南アルプス 尾白川 黄蓮谷 右俣

メンバー 丸尾(L)、藤田

夏の計画がメンバー等の理由でうまく進まなかった中、一週間前に丸尾さんと「黄蓮谷にでも行こうか」と急に決まった。アイスクライミングの下見でもと軽い気持ちで行ったのが間違いのもと、前日夜遅くまで飲んで寝不足のまま、あの悪名高き「しなの」の振り子電車では乗り物酔い、だれだれの体での入山となってしまった。ところがこの沢はなかなかのもの、体力の要る沢だった。

一番の新幹線に乗り「しなの」で塩尻、そして鈍行で長坂駅、ここで予約しておいたタクシーで尾白川沿いの林道で日向山登山口まで入る。

林道終点まで行ければ1時間は省エネできたろうに、タクシーの運ちゃんも嫌がっていたし、ここで降ろされる。約1時間で林道終点に着く。

ここから河原へはかなり急でフィックスロープを頼りながら15分程で河原に下る。さっそく沢屋の身支度に着替え、川に入ると体も幾分しゃきっとしてきた。途中の巻道は5合目からの下山道にもなっているのか、テープのマークもあり、道は分かりやすい。途中に噴水ノ滝があるはずなのに、見つからぬまま、白稜の岩小屋への登山道に来てしまった。対岸ではもう、どこかのパーティーが焚き火を始めていた。

10m近い大岩に4、5個所ビバークできる場所がある。今日はもう遅い。かなり疲れもあり、薪を集める元気もないのでガスでそそくさと夕飯を作り、9時頃には夢の中になってしまった。

5時起床。となりのパーティーがちょうど出発するところだった。我々も昨日の残り飯を流し込み、さっそく出発。30分程で垂直35mの坊主ノ滝に出合う。直登できるかもしれないが、まだ先は長い。左岸のガリーからの巻道を選ぶ。その先の15mの滝を左下に見ながら、二股に下りる。正面の近寄りがたい左俣の滝を見て、右俣の5mの滝を初めてザイルを出し、左岸寄りから攀じ登る。先行パーティーはちょうどこの滝の右岸よりの草付きを登っていた。少々悪そうで、てこずっている。ここで快調に追い抜き、奥千丈ノ滝に出る。手前には確かにあちこちにビバークした焚き火の後がある。

今年の暖冬でも僅かに残った雪渓を超すとこれからが核心部 奥千丈ノ滝、落差100m、長さ200m以上のナメ滝だ。上部はガスっていて、よく見えない。花崗岩のきれいな滝とあるが、天気のせいか、あまり感動はない。それより思ったよりフリクションが悪く、とゆうよりつるつるで一部、ハーケンを打ちA0で突破しょうとしたが、失敗、丸尾さんにバトンタッチ。ハーケンの効きが悪く、丸尾さんもついに諦め、左の潅木帯に逃げ込む。10m程の巻きと懸垂で逃げざるをえなかった。2時間以上のロスタイム。これが最終下山で効いてくるとは知らずに休憩。

しばらく直登可能な滝を超え、インゼル状地形と烏帽子沢出合のはずだが、どうもここなのか確信がもてない。右を選べば烏帽子沢には入らんだろうと、小さな滝やガレを進む。20m程の壁に突き当たる。右は崩れたような大ハングの奥に水の音が聞こえるがとても超せそうにない。左のあまりスカットしない沢を登るが、消える。しかたなく小さな尾根の潅木帯を巻く。もう一個所、二股に出合うがどうも不安。途中には所々に残置もあったので、ただ進める方向に進む。奇麗なお花畑は見つからぬまま、ハイマツ帯と抜けると突然に尾根に出てしまった。高度計は2860m。100m足りない。ガスって頂上見えず、ここが黒戸尾根か鋸岳への尾根かわからない。尾根を青いメットが見えた。赤沢奥壁を登ってきたとのこと。ではここは黒戸尾根だ。どうも左へ何処かで間違ったらしい。烏帽子沢かその先の二股か? とりあえず頂上を目指す。手前の駒神社で休憩。すれちがうのはメットを被ったパーティーばかり。それもそのはず5時になろうとしている。一般の登山者がこんな時間帯に頂上に居るはずがない。なぜか登攀終了の感慨もなくひたすら北沢峠へ向かう。2時間もあれば十分と思っていたが、なかなか先が見えない。ついに双子山の頂ではヘッドランプを出すはめになる。後は樹林帯の真っ暗の中をただひたすら、転げ落ちるように下え下えと突き進む。小屋の明かりが見えたのはもう8時を過ぎているではないか。

何かただガムシャラ突き進んだ2日間だったよに思える。疲れ過ぎたのかビールより何か暖かいものを口に入れたい気持ちだった。

 

[記録]1998年7月

18日: (新幹線)新神戸6:24> 名古屋7:56,(特急しなの)―> 塩尻 9:49(普通)―> 長坂駅 11:15(タクシー )―> 登山口 11:40

日向山登山口 12:00> 錦滝12:30>林道終点12:50

(徒渉)13:30> 1520m地点14:30>本谷出合15:20−千丈沢16:00> 岩小屋 16:30 <泊>

19日: 岩小屋5:50> 坊主滝6:15> 二俣7:00> 5m滝上7:45>

奥千丈滝10:45>烏帽子沢出合11:40>二股13:30> 14:30

,二股15:45>尾根(1860m16:40>頂上手前神社17:00

> 駒津峰18:30>双子山19:00 >北沢峠20:15

20日:(バス)7:35>広河原8:00> 甲府10:10(JR)−>神戸17:30

 

[参考]

長坂タクシー (0551) 32-2055

地図 1/25,000 長坂上条、(甲斐駒ヶ岳)

ビバーク地 白稜の岩小屋、奥千丈ノ滝手前(但し悪天候時不可)