北アルプス/錫杖岳/前衛フェース/ANNIVERSARY


日時    9月29日(7:30 − 14:00)
メンバー  藤田(Berg松涛)、森本(岩雪こぶし)

P1 : 20m/5.7/AA1   藤田
  ペツルの残置からバガブーとナイフブレードで右にネーリング、有持さんの言うバリエーション
  として...のフリーに移る。(手前に残置のハーケン有り、前登者が回収できなかったので
  あろう。)立ち木までのフリーが案外に緊張する。とくに荷物を担いでのフォローは。
  さらに5m上の広いテラスにフリーで。久しぶりのAA、朝一はかなりぎこちなかったが、これで
  少しは落ち着いた。でも疲れる、やっぱり一人でリードはしんどい、「つるべ」だ。
P2 : 20m/5.8/AA1+ 森本
  出だしはフリーでも行くそうだが、AAの練習でもあり、キャメとナッツで5mほどエイド、さらに
  2,3mフリーで上がると残置のリング。森本君はここで切りたそうだったが、冷たく「あかんで!
  左に回りこんでもっと上がる」、かなり悪そう。バガブーとキャメロットのフリーとエイドの
  ミックス。「猿の腰掛けテラス」へ。残置の古いハーケンは気休めか。
  狭い所でのリードの交代は少々やりづらい。
P3 : 20m/5.7/AA1   藤田
  出だしのエイドがちょっと怖い。キャメロットで凹核のフリーへ移る.残置ボルトを超え、キャメ
  と気休めの小さな立ち木のランナーで左にトラバース。草付をフリーで右に上がると大きな立ち木
  のんびり座り込んでのビレー。
昼食を兼ねての休憩。見事な北沢フェースが望める。
P4 : 20m/5.8
  コンテでバンドを左にトラバース。残置のリングのビレー点で確保し、フリーで数m上がると左方
  カンテの4P終了点と合流。コンテでハング下まで。
P5 : 15m/AA1+     藤田
  核心である。チムニー手前のビレー点は左方カンテのパーティが居たので手前下からキャメロット
  #3、#2、#1で垂直に登る。ハングからはバガブーとナイフブレードを下向きに打つ。
念入りにテスティングしてから乗り込む。案外しっかり利く。乗越しがキツイが超えた所に打った
  ロストアローが強烈に利いてくれたので思い切って乗りこめた。後はエイリアンとキャメ#2で
  ビレー点に。確かに片足のテラスだ。ハンギングビレーでフォローを待つ。
  怖さで思い切り打ち付けたピトンだったが案外と短時間でクリーニングして上がってきた。
P6 : 30m/5.7/AA1   森本
  出だしはキャメ#2、その後のリスがスカーになっててネイリングができない。エイリアンに
  そうと体重をかける。開いているのでナッツも利かない。フレンズのハイブリッドが見事に利く。
  次はロストアローの浅打ち。これは気休めか。そうっと体重をかけフリーに移る。
  階段状を登り,大また開きで右に移る。ランナアウトするので緊張する所だ。
  RCCとリングの終了点。ほっとする。時間切れにもならず完登できた。
「 取付」
ギヤー
  キャメロット #1−#3 1セット
  キャメロットジュニヤ   1セット
  エイリアン        1セット
  ナッツ          1セット
  ロストアロー       4
  バガブー         5
  ナイフブレード      3
  クイックドロー      30セット
  カナビナ         10
  シュリンゲ(タイオフ)  10
  ロープ(9mm.50m)    2本