作 業 写 真 の ペ ー ジ

こんなこともやりました。。 人生の後片付けなどは、いつものこと。。

 


 

便利屋だから、色々頼まれるのよ。。

ここを見ているあなたは・・・
ここから先は・・
普段の生活では、見ることのない世界かも知れません。。
でも、おいら便利屋にとっては、日常の1コマにすぎません。。 
そんな、おいら便利屋の日常の1コマ・・・
最初からエグイ内容を載せると、読んでいるのも嫌になると思うので・・
ソフトなのから、徐々にハードな内容へと・・書くように努力します。.

 

 


   ■ 信じられないボヤ現場の写真。。。

 火元は??・・って言うと・・
 何故か、CDを整理してあるCDケースから・・・
 『太陽の光が差し込んで、CDがレンズ(鏡)の役目をした??』・・って思うでしょ??
 雨戸もカーテンもしっかり閉めておいたとのこと・・
 不思議な発火でした。。。
 偶然が偶然を呼んで、1部屋のみのボヤで済み、全焼は免れたけど・・・
 注:写真の加工は、サイズ変更と日付を消しただけです。。

 火元のCDケースの下


 

火元の真上の天井


 

火元付近の窓
 
   

 火元のすぐ横の壁
 

  

ま、火の下側だったからこんなもんでしょ。

石膏ボードの耐燃性を見せられましたわ。。

 

 サッシレール+サッシも一部溶けてました。。サッシは4枚組み。。写真は左半分です。。火元は右半分側

白くなてるのは、ススが落ちるかな??・・と思って、薬品拭きつけた為ね。

火元左側 

    

 エアコンのアップ


エアコンの下側
 

 

   


 

 天井のススも・・凄い。。元の天井は白単色です。。模様は、クロス表面の凸凹に付いたススね。。

上部が溶けてるのわかるでしょ

 サッシもススだらけ・・画像加工はしてないよ。。

 

 
   押入れドア

白い部分はクリーニングでススが落ちている所です。。同じ箇所⇒

 
 押入れ+入り口ドア

 

ドア関係はクリーニングで済んだけど・・・

 


火元近くのカーテンの停め具 
溶けずに残ってたのって・・
これだけ。。

   

  
火元は写真右側ドア

ススの着き具合がわかるでしょ。。

 偶然・・その

 

この日は、家主がたまたま休みで家に居た。。

 


 偶然・・その
普段は使用してない2階部屋・・・
依頼人の胸騒ぎで、たまたま階段から上を見たら・・
煙ボウボウ・・発見が早かった。。

 偶然・・その
ドアを閉めておいた為、空気の出入りが少なく、延焼しなかったのね。。一番下の右端の写真。。写真は、ドア枠の部分まで、クリーニングして、ススの付き具合を撮ってみました。。

 



  ■ 老人の孤独死・・・

 死後、孤独死で発見されるのは・・・何故か、男性が多いです。。
 女性は、自分で救急車呼んで、病院で亡くなる・・ってパターンが多いです。。
 ソフトな写真だけ公開します。。
 自殺や殺人現場じゃない無い限り、大家さんや不動産屋さんは、新入居者に対して告知の義務が無いらしく・・・
 死臭を消すのって・・・毎回苦労します。。線香は、ニオイが残るので焚けないし・・

   
    

    

   凄いニオイのした布団
 

・・って何で、写真が散乱してるんじゃ〜〜??
男の性欲ってのは、死ぬ直前まであるのね??って思った現場。。(享年・・70代後半)

 

   
   

  畳のシミは体液の跡ね
  

ま、こんなシミは・・いつものことなのよ。。
薄い布団だったり、布団から身体の一部が出てると、こんなシミが・・・

 

  


 こちらは、別の現場の畳
 

これくらいでも、今じゃ何とも思わん。。全身のシミが・・・ちょいエグなんで、白枠入れました。。
 

 

 

 


 

  ■ ゴミ部屋色々

 TVでおなじみになったゴミ部屋
 おいら便利屋にとっては、これも日常の1コマ。。

   

    

 


   

 

 

 

 

 

 

 

 

 



  ■ 心霊写真色々

 TVでたまに放映する心霊写真・怪奇特集でオーブと呼ばれる現象です。。

遺品整理の時などに、この手の写真は、たまに写ってます。。
 おいら便利屋にとっては、これも日常の1コマ。。
写真をクリックすると拡大します。。

   

    

 

 

  


 

 仏壇正面上部と右側にオーブが写ってます。。

 

 この写真など親子連れだし・・

 

 

この写真の解説を別ページにて解説してありますので、必ず読んでください。。 

      入 口

 

 






TOPに戻る