19日
 20:00 稲美発
20日
 02:00 戸台 着 仮眠
 05:40 臨時便にて予定より早くバスが出る。
 06:30 北沢峠 準備後、仙水峠より頂上へ向かう
 12:00 頂上 快調に
 12:30 8合目 テント設営 「相模労山」の他数パーティーがすでに一日早く入山。
     7合目まで水を調達に降りる、往復1時間30分、登り返しが強烈にきつい
21日
 04:00 起床
 05:00 出発、途中、先行パーティに付いてて下降路を間違う、忠実に赤布をたどればいいのだに。
 06:15 取り付き 赤蜘蛛に4パーティが順番待ち、付いて行けばビバークになりそう。
 06:45 迷ったが同志会右に決める。
    1P Y 左右にルートがあり、最初、右を登るがフリーが入るようでいやらしい、左に移る
      ビレーポイントは間にもあり、少し早め30mほどでとりあえず切る
    2P Y 小ハングを左端へボルトが見える、ハングを超え、20mほどして突如ルートが消える
      とりあえず確保してもらい、藤田が上がる、ハングを越したろ所で右にビレーポイント
      そして大ハングに向かってのボルトが続く、間違った、これが「雪と岩ルート」だ。
      誰かの記録に間違って入ったを読んだのを思い出す。バカめ!同じことをやってる。
      1P終了点までもどり右からまたハングを今度はど真ん中から越してもらう
      続いて藤田、そして埼向さん、ハングウで梃子摺る
      この時12:00 先の大ハングをまだ2箇所越さねばならない。、ビバークは避けたい
              <敗退>  14:30 テント着 心身ともにくたくた
22日
 04:00 起床
 05:00 出発
 09:00 北沢峠着

反省
 計画と準備をもっと綿密に立てるべきでした。
 しかしボルトラダーをただただあぶみの架け替えってなんだかなあ?
 帰りながら話した...「4,5級程度の快適な岩のルートを楽しみたいなあ」


2ピッチ目の小ハングを越えるYさん 紅葉はまだ早いが真っ青の空に木の葉が映える 終了後、天候は崩れだす 甲斐駒頂上付近