大山 八合尾根


 参加 : 藤田(BERG)・八木(はりま)
4日
 20:30 姫路発 大山駐車場23:30 (仮眠)
5日
 06:30 駐車場出発
 07:30 元谷小屋
    この時まだ弥山尾根か八合尾根か決めてない。
    弥山には先行パーティがいる。トレースのない八合尾根にする。
    6合へのトレース後から分かれ、膝下のラッセル、途中からデブリを歩く。
    よく見るとまだ新しい、昨夜のものか?
    雪は安定しているように思え、とりあえず取付き手前まで進む。
    顕著な別山沢からの雪崩の後が確認でき、緊張する。
    雪ハイクに近い感覚で入り込んだのに、何となくトラブルに迷い込みそうな
    いやな予感が頭の隅をよぎる。

   ”大山寺から大神社へ向かう”     ”眼下にデブリの後、ここに再び雪煙が・・・”        ”取り付きは右端のルンゼから”

 08:00 取付 
    取付き手前の急な雪斜面を前に登攀の準備。ここでやっと弱層テスト。
    先日の雪崩講習で習ったばかりのシャベルコンプレッションテスト。
    手首で3,4回目軽く叩くと、6,7cmの所に弱層を発見。CTE 「不安定」!
    本来なら行動変更か中止である。しかしなかなか中止はできないもの。
    1P
    取付の壁までの急なルンゼ気味の雪壁をロープ確保し、慎重に登る。
    見た目より距離があり、50mロープが足りない。途中でリード八木はピッチ
    を切る。不安定な場所での中間ビレーだがしかたがない。
    自分(藤田)がフォローからそのまま1P目を任される。
    しかし、壁の真中で進退きわまる。左は小さなルンゼから急な岩と雪の壁で
    しかもランニングビレーが全く取れない。朝一で体が堅くてこわばってくる。
    右のブッシュにランナーをとり、木登り状態で回り込みリッジにでる。
    小さな潅木を数本束ねて確保の準備。
    2P
    Yはあまり時間もかからず、上がって来る。快調そうなので、次もいやらしい
    ピッチだが、そのままリードしてもらう。本来なら左へトラバースするのだ
    ろうが、雪の不安定さから、中央のスラブ気味のルンゼを直登。
    スラブがかなり厳しそう、梃子摺る。
    この時、「ドウーン」と云う、雪崩の音、Yの苦労も忘れ、雪崩の場所はどこ
    かと目を凝らす。まさに直下、それも数十分前に歩いたデブリを覆うように
    雪煙がまい揚がってるではないか。
    「やばかった」だけでは済まされないような判断ミスをしてきたのかな?
    まあ尾根に出たのだから、沢へ落ちなければ、大丈夫。慎重に行こう。
    いやなピッチで必死の格闘の最中のYはこの事に全く気がついていない。
    リッジに出て小さな潅木でビレー。

    しばらく快適なリッジ。コンテで登る。Yにはまだ雪崩の話さない。
    西面に回り込む、日がまだ当たってないせいでカリカリの雪壁。何となく不安
    で下から来るYに確保を頼む。急なリッジへよじ登り。  一安心。
    3P
    そのままYがリードが急峻だが快適な雪稜をよじ登る。
    また、しばらくコンテ。このまま、後はのんびり稜線かな?   あまかった。

   ”1P確保地点へセコンドで”         ”大岩リッジ いがいと緊張する”     ”黒い三角の岩をやっと超える”

    4P
    Yリード。大岩の乗っかったリッジで苦労する。右下に下り、トラバースもあ
    るが、今回は雪壁が不安。なにせあの「雪崩」の雪煙が瞼に残ってる。
    小さなコルから数m登ったリッジ中間でスノーバーを撃ち込んでビレー。
    5P
    三角の大きな岩場。HPで見た九州の会は右に下り回り込んでいた。今日の場合
    はそのトラバースの方がやばそう。思いきって岩を直登と決める。
    ビレーヤのYは不安がり、トラバースがいい、とかランニングビレーとか色々
    わめいているが、もう聞こえない振りして無視。行くしかない。
    「落ちたら右の沢、左(別山沢)へ飛んでくれ」これで大丈夫と思い込む。
    「止めれない」と不満の返答。でも無視。
    いつ剥がれるかしれない岩のホールドを祈る思いで一歩一歩。岩が終わった。
    でも、まだピークではなかった。スノーリッジを這うようによじ登り、コルへ
    助けを求めるように四つんばいで落ち込む。しっかりした潅木でビレー。
    夏道が左手に近づく。縦走する人が此方をしばらく眺めてるのが見える。
    「何やってる?」ってなもんかな。
    6P
    Yが上がって来て、そのまま最後のピッチ。これは快適な雪稜。
    引き続きの好天が助かる。別山沢の上部に表層雪崩の亀裂後がくっきり見える。
    こんな上部から末端まで次から次へと雪崩ているんだ。
    今、ここから見ると「雪崩は実に美しい」新田隆三先生の本を思い出す。
    12:30 しばらくの休憩で周りの景色を楽しむ?
    13:00 だんだん広くなる雪稜から八合目の夏道稜線にでる。

    下山途中、もう一度、確認と勉強でシャベルコンプレッションテスト。
    この時、ハンドテストとシャベルとの大きな違いを見つけた。
    ハンドでは上部6,7cmの弱層が手と腕で覆われ、その下30cmの次の弱層までは
    あたかも何もないようにとれた。テストにかかる時間はほとんど変わらないの
    だから、まめにシャベルテストを行うべきである。絶対!
    14:30 駐車場


   ”登り終えた八合尾根とそのバックには別山”      ”弱層テスト”        ”別山沢の最上部の表層雪崩の源” 

    == 反省と総括 ==
    軽い気持ちで今回の尾根を選んだのが、思いがけずある意味で充実した山行
    ができてしまった。雪の着き方で全く予想も出来ないほど簡単にも、難しく
    もなる。ともあれ先行パーティーが居ないことは間違いなく、充実した山行
    が期待できるってことだ。
    だが素直に喜べないことがある。
    もう少し時間がずれてたら、あの雪崩に間違いなく巻き込まれていた。
    まず、デブリが見えたとき、どこか適当な場所を見つけて弱層テストをする
    べきであった。何となく見た目で安定と判断してはいけない。
    取付手前まで来たときはかなり危険を感じ、テストしたが、「不安定」の結果
    であの時の状況ではなかなか中止とはしにくい。好天、弥山尾根には快適に登、
    っている数パーティが見える。
    アプローチを変えるにもトラバースの方が危険と思う。
    取付きに着い後は、慎重に、しかし速やかにリッジに上がるしかないだろう。
    やはり最初が肝心、アプローチでのテストと判断をおろそかにしてはならない。
    と云うことだろう。

    反省もあるが、今年、初の雪山を十分に満喫できた。
    この程度のグレードの雪稜であっても、結構緊張も
    あり、楽しむことができる。
    相対的なグレードで考えず、その時点での自分にとっ
    て適当な難度のルートを選べば、まだまだ冬の山も諦
    める年齢ではない。
    少し疲れの残る体に心地よさを感じている。

                          記 藤田