■ ■ ハ ク ビ シ ン 現場写真 ■ ■


ハクビシン・ムクドリのページ

当社では、ハクビシン駆除をよく依頼されます。。
昭和60年代までは珍獣として、目撃例だけでも新聞の地方面の話題になってたりしました。
偶然に捕獲されたりしたら、写真入りの記事になって、捕獲した人の所に見物人が押しかけたりしてお祭り騒ぎだったのを覚えています。。
(注:茨城県の水戸地区の場合です。。全国的にはわかりません・・)

ハクビシンは、長い尾があり、胴体自体は中型のネコくらいの大きさで、特徴として鼻から眉間にかけて白い帯があります。。

かなりバランス感覚にすぐれていて、電柱から家に引き込む電線を綱渡りみたいにして天井裏に侵入することもあります。。
では、天井裏に住み着かれると、どんなことになるの??・・というのが、今回の写真です。。

最近はタイワンイタチの被害も増えてきていますが・・天井裏は同じ感じです。。

なお、当社では、ハクビシンを直接駆除することはやりません。。
罠を使い、1〜2匹駆除したところで、依頼主様の家に関しては問題解決にはなりません。。
天井裏への侵入を防ぐ工事+糞の掃除+消毒・・のみのになります。。

 
作業料金は¥15000〜です。。(調査代・材料代・工事手間含む)
作業時の御願い:夏場の作業の時は、氷水を2リットルくらい用意しておいてください。。
ムクドリも基本的には同じ料金+作業になります。。

  090−8314−9277

 




 

某依頼主様の天井裏の様子

説明


 

  ウンコ・・
玄関・東側部分に接する部屋の天井

 



 

 ウンコ・・
多分、台所の天井
 



 

 ウンコ・・

オーデオルーム(?)
多分、そこら辺です。。

ウンコの写真はこれだけですが・・便所にしてた箇所は6ヶ所ありました。。全て清掃済みです。。



 

 他・・こんなことも
玄関入り口上部(多分、上がり口の上あたり・・)のエアコンの配管。。
よくこんなものかじったねぇ〜〜。。

 

 

 

当社の作業写真です。。

 ムクドリ・ハクビシン共通



 

 玄関入り口の所です。。
画面中央のほんのした隙間より、侵入してた模様。。
参考までに、手前の柱は3寸角(9cm)です。。



 

 入り口に網のはりつけ。。



 

 ↑の画像+2重に網のはりつけ。。



 

玄関入り口の反対側です。。



 

こちらも2重に網のはりつけをしました。。



 

 母屋・西側(?)
母屋の一番西側の天井です。。

 

 

 こちらは、これだけです。。

 

 


  ■ ■ ハクビシンの特徴、他  ■ ■


 依頼主様がハクビシンの侵入に気付くのは・・・
天井のシミ・天井からの足音・・・ハクビシンの目撃例 ( 以外と少ない ) です。。

「ノラネコが天井裏に住みついたのでどうにかして欲しい・・・」と、依頼され、現場に行くとハクビシンだったというのがよくあります。

ここでは、割りと簡単にハクビシンと断定できる方法(?)を紹介致します。。
‖跡・・濡れ縁やベランダ・屋根等
  ネコの足跡は、肉球 ( 人間で言う手の平+指 ) が5つです。。
  ハクビシンの足跡は肉球が6つあります。。

∧機ΑΑε薫耄△鯒舛い討澆
  ハクビシンの糞には、必ず果実の種が残っています。。
  ネコか犬のウンコ??・・と思っても、果実の種を見ることができれば、ほぼハクビシンと思って間違いないでしょう。。
  (タイワンイタチの場合もあります。
。)

 



ハクビシンの写真

 

 

貴重な写真ですので、無断での持出し防止の為に、わざと画質低下などの画像加工をしてあります。。スペルは合ってるかどうかは??です。
 

電線を渡るハクビシン 99年10月29日撮影
電線を綱渡りする貴重な写真。。
この写真は、ワタシの実家です。。
物置に住み着いていましたが、生態観察+研究の為、しばらくそっと しておきました。。

 



 




 

柿の木の枝で休憩(?)してるハクビシン
これも実家です。。実家には、当時柿の木が3〜5本あったので、よくこの光景が見れらました。。
餌付けなどはしませんでしたが、石を投げたり、驚かしたりもしなかったので、人をあまり怖がらなかったです。。どちらの写真もハクビシンとの距離は1m50センチくらいです。。

 


 

 

 


 
TOPに戻る  害虫駆除  メールでのお問合せ