剣 源次郎尾根 中央ルンゼ、(成城大ルート)

日時 2012年8月17日〜19日
参加者 F,K、T、T


 8月17日(金)
 04:00 西宮 T宅を出発
 09:00 立山駅 駐車場
 10:00 ケーブr、バスにて室堂へ
 15:00 剣沢キャンプ場
       久しぶりのボッカでつらい、たどり着くのか?


        雷鳥沢で迎えてくれた、クルマユリ

剣沢は思ったほどは、テントの数はなかった。
盆の後半となれば、こんなものか?
さあ明日は延々12時間の行動、行くしかない。

 目指すは青色下部の中央ルンゼから赤色上部の成城大ルート 圧倒されそうな岩壁

明日の天気は良さそう 黄昏の剣沢Camp場

 8月18日
 03:00 起床
 04:00 出発
 05:00 中央ルンゼ取付き 微妙なシュルンドが、この核心かも?
 05:45 登攀開始
       1P F フェイス、チョックストーンの乗越し、濡れたルンゼの手前で切る。
       2P K 濡れた嫌なチムニーを越し、フェイスに移る所がいやらしそう。

中央ルンゼ取付き 下部にF1が見える         1Pから2Pへのチョックストーン



2P 濡れたチムニーから左のフェイスへ乗っ越す

     3P F ルンゼをただただ、登り続ける。
     4P K ガラ場とオウカクの繰り返し
          ピッチがルート図「とはもう合わない、ロープも流れにくいので
          適当なところで切る
     5P F フェイスからルンゼへとあるが、オーカクを詰めた所で行き詰る。
          ルートを間違えたか? 左のルンゼに逃げる。
          どうもこれが、間違いの元だったかもしれない。
     6P K 滝であろう?少しハングを越すんだが、浮石ばかり、触れば、踏めば
          たちまち崩れる。ほうほうのていでなんとか乗越す。
     7P F ルンゼを詰める。潅木でビレー
          踏み跡が見つける。おー! 終わった。上部の声も聞こえる。
          一旦、縦走路にでる。

   あれが上部成城大ルート 取付きが分からない????

 11時を過ぎる、予定のタイムリミット、体もバテバテでここで上部は諦める。

 1峰の頂上を目指す、かなりきつい登りである。
 2峰への易しいクライムダウン、そして2峰の懸垂下降地点。
 渋滞、6名が待機。ちょうどの大休止。
 何か臭う? 誰や、こんな所でキジを撃ってる
 怒鳴ってやりたいが、まあほっとけ! 喧嘩はいやだ、俺、弱いもん。。。

 50mロープいっぱいで数m上の棚に降りる、クライムダウンでコル。
 さあ ここから長次郎雪渓へのエスケープを探すのだが、わからん。
 懸垂下降したすぐ左のチムニーでしょう、と云うが?????
 他にないので、とりあえず、残置のピトン、一本で懸垂。
 途中で足りなくなるも、ロープを外し、クライムダウン。
 雪渓上端の棚にたどり着く。
 K嬢は懸垂で降りるも、こんどはロープが抜けない。二人掛かりでやとこさ
 回収。シュルンドの越せそうな箇所を探し、雪渓降り、軽アイゼンでは
 この斜面は辛い、確保をしてもらいながら、トラバース、そして草付の斜面に。

 彼方に熊の岩が見える。あそこまで、雪渓とガラ場の繰り返しのトラバース
 やっと熊岩に着く。 後は長次郎雪渓を下る。 長が〜〜い。

 16:00 真砂沢の出会い。あと1時間か?
       甘かった! 何だか気が抜けたのか、足が動かない。
  休憩を繰り返しながら、剣沢の登り返し。「しんどい」
  小屋へ駆け込んで「ビール」と思えば、本来なら最後の力が出るはず。
  今回はいくらビールを頭に描いても、体が動いてくれない。
  疲れと、体調からどうも高度障害が出てたのか??
  なんと18時にテント着。14時間の行程になってしまった。

 食欲なし、ビール、2缶を飲んで、テントに撃沈!

 8時に目が覚めてしまった。息苦しい、もどしそう!

 完全に高度障害だ!真っ暗の中、一人、ウロウロ。。。。。
 呼吸を大きくしながら回復を待つ。

 夜空、、、、おう満天の星空、何年ぶりかに、天の川も見える。
 どうせ寝れない。しばし寝転んで夏の夜空を眺めることにする。

 夏の大三角形 コト座のベガ(織姫星)、鷲座のアルタイ(彦星)、白鳥座デネブ
 ベガとアルタイの間に、そう天の川。
 子供の頃は家の近くで、いつでも見えたなあ。
 
 星空に心を癒され、今日の苦しさも忘れ、胸のムカつきも治まってきた。
 里が恋しくなってきた。
 明日は温泉とビールと。。。「何食べようかなあ?」