駒津沢 アイスクライミング

メンバー 高野、森本(こぶし)、藤田(松涛会)

 

2月10日

22:00西宮

予想以上の大混雑に会い、戸台の林道終点に着いたのは4時になっていた。

久しぶりの降雪の後でスキーヤーがドッと押しよせたのであろう。

2月11日

6時、ほの明るくなったが、睡眠不足でどうもファイトがでて こない。

とりあえず駐車場もで行き、着替える。

さすがRV車。河原のような(元の林道か?)道らしきを強引 に入り込み、

堰堤の手前までくる。1時間近くの短縮かな。約1時間で上にごり沢の出合。

さらに40分程で、丹渓山荘に着く。しかし実はここでこの小屋を見逃して

しまい、北沢峠へ の急登をがんばってしまい、かなりのロス。

本谷にもどり、トータル4時間程で七丈滝の見える二股まで。 本日はここで

ビバーク。空身で駒津への偵察は途中の五丈滝が登攀道具なしでは登れず、

テントに戻る。思案の結果、駒津沢 を抜ける当初の計画は中止。F1,F2

あたりまでアイスだけの山行に変更。(結果的にはこれが正解で、荷物担いで

3名の登攀では時間切れになるところだった。

2月12日

登攀道具だけの軽装でまずは本谷のF1。20m程か。右の垂直は脆そうで、

出だしでもあり中央から左へ弱点を探して高野君がリード。終了点がないらし

くザイルはいっぱい伸ばして、腰確保。

F2:20m、ここも出だしが少し水が見えるが何とかそれを越すと右手に

70mの駒津沢のF1が豪快に見える。

F1:ワンピッチ目、同じく高野君ががんばる。20m付近でてこずる。

アックスが決まらない。氷の中ながらんとになってる所があるのだ。暖か

過ぎ一定に固まらず、空洞が出来てしまっているんのだろう。

ここで側面から森本君が写真を撮る。それがこの文末の物である。セカンド

で登った小生。確保地へのトラーバースで不覚にも滑落してしまう。リード

だったら大変な事だ。

2ピッチ目:本日、とゆうより今年、最初のリードである。いやなトラバース

からの出だしも思ったより氷がしっかりしていて、まずは無難に10m程度登る。

ところが「岳人」の記事の真似でハーネスから6mmのロープをバイルに付け、

それをピックに掛けることで簡単に体重をかけ、アイススクリュウのセットを

しようと思ったのが間違いだった。

もっと試してからリードで使うべきだった。メインのロープが中間ビレーと

これに絡まって身動きが取れなくなった。

かがみながら下のビレーを外し、ロープを解く。ひやひやもんだ。必ず一回は

こんなことをやってしまう。上部はV級程度か、簡単に抜け、確保。

F2:長さはないが、青白く氷が輝く。快適なクライミングができそう。

森本君がリード。セカンドは傾斜のきつい所を選び、楽しむ。

後は懸垂5回で登山道にでる。

2月13日

もう時間も無く、気温もますます上がってきたので温泉に入って、帰るだけ。

いつもの高遠の「さくら荘」。

久しぶりの一応は満足のいく山行になった。

駒津沢F1をリードする高野君