SWING GALLERIES

スウィング ギャラリーズ♪20
水田芙美子さん (山本由香 役) 
 川西町フレンドリープラザで2005年2月12日に開催された「第20回東北学生音楽祭」の前日、お昼頃にガールズルームのT主任から一通のメールが届いた。
 「明日、ベースの娘も来るそうです。」
 もう、慌てました。パニくりました。まだ、豊島さん、根本さん、山口先生の似顔絵すら描いてなかったのです。この時点で矢口監督の似顔絵は諦めました(監督ごめんなさい)。んで、徹夜で描き上げた“ベースの娘”水田芙美子さんの似顔絵がコレ。
 ガールズ一の美貌を誇り、竹中直人さんに「自分好みの女の子」と言わしめた彼女。そりゃあもう描く手にも力がこもりますよ。気持ちバニングやトラックのリヤに描かれたエアブラシ(工藤静香とか多い)みたくなってしまったのは計算外ですが、間違いなく今までの中で一番気合の入った最高傑作です。コレを本人に渡せるなんて、しあわせだなぁ〜ぼかぁ。
 2月12日午前8時20分、ガールズルームのS女史に完成した似顔絵をメールに添付して送信しました。ほどなくS女史から電話。S:「画伯、せっかく描いてもらって申し訳ないんですけど、水田さんじゃなくてギターの髪が短い方の娘が来るんです。」私:「え?んでもT主任のメールさ“ベースの娘”が来るって…」S:「あ〜…。Tさん間違えたんだ。未だにガールズメンバー覚えられないんだから…」
 私はこの似顔絵を「幻の名作」と名付けました。あー、水田さんに会いたかったなぁ…(T主任は説教部屋行き決定)。