大同心雲稜、裏同心の氷

                                                                      藤田、森本

128

19:20     西宮 出発

              シーズンオフにはこんなに早く着くのか、5時間。

              しかしさすが八ヶ岳、寒い。初の冬を感じる。

              24:30     八ヶ岳 美濃戸 着

129

06:00     美濃戸 発

08:00     赤岳鉱泉              2時間でテント場。リゾートクライミングだ。

10:00     裏同心 登攀開始

              氷の状態は上々、快適なアイスを楽しむ。易しいが今年、初の

              氷だ。こんもんで十分。なにか明日の大同心の登攀が辛く

              なる。とても基部でのビバークする気になれない。

14:30     終了       以降 大同心の偵察

1210

06:00     出発

07:00     基部到着

07:30     登攀開始。1P:藤田リード。なんか体が動かない。重い。

              10mほどのフリー。後はA1.テラスへ。

              P:森本リード。左頂上が正規か?しかし右へフリーで数m

              トラバース。右のハングを見ながら凹をA0かA1。フリーに

              なる所が、かなり厳しい。後10mほどフリーでビレー点。

              P:藤田リード。易しいフリーのフェイスを10m。凹をA0

              とフリーでピナクルを目指す。

              P:森本リード。出だし凹のA1でバンドへ。

P:森本リード。出だし凹のA1でバンドへ。

 

                                                                      P目をリードする森本氏

 

              P:藤田リード。南稜との合流へのトラバース

              11:30 後1ピッチ。JRの最終電車に間に合わすには時間が厳しい。

吹雪でつらい、藤田があぶみを落としたこと。未練は残るが...

              最終的には年末の屏風へのトレーニングだから、まあ今年最初の

              冬としてはOKとする。