リンクのページへ
第二のアドレスへ
第三のアドレスへ

Shohji Itoh (benzoh) 's Home Page 1

わたしは 伊藤(いとう) 祥司(しょうじ) (ショージ(べんぞう)) です。
@benzafw

旧べんぞうHP( Benzo's Home Page (伊藤祥司) )について

本HPは以前は福建系台湾語とその表記 など主な内容にして作られてましたが、 それらは一旦喪失し、回復成長までには至りませんでした。
今見てみたいと思う方には、 2008年8月版圧縮書庫ファイル メールへの添付 にてお送りします。
また、或る情報によると https://web.archive.org/ にはまだ保存されてます。
「ψメニュー」のDOS/V版,入手したいので、誰か方法を教えて下さい。

"DownLoad From Benzo"

当該のファイルをダウンロードするには、 各本文の行頭にあるファイル名をクリックして下さい。
(ダウンロードした圧縮アーカイブ−ファイルの解凍では、
*.LZHにはLHA32か、それに対応するソフトを、
*.ZIPにはPKUNZIPか、ZIPに対応するソフトを 解凍にご使用の上、閲覧下さい。-} 7z-FM ( 7-zip_FileManager ){- (または -}LZHFLDR.MSI{-))
なお、コンパチサプリとエクステンションBの区画の字もありますので、それらも見えるために、ウインドウズ用フォントには、 http://okuc.net/sunwb/ から UniFonts.exe ("Sun-ExtA","Sun-ExtB") 、そのほかに、日・台・韓・中・越のウインドウズ(Vista以降)用フォントをインストールして下さい。
Menu:
STREAM.PL
‘指定文字列’を‘特定のテキストファイルの内容’に置き換えるPERLプログラム(魏世杰氏作)
FD_V312A.TXT
FDファイラー全鍵一覧テキスト
BMPGIF20.LZH
白黒ビットマップなどをインターレースGIFなどに出来る画像コンバータ
→(この行より以下のファイルについての注意
HMACIN9F.LZH
16進・10進の数列挿入のための秀丸マクロ集
OVRJ2DEC.LZH
シフトジス以外の字(いわゆる外字)を &#ユニコード十進数; に変換する秀丸マクロ
MAD_E_BE.ZIP
“フリー版「マッド・エディット」 の漢文用カスタマイズ”(「有女同車」氏による)
EASYBENZ.CSS
このご覽のHPファイル自體に使用するCSS(同於「QYT/206/」)(これはこのディレクトリのその位置にあります。)
→(この行より以下のファイルについての注意
KKUTATXT.LZH
武田祐吉校註《記紀歌謠集の本文を原文と訓み下し文とに分けたテキスト
KJKNSKSG.LZH
記紀續紀歌謠のHTMLファイル
CJKHANIE.LZH
シフトジスの環境でHTMLにユニコード漢字タグを挿入するためのテキスト
19320643.LZH
復原切韻》本文《広韻》紐表《韻鏡》型の韻図のリンクセット
LIP.LZH
段玉裁《六書音均表のリンクセット
SI300.LZH
詩經のリンクセット
JG.LZH
爾雅のリンクセット
LG.LZH
論語のリンクセット
EK.LZH
易經のリンクセット
SU.LZH
書經のリンクセット
CL.LZH
周禮のリンクセット
HK.LZH
孝經のリンクセット
LZ.LZH
老子のリンクセット
CJ.LZH
楚辭のリンクセット
storyhtm.zip
川合真永編《台灣笑話集の本文の“ローマ字への翻字”(伊藤祥司)と“英訳”(魏世杰)とのリンクセット
CHOUA.EML
Pai Chou 's romanization system on Minnamese *.EML
IL.LZH
顧氏《音論のリンクセット
    本文:

  1. STREAM.PL Version 0.2 1998.10.29.
    テキスト中の或る特定の文字列を或る特定のテキストファイルの内容置き換えるためのプログラムです。
    複数のファイルに複数ある特定文字列を、複数行のテキスト内容にスピーディーに置き換えることが出来ます。
    Perl用。魏世杰 (Seke Wei) 氏作成。1998.10.被贈。
    基本的な考えとしては、文字列置き換えの基本的コマンド
    JPERL -pi.bak -e "s/strA/strB/g" filename
    ( 文字列 strA を文字列 strB に変換してバックアップファイル *.bak を残す)
    を敷延する為のものです(第一には、上記のコマンドの場合に正規表現の改行 \n がコマンドの終了と読まれてしまうことがあるため、それを乗り越えるという意味で)。
    例えば、コマンドラインから、
    JPERL6 STREAM.PL KeyString FileName SortSeedFileName
    のようにしますと、FileNameファイルの中のKeyString文字列を、全てSortSeedFileNameファイルの内容にすることが出来ます。
    もしFileNameの一部に一貫性や識別性が纏まってゐて、??*などを代入出来れば、それらを一括して変換できるわけです(例えば、 N01??21.HTM などの指定法が可能)。
    {PERL PROGRAM TO STREAM STRINGS TEXT FILES}

  2. ST.BAT
    
    @REM This file needs PERL.EXE and STREAM.PL 
    @REM and your sorting forms that have same names with your key strings.
    @REM Set this in a pathed directory on MSDOS or MS_Windows.
    @REM If you have a form that was named aaa008, 
    @REM st aaa008 filename
    @REM will stream the stirings aaa008 in a file(A) by a file(B)aaa008.
    JPERL6 STREAM.PL %1 %2 %1
    
    前項の STREAM.PL を簡便に使うための一行バッチです。
    例えばファイルfilenameの文字列 zzz をテキスト zzz で置き換えるには、
    カレントのディレクトリに対象ファイルと STREAM.PL と ST.BAT を置いて、
    ST zzz filename
    とコマンドします。
    多数のファイルの多数の文字列を一挙に同名のテキストファイルの内容に置き換えることが出来ます。
    {PERL STREAM STRINGS TEXT FILES}

  3. FD_V312A.TXT 2006.07.22. -2012.08.13.
    DOSファイラー FD のバージョン V312a のキー・ヘルプです。
    全鍵を網羅的にリストしました。シフトジステキストです。
    {A KEY_MANUAL TEXT FOR THE "FD FILER" = "FILE AND DIRECTORY TOOL(BY MR. A.IDEI)"}


  4. BMPGIF20.LZH 2007.01.10.
    打鍵者の要望に応えて 1997.10.19. 橋本孔明(はしもとよしあき)氏が製作したコマンドライン操作画像コンバータ2色(白黒)・16色・256色の三種のビットマップファイル(*.BMP)からGIFファイルを作成出来、インターレース色を指定するオプションも可能。例えば 35692.BMP の白い背景を透明にしたGIFを作りたいのであれば、
    BMP2GIF -i -T:1 35692.GIF
    とコマンドします。予め、
    BMP2GIF.EXE はパスの通ったディレクトリに置き、同時に
    KHBMPGIF.DLL を :/WINDOWS/system/ か :/WINDOWS/system32/ ディレクトリに入れておいた上で、使ってください。
    また例えば、FDファイラーのカスタマイズコマンドのキーに登録すれば、いくつものファイルを同時指定して変換することが出来ます。→打鍵者の使用例=「シフト」+「G」:キーの位置に
    BMP2GIF -I -T:1 $M
    例えばブラウザIEではバージョン7になるまで長らく貼り付けイメージファイルの表示の対応からBMPファイルをはずしてゐたのでBMPは非正式的なイメージがあり現にそのような状況にあったのに、今昔文字鏡の外字イメージ出力は今もBMPですので、現在まで当面これが最も便利となったわけです。とにかく、字の背景の色がインターレース(透明・透過)に出来ることは結構ポイントです(現在日本の(XP(のSP2)までの)ウインドウズのアクセサリにあるペイントでは、保存形式にGIFを択んでもインターレースにはならないようですので、ペイントで「編集」→「貼り付け」で受けたイメージを「ファイル」→「名前をつけて保存」→「ファイルの種類」で「モノクロ ビットマップ」を選択し、白黒BMP形式で保存してから、このソフトをファイラーから連動させて一括変換するのが、コンパクトな背景色透過ファイルを得る良い方法となるわけです)。
    同氏のサイトなどから消えたので、敢えてここからダウンロード出来るようにするものです。当ソフトによってフリー作成の道を得た方は、出来れば後日、リードミーファイルの記述に従って、評価並びに好意として同氏に幾らかの寄付をよせてください。
    {KH BMP2GIF COMMAND LINE IMAGE FILE CONVERTER WITH DLL IN SYSTEM DIR OF WIN CAN SELECT INTERLACE COLOR}


  5. この行より以下のファイルズは、訂正が出来次第、予告無く更新しますので、最新更新の日付をこのページの各欄で確認して下さい(但し、同日中に複数回にわたって更新することが有りますので、その場合には第二回以降についてのみ時刻を入れておきます)。


  6. HMACIN9F.LZH 2006.11.03.
    半角英数の複数行の同位置に半角の十進数( Decimal nubers )や十六進数( Hexa-Decimal numbers )を挿入してゆくための極ごく原始的なマクロセットで、「秀丸エディター」(とその英語版「まるおエディター」)用です。馬鹿馬鹿しかったり、不便・不合理に感じたりした場合にも、一言コメントを下さい。
    {HM HIDEMARU MARUO EDITOR MACRO CAN SORT DECIMAL HEXADECIMAL NUMBERS}


  7. OVRJ2DEC.LZH 2006.12.18.
    - 2007.03.14.
    日本のコードではプレーンテキスト保存できない字種(いわゆる“外字”全般)を &#ユニコード十進数; に置き換えてくれる「秀丸(ひでまる)エディター」用マクロです OVRJ2DEC.MAC 。(但し、機種依存表示字種は変換しないので、その点に就いては下欄のアーカイブの中にあるバッチファイル( MACHINAL.BAT )を併用してみたりして下さい)(cf.使い方としては:変換後、HTMLにすることによりブラウザでそのまま見たり出来るでしょうし、更にはコードに対応したタグを下欄のテキストセットなどから貼ったりフォント指定を加えたりすることになるかと思います)。(秀丸開発担当者山本氏より 2006.12.14. 被贈)。
    {HM HIDEMARU MARUO EDITOR MACRO CAN CONVERT UNICODE OVER JAPANESE PLANE TO &# DECIMAL ;}


  8. EASYBENZ.CSS
    2008.07.10.

    このファイル自体のCSS(カスケーディング・スタイル−シート)(理由は礼記少儀の文の押韻表示でとうとうこのHP(ホームページ)にも配色設定を使ってしまったから。で、中味は「206/」でのものを貼ってあるので、参考までに。)
    このページと、このCSSの関係を用いた、古音三十一部の配色説明簡表は、以下の通り。
    古音卅一部對轉色表
    (但し「べんぞうライク」(伊藤祥司式)の提案)
       韻尾の類    陰・ 入: 陽 PC以外での事情
    審音的な書き込み方
     ○ 
     △ 
     ▽ 
     色鉛筆
    韻文閲讀專用な圈識 ○  ○  ○ 
      甲類乙類の目安  古韻部の代表名稱と配色段玉裁十七部
    タグ部名タグ部名タグ部名
    amajag  1 :    1 ;  6  ○△▽ 桃色  ももいろ
    一等韻(漢音でも呉音でも直音)三等韻(のうちの魚韻)(漢音だとカナでも拗音)(『飫』はbmbjbg  5 :    5 ; 10  ○△▽ 紫色  むらさき
    cmcjcg 16 :   16 ; 11  ○△▽ 橙色  だいだい
    dmdjdg  4 :  ( 3);  9  ○△▽ 深紅  しんく
                emejeg  3 :    3 ;( 9) ○△▽ 朱色  しゅいろ
    甲          fmfjfg   2 :    2 ;     ○△▽ 黄色  きいろ
    か、乙寄りgmgjgg(15 :   15); 13  ○△▽ 黄緑  きみどり
    か、甲寄り
    (『米』『迷』『閉』は
    hmhjhg 15 :15,12 ; 12  ○△▽ 茶色  ちゃいろ
    「月部」と「月部去聲」はimijig 17 :  (15); 14  ○△▽ 水色  みづいろ
                jm jjjg    :    7 ;  7  ○△▽ 紺色  あゐいろ
    甲          km kjkg    :    8 ;  8  ○△▽ 緑色  みどり
    此、是 母音韻尾、
      是 鼻音韻尾、
      是 閏聲促音。
      或云 陰是濁入
    中古以降 今音、別有陰陽、
    在此古音 分部、絶無關係。

    金壇段玉裁茂堂、
    有《六書音均表》、
     《説文解字注》。
    分古韵爲十七部。
    王力最近分卅一。
    今于正轉用同色、
    總爲十一以爲便。
    字有諧聲、韻有遠近
    屬聲歸字、猶有俟審。



  9. ※以下のセットは、ディレクトリ構造を持ってゐるので、LZHファイルをLHAで解凍する時には、
    LHA32.EXE x -a2rd filename
    のように、全属性を対象とするためのコマンドオプションを付けて下さい(ZIPファイルの解凍も注意点は同じ)。HTMLセットは相互にリンクしてゐる場合があるので、皆同じディレクトリに置いて解凍して戴けることを希望します。また、ファイルネームやディレクトリネームに大文字小文字の差異を反映してゐるもの(※印で注記してあるもの)があるので、32ビット版のツールでの解凍が望ましいと思います。
    HTMLは、ブラウザーで云うと、IE(MSIE:マイクロソフト・インターネットエクスプローラ)4以降向け(現在は)に作りましたが、ネットスケープ(NS)ナビゲーター7.1でもCSSファイルやユニコード用十進数タグを読んでゐるので、どちらでも見れると思います。
    たとえば、
    フォントフェイスや文字の大きさを気にしたり、表示が成功してゐるイメージファイルのアルタネイト文字列を見る必要があるのであれば
    前者(MSインターネットエクスプローラ)、
    アブリビエーション(略語)タグ(解説埋め込み)を安定して参照したいのであれば
    後者(NSナビゲーター)、
    のようになると思います。
    (因みに、 Mozilla Firefox 1.5.0.6 または 2.0 も、NSとほぼ同様です。それに Avant Browser 11.0 build 25 でもIE7と同等かそれ以上の状態で表示が出來るようです。)
    IEでも、アブリビエーションタグを参照出来るようですが、その表示は点滅を繰り返します。)
    (更に、NS7.1Firefox 1.5 では、下点線表示になるアブリビエーション箇所を選択してプロパティ表示しコピーすることも出来るようですし、表示可能な文字コード領域も、IE7Avant 11 よりも広いようです(例えば“CJK統合漢字にユニコード4.1で増えた追加部分”や“互換形サプリメント”や“エクステンションC”の字も閲覧可能。(但し互換形に4.1で増えた部分は駄目な様子))。)

    打鍵はシフトジスのプレーンテキストですが、ユニコード番號タグの插入などによって別の字種も使ってゐますので、フォントを別途ダウンロードして下さい。必要なのは例えば、 CJK Unified Ideographs (CJK統合漢字)という區劃、及び、そのエクステンションA・コンパチビリティー・エクステンションB・エクステンションCなどという名稱の區劃です。なので、ウインドウズではVista用フォントがあれば問題ないと思いますが、MSの "Microsoft Sans Serif" や "Arial Unicode MS" や "SimHei" "SimSun" といったフォントを入れる、GB18030サポートキットをMSからダウンロードする(例えば増えるのは"SimSun-18030")とか、更にその更新をする(例えば増えるのは "SimSun-ExtB" )、ベトナムの "HAN NOM A""HAN NOM B" をダウンロードする、 "Sun-ExtA" "Sun-ExtB" を入手する、臺灣の 新細明體更新套件を入れる(例えばそんなことで増やす目標に出來るフォント名は "新細明體-ExtB" "細明體-ExtB" "MingLiU-ExtB" など)、などしてみて下さい。


  10. KKUTATXT.LZH 2006.10.09.
    - 2012.02.16.
    岩波文庫947−948:武田祐吉校註《記紀歌謠集》の本文を、二つのテキストファイルに打鍵したものです(内容は《古事記》と《日本書紀》の中の歌謡の有る部分)。
    KIKI_UTA.TXT
    原文かなと、初読から三読までの時のメモ行から成ります。
    KIKI_UT2.TXT
    訓み下し文に、ローマ字行を付加したものです。
    前者と後者は、検索などの便宜上、分けて打鍵することにしたものです。
    前者のメモ行は、全てローマ字であり、記述は専門的でない英語寄りですが必ずしも一般的な単一的代表的な言語ではなく、福建系台湾語・アイヌ語・和語などの場合があるので、その点には注意して下さい。
    体例などに就いて詳しくは、行頭に#印の付いたヘッダ行を参照してください。
    コードはシフトジスです。JIS以外のユニコード字は例えばを[人舞(x511b)]とするように、解字表示と16進数四桁とで表わしてあります(但し括弧の中が@10進数五桁の場合は所謂「文字鏡番号」です)。
    {PLANE TEXTS TO READ SONGS IN KOJIKI AND NIFONSHOKI FROM A BOOK BY DOCTOR YUHKITI YUHKICHI YUKITI YUKICHI TAKEDA 武田祐吉 記紀歌謠集 記紀歌謡集 本文 書き下し文 かな ローマ字 打鍵テキスト}


  11. KJKNSKSG.LZH 2009.11.25. - 記・紀・續紀の歌謠を歌別にリンクしたHTMLファイルズです。

  12. MAD_E_BE.ZIP

    2008.07.10. Here have a customise file for MadEdit to view Sino classic text with Mr.Blank-Ego style.
    It's a happy present for us, because he is a young man who typed guangyun0704.zip ({- guangyun.zip {- Kuankhiunn.rar & KuankhiunnXLS.rar {- 廣韻全字表.rar ) and upload on website in 2007. (His newer files will be uploaded on http://www.esnips.com/web/blankego-phonology/ ) (※北大中文論壇で唯一初の彼の「廣韻全字表」ファイルの所舉本は、黄(季剛)侃がそれを手批せるにも寄りその宋巾箱本とのこと。(同じ宋繁本系だが今一般(《詩經》〈匏有苦葉〉二章の疏で舉がる《禮記》〈少儀〉の「非天子,不議禮、不制度、不考;今天下,車同軌、書同、行同。」)な周祖謨校本と字形選擇が異なるのでという(「(〜というものを〜)」然して黄侃先生のであるという)意味。))。
    Mad Edit can type 32bit codes characters too with free.
    (※マッドエディットは、2007年時點では、フリーで32ビットコード文字がOKなものとして唯一同氏の紹介によって知り、「全字表」ののすぐあとに續いて、日本で解凍可能なようにしたものを上記アドレスに上げて貰った物なので、それを彼の漢文用カスタマイズで使えるということは、一つの幸福なプレゼントであり、私は秀丸が狎れなので關係の暇が無いが少なくとも作者の配色で作者の「廣韻全字表」が見れる、ということには成る。遲蒔き乍ら、翌年梅雨七月十日に抽出獨立化した。)


  13. CJKHANIE.LZH 2006.09.04. - - 2016.08.14.
    シフトジスのHTMLファイルにユニコード漢字を挿入して使う時に、
    文字と該当コードを検索・ペーストする為の
    、極めて原始的な文字列テキストファイルセット。
      ファイル形式:
    • ATOK13→18以降用単語登録テキスト(単に形式として簡単だから表面上択んだ(そのバージョンからユニコード使用が可能になったことも理由)。つまりベツニこのまま登録しろという意味での形式ではない)。
      長所:
    • 元の十六進数(0-9 + a-f )から該当の十進数をタグ用に一々割り出すという手間が省ける
    • HTMLのアブリビエーション−タグに、ユニコード十六進数・解字情報・文字鏡番号が残るので、シフトジスプレーンコード内で管理出来る
      主要依據:(より新しいものが望まれるものはストライク入り)
    • JISX0221-1995(¥25,750)[新しいものが出たし、更に新しいのが作成されつつある]
    • 文字鏡ビットマップ版(¥18,000)
    • 文字鏡15万字版(2006.10.末発売・¥28,000)[ExtAはカバーされたが、ExtBはまだ、など]
    • 今昔文字鏡16万字版[ExtCはまだ]
    • dkw2ucs.txthttp://kanji-database.cvs.sourceforge.net/kanji-database/[現在新しいバージョンへと進行中(2007.08.現在、本作業一旦でのチェック結果報告1000條前後が川幡氏により全て反映された)]
    • 旧改訂版諸橋大漢和縮小覆製版(台灣)[補卷と語彙索引が現在は別賣されるし、音注の問題点訂正は廣漢和に於て反映したとされるのでそれが別に要り、更に新改訂でも訂正が望めないであろう注意点もある。]
    • 2008年06月にiso10646最終増改訂の決定ファイルが入手できるに至った。特にExtCの字はこの最終改訂ではコード位置が少しづつ地滑り的にズレてしまったので、これから少しづつ直してゆく。最終改訂はIECとかでなくTEIという格がファイル名に這入ってゐるので、折角の孫海峯氏のフォントもこの決定によって改められた。これまでに打鍵についてExtCに手を出した者はみな大変なことだけれども、早く新しいフォントでヤりたいものだ(遂に新増のヒエログリフと共に…)。(2010."花園明朝"フォントが出た)
      増改方針の変更:
    • 諸橋大漢和の反切と義注引用を転記することにした(それのひどい省略には§印あとで足す省略に§§・それへの問題提起や補足にはその頭に印)
    • 文字鏡同出字の番号を極力入れるようにしてきたが、削ってゆく場合も出る。
    • 同字指定のメモを一枚のユニコードファイルにする準備をした( U_LISTS.TXT )。
    • 大修館諸橋大漢和を呑むことで古典解釈が餘りにも可怪しくなってしまう点を中心に、これからは今までの書き入れを一枚のユニコードファイルに移記してゆくことにした( CORR_DKW.TXT )。(これは、このセットの作成作業がBに至ったことによって要り用な字が殆どそこに打てる仕組みな次第の爲に可能となったものである。)
    現在のとりあえずのコード範囲:
    CJK Unified Ideographs
    CJKHAN??.TXT 01 - 21 -} CJKHANBS.TXT(メイン)(約二万字分)
    CJK Compatibility Ideographs
    CJKHANCP.TXT (付属)
    CJK Unified Ideographs Extension A
    CJKHNEXA.TXT (約四千五百字分)
    CJK Compatibility Ideographs Supplement
    CJKHNCPS.TXT (仮り)(約五百字分)
    CJK Unified Ideographs Extension B
    CJKHNEXB.TXT (約四万字分)
    CJK Unified Ideographs Extension C
    CJKHNEXC.TXT (約四千字分)
    CJK Unified Ideographs Extension D
    CJKHNEXD.TXT (約222字分)
    (CJK Unified Ideographs Extention E)
    CJKHNEXE.TXT (約5962字)
      このセットの範囲を出る可能性への期待:
    • 文字鏡のデータ対応が本当に能くテキスト化される
    • *.eot フォントファイルが任意のフォントイメージと任意の割り当てコードで作れるようになる
    • エクステンション全部に擴張した結果、打鍵内容の要求水準が全く變わり(つまり大漢和の全部の標音・音注・所引を入れるような作業が無駄である、という状況を越えた)、たとえば、チェックの爲に書入れをまだしないことを目印にし我慢して完全失敗した情報(大漢和頁)があり、[すでに十年來、大きな二度手間を何重にもかけてしまい、最近は有るべき基準について全て灰燼に歸してゐるつまり全てがこれからの二度手間であることに氣附きました。
    {LIST TEXT SET TO SORT UNICODE KANJI CHARACTERS IN HTML WITH JAPANESE PLANE Shift_JIS SJIS CODE}


  14. 19320643.LZH 2006.09.04. uploaded at first.
    - 2016.02.15.
    作成中のQYTというHTMLリンクセットのうち、
    • 復原形の陸詞(=陸慈=陸法言撰《切韻》193韻の本文(序+目録5枚+本文193枚)(李永富《切韻輯》、姜亮夫夫妻《瀛涯燉煌韻輯》、上田正《切韻残巻諸本補正》・《切韻諸本反切総覧》、東洋文庫に現像を依頼した切韻残巻のマイクロフィルム(Periot〜・Stein〜)による)と、
    • 大宋重修《廣韻》206韻別の全韻紐対応情報の一覧表と、四声別の目録(韻目表)本文のリンク(概ね王志成《廣韻作業》の記入欄の形式を元とする排列)と、
    • 《韻鏡》型の韻図の全43枚
    の分をアップロードし、皆様のご高見を乞うものです。
    (なお、〈切韻〉はQYT/193/ディレクトリに、〈広韻〉はQYT/206/ディレクトリにあり、各韻目表(目録)もそれぞれのディレクトリにあります)。
    上記の他に、
      ■ルート(QYT/)ディレクトリに、
    • 反切上字表」二種(頼惟勤氏がお茶の水女子大学に於いて講習に用ゐたプリントをそのまま補訂活用したもの)・
    • 字母図」(字母の諸名號を明らかにし、古本音説と字母・窩位の関係をも明示する)・
    • 「空窩図」〔※圖表をHTMLで組む見本すらが無い時代に、谷本玲大氏によりMSの身内用テスト版で叩き台を組んで貰って、その解釋や試行錯誤と修正から始まったので、「圖」ってこういうもんだという空韻鏡がこれであり、頼惟勤先生に頂いたワーク用プリントに肖かるものでもあります。つまり、どこが肖かってゐるかというと、圖の並びの見はじめである右から順に23だけという番號が附いてゐる。(これは43轉同じもので、私のは先生のワークプリント(一枚を43コピーしたもの)にて作業を行なったものです。(當方印刷用操作技術無く、見易いまま印刷物に出來ないため某々學組織の受理條件を豫めには得れず、取り敢えずの最善の方法を選ぶことで早々に個人公開してしまってそのままでゐるだけなのが、本セットの圖です…。))〕・
    • 「タグ凡例」〔※デザインに反映するべきタグは、殆どが、システムや階層や知識を意味するものであり、檢索にも用ゐれるという配慮があるので、その一覽です。〕・
    • 「冩本韵書及音書名號對應表」〔※追加したいのはトルファン・西夏語・梵漢・藏漢で、それらに就いてははっきり言って、網羅リストを下さることが出來る方の御協力を待ちます。〕・
    • 「頼惟勤先生ご夫妻のお宅を三訪した際のメモ」〔※※ご示唆の内容は、他に43/J/下のファイルにも再現を試み多く反映されてゐます〕・
    • 「《中國語音韻研究文獻目録》使用備忘」〔※訂正と見易く用ゐる爲の階層配色示唆、兼、出版時の階層のズレを一部修正した標目轉記です。〕・
    • 「《説文入門》人名索引型メモ」・
    • 「〈《切韻輯》札記〉」〔※李永富さんので讀めば一番分る、しかしその爲には必要なことがあり、それが無いことが、李永富さんの書が「あれは所據選擇が駄目だ」で終ってゐる理由であると思います。このファイルは第一次的公開方法としてここに在ります。(上田正氏のレビューでも対比に便利と称されてゐるがその便利とは異なりを知ることがすぐに出來るということである。而して異なりを知るには対極の「同じ」を知らねばならないそれが原切韻という「コア」である。李永富さんの本は「同じ」部分つまり「コア」を知るにも便利に見えるが、資料を吸收する過程ではその「コア」の把握について多少の座礁をしてゐる。その点について全く指示したものがこの札記であり。その他の重要な訂正と些細な訂正とを含む。コアを大事にして『切韻輯』を利用するにあたっては、是非この札記を照らすのが確實なる所以である。)〕、
      43転ディレクトリ(QYT/43/)のサブディレクトリJ/に、
    • 四十三転図各「解説」〔→※※〕
      193本文ディレクトリ(QYT/193/)に、
    • 《切韻》の四聲相承韻目表Q.HTM)〔※原切韻そのもの中心で異同を把握する爲の纏め的な別表ノート作業〕
      206紐表ディレクトリ(QYT/206/)に、
    • 《広韻》の四聲相承韻目表K.HTM)〔※「要するにこれだ」というテーブル。ここから各韻目の紐表(及び各卷韻目目録)へのリンクを得、紐表から本文への凖備的リンクの修正はほぼ完了してゐる、かの如くに思えるので、可怪しければ御注告を賜わりたく思います…。〕
      ■テクスツ・ディレクトリ(QYT/TEXTS/)に、
    • 中古音関係の若干の原典打鍵〔四聲に關するのとそれとは限らない音韻關係の古い記述:切韻廣韻についての古い見解や題跋・玉篇や切韻を寫して粥いだという唐女仙呉彩鸞(呉綵鸞)のお話し・切韻撰者の及び關係者の傳記:王育徳さんの教材コラムにある福建語が語られる記述:顧氏音論出典・など、を集めようとしたものの打鍵化で、他に、『音韻のはなし』の訂正(意見)表・〕
    • 〔最近の變更點:頼惟勤先生「中古の内・外」の全文を打鍵訂正しました。〕
      ■ソース・ディレクトリ(QYT/SRC/)に、たとえば
    • LCSK_COR.JTD
      [〈《切韻輯》札記〉](一太郎−ファイル)
      QIEYUN32.LZH
      [復原形《切韻》テキスト−ファイル]入りLHA書庫
      YGTY_01.LZH
      [姜亮夫《瀛涯敦煌韻輯》序・叙論部の書き下し文テキスト−ファイル]入りLHA書庫
    があるので、〔QYT/インデックスファイル( INDEX.HTM )のリンクなどから見て下さい。
    このセットの後続には
    • 15824/《広韻》本文と校勘記〔表から、轉圖の位置關係でリンクと、廣韻次序による前後リンクがファイル名の番號配列とディレクトリ分配とによって既にシステムとなってゐるもので、それは既に上記に含まれる「/43/」ファイルのタグにリンクが凖備されてゐます〕)と
    • PHIDX/筆画索引)〔※これが最初の完璧性凖備作業を持ちながらファイル化が一番面倒であり、今まで何も出來てこない原因。そうこうしてゐる間に、ユニコード漢字はXPでも七萬字OK("SimSun-18030"で基本全部OKに續き、いつの間にかユニコードが5になり文字鏡15万字版も出ただけではなく、それがVista用フォント配布等で「Ext.A」・「Ext.B」のOK、更に孫海峯氏"Sun-ExtA","Sun-ExtB"により「Ext.C」(※2008夏以降又た改訂)&「コンパチサプリ」(※使用上の御注意御節度が必要でもある區劃性質)もOKの先陣、有女同車( Blank-Ego )氏「廣韻全字表」という作の登場・川幡太一氏のDKW2UCS.TXT修正極限到達、誰かが完璧な辭書番號情報をUnihan.txtにぶち込む爲の應募をする日は遂にはいつ來るというのか?…)という時代に至った…。〕
    • SRC/(計畫書・一枚化テキストファイル・など)〔※いづれはこれらの中からも完成ファイルを添えたい。ex.集韻韻紐廣韻紐序對照表・復原形切韻ユニコードファイル( QIEYUN32.TXT (既に、はいってます!(アーカイブファイルはQIEYUN32.LZH)))・その他〕
    …という二つのリンク部品があって、それでQYTの基本部分は完結するのですが、アップロードは遅れます。
    {RHYME LIST TABLE TEXTS HTML LINK SET 韻紐表 張士俊 澤存堂本 沢存堂本 周祖謨校勘記 廣韻 廣韵 廣均 広韵 广韵 广均 廣韻作業 韻紐表 韻圖 韻図 韵圖 韵図 均圖 均図 韻鏡 韵鏡 均鏡 陸詞 陸慈 陸法言 復原本 切韻 切韵 切均 本文 據 拠 李永富 切韻輯 姜亮夫 瀛涯敦煌韻輯 上田正 切韻残巻諸本補正 東洋文庫 MICROFILM}{reconstructed script of the QieYun 《切韻》本文自體は佚したとされるが、ほぼここに復元結果は出た。その内容は、原序・韻目下注・韻目とその韻序・韻紐とその紐序・韻字とその字序、つまり普通に言って殆ど全部。(但し、更に解決か改善や前進の可能なものと抑そも知ることの不可能なものとをあわせて數パーセントの問題點を含む。) }


  15. LIP.LZH 2006.10.08.
    - 2016.05.16.
    段玉裁《説文解字注》に後附の《六書音均表》(りくしょおんいんひょう)の全HTMLリンクセットファイルです。
    次欄の《詩三百》セットや上欄の韻目セット等にリンクがしてあります。
    リンク先のセットは他にも有るので、その点、外部的には未完と言えますが、
    一応、内部的には完成したつもりのものです。
    シフトジスとユニコードタグを用ゐ、表二《古十七部諧聲表》の子ファイル17枚ではアブリビエーションタグに、出来るだけの同諧声字を埋め込みましたので、テキストブラウズでも検索利用できます。(また、ネットスケープ7.1で見ると、カーソルを当てた時に当該語句のアブリビエーションタグのタイトル内容を表示するようです)
    音韻的に関連有ると見られる字には韻部別の背景色タグを施して識別出来るようにしました。
    背景色タグと韻部との対応関係については、
    ここ次欄のアーカイブ中、どちらかの *.CSS ファイルの中の注釈文字列を参照して下さい。
    ユニコードに無い字はイメージファイルで補ってありますので、
    コピーして使うときにはその点に注意して下さい。
    陰・陽・入の対転関係が各同色となった背景色が施してあります。
    利用ならびに校閲を期待します。
    LIP.HTM から見て下さい。
    {HTML TEXT LINK SET 段玉裁 六書音均表 六書音韻表 六書音韵表 本文 全文 清朝 古音學 古音学}


  16. SI300.LZH 2006.10.08.
    - 2016.01.11.
    毛詩詩經=通称詩三百詩三百篇三百篇詩三百五篇三百五篇詩三百十一篇三百十一篇
    (の本文のみ一応完成したと思われる)HTMLリンクセットです。
    出来た部分としては他に《韓詩外傳》もリンクしてあります。

    《周禮》の押韻によって見方が変わったので、
    韻の解釈については、足りない部分だけでなく深読みや新見が錯綜しているかも知れません。
    音韻的に関連有ると見られる字には背景色タグを施して識別出来るようにしました。
    背景色タグと韻部との対応関係については、
    上欄ここのアーカイブ中、どちらかの *.CSS ファイルの中の注釈文字列を参照して下さい。
    ユニコードに無い字はイメージファイルで補ってありますので、
    コピーして使うときにはその点に注意して下さい。
    ※ファイル名に小文字も用ゐてゐるので、出来ればDOSツールではなくWinツールで解凍してください。
    博雅の批正を乞います。
    Si_frm.htm から見て下さい。
    {HTML TEXT LINK SET SHI-JING 詩經 詩経 毛詩 詩三百篇 本文 全文}


  17. JG.LZH 2006.10.09.
    - 2006.11.10.
    爾雅》のHTMLリンクセットです。
    体例は、ほぼ、《詩經》《六書音均表》のセットと同じです。
    JG_FRM.HTM から見て下さい。
    {THML TEXT LINK SET ER-YA 爾雅 尓疋}


  18. LG.LZH 2006.10.09.
    論語》のHTMLリンクセットです。
    体例は、ほぼ、《詩經》《六書音均表》のセットと同じです。
    LG_FRM.HTM から見て下さい。
    {HTML TEXT LINK SET LUN-YU 論語 本文 全文}


  19. EK.LZH 2007.01.11.
    - 2010.12.14.
    易經》(周易)のHTMLリンクセットです。
    体例は、ほぼ、《詩經》《六書音均表》のセットと同じです。
    EK.HTM から見て下さい。
    {HTML TEXT LINK SET YI-JING 易經 易経 周易 本文 全文}


  20. SU.LZH 2006.10.09.
    - 2006.12.06.
    書經》(尚書)のHTMLリンクセットです。
    体例は、ほぼ、《詩經》《六書音均表》のセットと同じです。
    ※ファイル名に小文字も用ゐてゐるので、出来ればDOSツールではなくWinツールで解凍してください。
    Su_frm.htm から見て下さい。
    {HTML TEXT LINK SET 書經 書経 尚書 本文 全文}


  21. CL.LZH 2006.10.09.
    - 2006.11.30.
    周禮》(しゅらい)のHTMLリンクセットです。
    体例は、ほぼ、《詩經》《六書音均表》のセットと同じです。
    ※ファイル名に小文字も用ゐてゐるので、出来ればDOSツールではなくWinツールで解凍してください。
    CL.HTM から見て下さい。
    {HTML TEXT LINK SET ZHOU-LI 周禮 周礼 本文 全文}


  22. HK.LZH 2006.10.09.
    - 2010.01.25.
    孝經》のHTMLリンクセットです。
    体例は、ほぼ、《詩經》《六書音均表》のセットと同じです。
    HK_IDX.HTM から見て下さい。
    {HTML TEXT LINK SET XIAO-JING 孝經 孝経 本文 全文}


  23. LZ.LZH 2009.12.31.
    LZ_IDX.HTM か、 LZ.HTM から見て下さい。
    - 2011.09.05.
    {HTML TEXT LINK SET LAO-ZI 老子 道徳經 本文 全文}


  24. CJ.LZH 2007.01.18.
    楚辭》のHTMLリンクセットです。
    体例は、ほぼ、《詩經》《六書音均表》のセットと同じです。
    - 2015.01.23.
    CJ.HTM から見て下さい。
    {HTML TEXT LINK SET CHO-CI 楚辭 楚辞 楚詞 本文}


  25. storyhtm.zip 2006.06.05 - 2015.02.11.
    平装影印本の川合真永編《台灣笑話集》50話より、本文の読みを声調核付きローマ字に置き換えたものへ、魏世杰さんによりBig5コードによる漢字文と英訳が加えられた、HTMLファイルズです
    影印本では、閲読上からカナ式の正式表記法も学べて朗読にもよく、従ってそれによって台日・日台大辞典が読めるようにもなるのですが、これらのファイルズにはカナ式表記を載せてゐませんので、台湾関係の書店で册子をお求め下さい。

    (2012年に、序文と和訳の部分も打鍵してリンクしました。)
    ※ファイル名に小文字を用ゐてゐるので、出来ればDOSツールではなくWinツールで解凍してください。
    frame.htm から見て下さい。
    {HTML TEXT LINK SET 川合真永 川合眞永 臺灣日日新報社 台灣日日新報社 台湾日日新報社 1915 台灣笑話集 台湾笑話集 ROMAJI KANJI ENGLISH}


  26. CHOUA.EML 1997.
    Pai Chou 's Minnamese romanization writing system [鹿港]


  27. 音論 1997.-2015.06.10.
    顧氏音論















































使用しての感想等をお聞かせ下さい。
please send me your impressions =} Shohji Itoh ( 伊藤祥司 )

起稿.1999.01.**.
増補.1999.01.14. 訂削.2006.06.09.    2007.08.14. 最新.2016.05.16.(LHAは16でなく32ビット版(或いは64)を用い、コマンドラインでは「−a2rd」オプションを忘れないで下さい)