鹿島槍、東尾根


日程    5月2日(水)〜5日(土) メンバー  藤田(Berg),森本(こぶし),由良(ぽっぽ),八木(はりま),楠原(このはな)
5月2日
    明石20:00出発、途中、JR西宮で楠原君をピックアップ。やっぱり連休、かなり混んでいる.
    4:00過ぎにJR大町、駅で仮眠...しかし眠る間もなく駅員に「じゃまだ!」と冷たく
    起こされる。それでも駅の外でしつこく眠ろうとする由良さんを連れ、大谷に向かう.
    でも雨。恨めしく空と林道を交互に見ながら決断ができない。
5月3日
    7:00 諦め、とゆうより車に居ても辛いのでとりあえず出発。
       取り付きは赤布の垂れている所、でも確信がもてず結局、西沢出合よりの適当なところを
       攀じはじめた。かなりキツイ藪こぎ。
    8:30 ようやく尾根筋に出る。寒い。正規のルートから上がってきた神戸山岳会の3人パーティーに出会う.
    9:30 1,700m地点。ここもコースを間違えたか辛い雪壁。
   11:00 一ノ沢ノ頭。もうテントを張りたいところだが、明日のことを考え、もうひとがんばり。
   13:00 ニノ沢ノ頭。2パーティーだけ。以外である。天候のせいで皆、諦めたのだろうか?それなら
       空模様も明るくなり始め、ラッキー! ...しかし後からぞくぞくと上がってくる。ついには
       夕方には10パーティー以上のテントが所狭し乱立してしまった。やっぱり人気ルートだ。
5月4日 
    3:00 起床
    4:30 出発 先頭である。他のパーティーは何で、そんなにのんびりしてるの? 混むよ! 雪が腐るよ!
       トップ森本、八木、由良、<長-いスペース>、楠原、藤田。この並びは最後まで。
       遠くから眺めたよりは傾斜もゆるく、快調に高度を上げる.(一人を除いて)
第一岩峰手前の雪壁を行く八木 

    6:00 第一岩峰 右のルンゼは雪が少なく岩稜をフリーで登る。(ここも一人を除いて)
    7:30 第ニ岩峰 40m程。2,3級程度の岩か?後続の3人パーティーが今日中にキレット小屋までとかで、
       先頭を譲る。30分程度の待ちでダブルロープで中間で由良、八木がユマーリングしてもらう。
    9:00 5名が終了。意外と早く終わった.その直後の雪稜のほうがいやらしかった。
   10:00 北峰。記念撮影。
 北峰で完登を喜ぶ

   11:00 南峰。後は小屋のビールを目指して一気に駈け下る。
   12:30 冷池小屋。生ビール\900.高いか?安いか? 俺にとってはリーズナブル。
       縦走組がほとんどか、賑やかなこと。夜遅くまで騒いでやがるグループもある。
5月5日
   5:10 出発
      雪も締まっているので夏道でトラバース。いかにも雪崩そうな斜面である.
      赤岩尾根はやめ、いきなり西沢を下る。傾斜はきついがカリカリに締まった雪に誘われる。
      トップの森本君が転倒しかかりちょっと緊張が走る。しばらくは後向き。
      高千穂平の下あたりからは傾斜も落ちたので、クランポンを外しカケッコ、尻セード。
   6:40 西沢出合。幾つかのテントが見える。赤岩尾根の取り付きも明瞭にマークが確認ができる。
   7:30 しばしの休憩の後、駐車場に着く。稜線から2時間。早い。(一人を除いて)
      大町温泉郷でのんびり湯。しかしイラチの藤田、森本はやっぱり「烏の行水」だった。
      分かってるんだけど....
   17:00 渋滞の前に通過でき、スムーズに明石に無事到着。藤田にとっては久しぶりの完登で
      ある。撤退続きでちょっと気の沈んでいたが、初級コースとはいえ、気分は良し !
                             記 藤田