1ピッチ目:

「友人登路」A1 W 30m

ペツルのハンガーがしっかり打ってあり、楽々。3ピン目が少し遠い。

出口のハングは直上もフリーで可能だが、荷物を背っては少しきついか?

右より回り込んで、左手に草付のバンド。最後はピンが古く、バランスも

悪いので思ったより緊張する。

2ピッチ目:

本来は左下の6,7m下って直上が「友人登路」のルートだが、混雑の為

10m直上して、「ダイレクトルート」の3ピッチ目の確保点に移動。

3ピッチ目:

「ダイレクト」 A1 W 30m

「白い壁」左のクラックを使ってハングまで。

しかし岩がもろそうで、なかなか思い切ったムーブができない。

ハング下はナッツの残置でランニングをとり、のっこすとA0用のシュ

リンゲが取れる。岩穴のような所にビレーができそうだがここですると

次のザイルが流れない。もう一段上がり、しっかりしたレッジでビレー。

4ピッチ目:

「ダイレクト」 W+ 35m

数m左にトラバース後、フリクションで最上段バンドへ。手前の一手が

人工の後だけに少し厳しいか?

5ピッチ目:

「友人登路」A1 W 30m

ルート図にはエイドはないが、弓形クラックのハングはちょっと厳しいの

ではないか?左上気味に上がって行くが、下で見るより傾斜がきつくて

てこずった。