T4から1ルンゼの方へトラバースしたが,始め緑ルートの方まで下り過ぎT4の方へひきかえす。
東谷さんが取り付きを捜して、 おう角らしい所が5、6m上にあるのを見つけ登りはじめる。
1ピッチは三級にしては結構しよっぱいフェースを登る。
2ピッチ目はフリーを交えながらの四級のA1の登りであった。
ルート図では大テラスまでは3ピッチとあるが2,3ピッチをつなげて登ってしまう。
この大テラスはまったいらなで、ゆうに三人は寝る事ができそうだし、T4よりはるかに寝心地が
良さそうに見えた。但し昨晩の冷え込みの様な時は多分我々の様な軟弱者は一睡も出来ないままの
ビバーグを強いられそうなので寝心地が悪くても、少しでも標高の低い方を選択せざるえないだろ
うと思う。
大テラスから吉岡リード。前傾壁のA2とあるが下から見る限り、殆ど垂直に近く、支点が少々不
安定だったのでA2となったのかと思う。後は単調なフェースのA1とあるし上を見上げてもそんな
に大きなハングも見えないのでここから下降することにした。
話し合いで大テラスから上のピッチは3ピッチで切って下降すると言う事だったので後2ピッチあっ
たが同じ様なので切る事にした。雲ひとつない晴天の連休とあってT4へ向けて5,6パーテーが
上がってきているのが見えていた。T4へ戻ると数パーティーが待っていた。その中の1パーティー
が[鵬翔ルート]を登るとの事。しかも今日はビバーグして明日登るとの事。思わず登ることより
ビバーグの方を応援したくなった。
「 T4から3ピッチ目の弘美 」