったが圧雪状態の広い登山道の所だけを滑降してるだけだった、
      ゲレンデスキーヤーの身分を弁えててよろしいです
10:50 頂上手前のほんの少しの急斜面を登ると、
11:05 祠と幸福の鐘のある頂上着、慨に先行していた数パーティは滑降していた北アルプスが見渡せ、山座同定し
      なんか徳した感じがする、休憩もそこそこに昼食もせず皆早くパウダー食したいのか早速滑降態勢に、今日
      は早目に帰神するので他の谷の滑降登り返しの1本を取りやめ出来るだけ急斜面をと選ぶもほんの滑り出し
      のみで後は新雪を練習の様な滑降を動画で収めゲレンデを目指す
12:05 駐車場で帰り仕度して〆の温泉はひなびた霧隠才蔵の隠れ湯(美人おかみの受付)千古温泉で疲れを癒しま
      したとさ、メンバーの中にはどこが美人や、大したこと無いと手厳しい答えだった
      〆の蕎麦処を尋ねるとICより外れているとの事で諦め高速をぶっ飛ばして(MX100kmです)渋滞に会わずに
      帰りましたよ。

所感  2山共全くの山スキー初心者の為の登竜門でした、とにかく傾斜が無い、降雪のパウダー勿体ない以上です、
     同行の皆様お疲れ様でした、今シーズンも楽しみまくりましょう
 
                     記 春(どんぐり)


 スノーキャットの固めた後を追う                                 頂上の祠





 
                           記 藤田