銀色の両目

PUPPETEERS -Silver Eyes- ストーリー紹介





各話についての解説はこちらにどうぞ。
キャラクター
&
マリオネット
物語に登場する人物達の紹介。
第1章 History 物語の舞台と背景を説明。
第2章 Newface
1,2,3
新人の任命式に出席するため、久しぶりに地球で再会した2人…
第3章 In The Ship
1,2
ついにシルバー・アイズの新人准尉として配属された10人。
空母内を案内されて、そこで見たものとは…。
第4章XLR
1,2
地球で行われている歓迎パーティーで同僚たちは話に花を咲かせ
ている。過去の記憶と共に…
第5章 Glory is Mine
1,2
地球に対して叛旗を翻した反乱部隊。その指揮官たるアレックス=
ニードルは何を思って行動にでたのだろうか…
第6章 Intermission ワープの準備で忙しいなか、暇な新人パイロットのソーサが
マクドナルと模擬戦闘を行う。
第7章 Set Up ついに宇宙戦艦コーザ・ノストラが攻めて来た。これに対抗
するのはイグザム率いる「シルバー・アイズ」のみ。
圧倒的に不利な状況をどう打開するのか…。
第8章 First Attack
1,2
戦端は開かれた。バルバロッサで出撃したイグザムは
宇宙戦艦コーザ・ノストラに向かう。そして、その報は
地球軍にも伝えられる。イグザムとレインディアーの最
初の戦いが始った…。
第9章 Mars Rising 戦闘は数時間で終わった。そして、シルバー・アイズ内では
一つの騒動が起きていた。それはソーサが少尉に昇進す
るという内容のものであった。
第10章 A Ray of Saturn
1,2
火星から帰って来たレインディアーは父であるニードルに
会うことになる。そして、ニードルは
土星遺跡の正体を知ってしまっていた。
第11章 The Three Blacks
1,2,3
地球防衛部隊では3部隊による合同新人訓練が行われよう
としていた。
第12章 Last of 20's
1,2
30歳の誕生日まで残り1週間をきったゴールドスミスの
日常。しかし、周囲では何かが動き始めていた。
第13章 Birthday
1,2,3,4
西暦2471年7月30日。ついに、その日はやってきた。アマ
ンダとリッカーは10年前のことを思い出していた。
第14章 The Earth and The Space
1,2,3
サテライツ退役元帥の葬儀の為に地球防衛部隊は地球に
集結した。そして、カーバインはアダマイトから夕食に
誘われるのだが…。
第15章 The Commander Is Idol!?
1,2
統帥本部では、奇妙なイベントが行われようとしていた。
地球防衛部隊では「クーデター」のための対策が講じられ
ていた。
そして、火星方面防衛部隊では…。
第16章 Information and Vogue
1,2
ヒカリ=ウタガワの1日指揮官についての情報が公表された。
そして、同時に「反宇宙軍によるクーデター」の情報を
イグザムは知ることになる。
第17章 She is Coming
1,2,3
ついにアイドル指揮官ヒカリ=ウタガワがやってくる。しか
も、彼女と一緒にくるのは、イグザムの元恋人であるカーバ
インである。2人にとっての3日間が今始まる。
第18章 First Night
1,2,3
ついに完成した新しい宇宙戦艦。
ヒカリの歓迎パーティーが開催されることになった
巨大レストラン「オリンポス」において、イグザム
とカーバインは再び顔を合わせた。
第19章 The Cosmic Destroyer 前編
1,2,3
隕石破壊任務においてアイドル指揮官ヒカリは
自らマリオネットに乗り込んで遂行することを
志願する。
そして、レインディアーはイグザムのデータに
目を通していた。
第20章 The Cosmic Destroyer 後編
1,2,3
ついに起動したコズミック・デストロイヤー。
最も凶暴な猛獣が宇宙に放たれた。
第21章 The Party is Over
1,2,3
謎の巨大宇宙戦艦の撃破に失敗し、損傷を受けたシル
バー・アイズは修理のために戦線を離脱することに。
第22章 Hellfire
1,2
反宇宙軍のクーデターへの対抗策を決行するために、
地球防衛部隊の首脳部が地球に降りることを決定した。
第23章 Short Time Ago
1,2
土星のプリンセスであるレインディアーとの間に
ある絆は非常にもろかった。
過去に起きた間違いが絆を壊してしまう。
第24章 Puzzlement 反宇宙軍によるクーデター。
それを目前にして様々な思惑が、それぞれの
脳裏をかすめていく。
第25章 Uneasiness ついに地球に降りた地球防衛部隊司令官。
残された指揮官達は不安の中で対策を必死に
考えていた。
第26章 White Strawberry
1,2
緊張の走る火星方面防衛部隊。
その時、アマンダの身に異常が起こる…。
第27章 Snake & Mongoose
1,2
レインディアーの瞳にはイグザムが映り、
ガンズの心にはアマンダが存在している。
限りなく敵に近い味方である2人に勝利を…。
第28章 Between Scylla & Charybdis
1,2,3
ついに動き出した『反宇宙軍』。
制圧された地球軍統帥本部。
そして、地球防衛部隊は……。
第29章 Get ready to dance
1,2,3
反宇宙軍によるクーデターを鎮圧する
ための作戦が提案された。そして、その
参加メンバーが選ばれる。
第30章 Decade 火星方面防衛部隊が選択した作戦によ
り、事態は大きく変化しようとしてい
た。
第31章 TYPE-9AG
1,2,3
最高傑作機とされた2機のマリオネット。
天才の領域に足を踏み入れた2人の男女。
そして、ありえないはずの戦いが始まる。
第32章 5 Minutes
1,2
心の迷いと決断の迷い。
予想外の行動によって生じた
「5分の遅れ」が全てを変えるのか。
第33章 Contradiction
1,2
最強の攻撃力と最強の防御力。
ぶつかるのは膨大な破壊力。
それが全てを変えることになるとは…。
第34章 The Invincible Army 反宇宙軍によって奪われた攻撃衛星。
地球防衛部隊は永く隠していた鋭い牙を
ついに現わすのであった。
第35章 The Rebel Army 攻撃衛星と地球防衛部隊の戦い。
そして、クーデター鎮圧のために動き始める
16機のマリオネットは彗星となるのだ。
第36章 The Pride of The Space & The Army 遂に地球に降り立った宇宙軍。
蒼き龍を操りし黒き狂騎士は凄まじい破壊劇
を展開する。
第37章 The Greatest Army 最強の軍事力を持つ軍隊。
如何なる不利をも跳ね返してしまう軍事力。
それは全てを守り、全てを破壊する軍事力。
第38章 The Imitation of The Army
1,2
暴走する信念は絆を破壊する。
暴走する破壊は終焉を迎える。
終焉は新たな秩序を生み出す。
第39章 What Is The Next?
1,2
クーデターは失敗し、戦いは終わった。
得た物は無かったが、失った物はあった。
そして、新たな戦いが始まる…。
第40章 Sequelae
1,2
戦いは敗者を殺し、勝者も傷つける。
しかし、休み続けることはできない。
次の幕が開かれようとしているのだから。
第41章 GT-R
1, 2
ついに完成した新しいマリオネット。
だが、それは人の心を重くさせる機体であった。
第42章 Passing 長い戦いは休息を求める。
だが、それは決して永遠なものではなかった。
第43章 PILOT 必要とされているのは1つの決断。
必要とされているのは1つの勇気。
必要とされているのは1つの才能。
第44章 For Her それは彼を倒すための機体。
それは彼女を乗せるための機体。

第45章 Selection
1, 2
無限に広がる可能性。
しかし、正解は1つだけ…。

第46章 WARNING
1, 2
新しいマリオネット。
それは未来を切り開く剣。
それは過去を断ち切る剣。
第47章 Take away & Take back 壊れたのならば作り直せ。
失ったのならば取り返せ。
奪われたのならば、奪い取れ。
第48章 Appointment
1, 2
彼女からの意外な誘い。
まだ終わらない戦争は
新たな幕開けを迎える。
第49章 Meet Again 2人の間にあるのは理由無き信頼。
赤い髪と青い瞳が合わさる時に、
何かが変わるのかもしれない。
第50章 Red & Blue 赤い髪と青い瞳。
真紅の怪物と深紅の天使。
決して重なることの無い色。
第51章 Christmas Eve 戦いを忘れられるはずの休日。
戦いは体に染み付いたリズム。
戦いが終わるまで続くリズム。
第52章 New Year's Eve 新しい年が始まる。
希望に満ちた年になるのか。
絶望に終わる年になるのか。
第53章 Past & Present
1, 2
新しい年。
若者は新たな希望を抱く。
戦争は新たな絶望を与える。
第54章 The God of The Death
1, 2
TYPE-0高機動型復刻版。
「死神」と呼ばれるマリオネット。
「死神使い」と呼ばれるパイロット。
第55章 Strip-e 過去を捨てた男。
男を捨てた女。
手に入れるのは何なのだろうか。
第56章 Prodigy 土星で決定された最後の計画。
火星で予想される最悪の結果。
第57章 Unexpected Truth
1, 2
非日常にならないと気付かない真実。
古い歴史の中に埋もれた意外な真実。
しかし、それは限りなく事実な現実。
第58章 TLC 全てを賭けた最後の戦い。
それは明日への夜明けであった。
第59章 An hors d'oeuvre
1, 2
私情を挟むことの許されない戦場。
しかし、戦場を動かすのは私情以外
の何物でもない。
第60章 Personal Feeling
1, 2
一瞬の迷いが戦場を狂わせる。
一瞬の迷いが戦場を作り上げる。
第61章 Fork & Knife 導いたのは彼。
誘ったのは彼女。
第62章 Red & Blue 2
1, 2
再び出会った2人。
再会の喜びを祝うより早く、
再戦の火花を散らすのだった。
第63章 Capriciously Guest 男が手にした卵は揺ぎ無い自信。
殻の中にあるのは勝利? 敗北?
第64章 Soup & Bread 戦う相手がいるのは楽しいこと。
戦う場所があるのは楽しいこと。
戦う時間があるのは楽しいこと。
第65章 Main Dish さあ、メインディッシュが運ばれてくる。
さあ、冷めないうちに召し上がれ。
第66章 ACURA
1, 2
過去の事故に隠されていた真実。
それは1人の男を苦しめる。
それは1人の女を悲しませる。
第67章 Crucified Crusader
1, 2, 3
正義の名において戦い続ける十字兵。
栄光の名において戦い続ける薔薇の騎士。
しかし、その背には巨大な十字架が…。
第68章 Not Yet 1つの戦いが終わった。
しかし、それは新たな戦いの序章に過ぎない。
まだ、戦いは終わっていないのだ。
第69章 Repose 全てを破壊する宇宙の破壊者。
全てを守護する偉大なる両目。
今は互いに息を潜めるだけ。
第70章 The Furious and The Fast 休息の中で消えない緊張感。
それを紛らわすには戦いしかなかった。
第71章 Promise 戦いの本当の勝者は生き残った者。
戦いの本当の勝利は生き残ること。
第72章 Saturn 勝つことが出来るのは強く願う者だけ。
生き残れるのは、さらに強く願う者だけ。
第73章 Ready to Fight 会うためには理由がある。
守るためには理由がある。
戦うためにも理由がある。
第74章 Tactics 戦いは何も生み出さない。
エネルギーと命を消費するだけ。
第75章 Last Time to Live 終わりは常にやってくる。
遠くても近くても必ずやってくるのだ。
第76章 Reason
1, 2
戦う理由。勝つ理由。
生きる理由。負ける理由。
第77章 Game is Over
1, 2
戦いを終わらせるのは2本の剣。
戦いを終わらせるのは2人の女。
戦いを終わらせるのは2つの赤。
第78章 The End of The Endless Time 長い時代の終わり。
それは新しい時代の始まり。
最終章 Godspeed 時代が終わり、時代が始まる。
永遠ではない平和を祈りましょう。


Short Story

vol.1
アスターの独り言
ニーバート=イグザム少将専用機であるバルバロッサに
内蔵されている人工頭脳S.A.D.S.「アスター」。彼のメモ
リーにはどのような思いが詰まっているのか…
vol.2
A Launching Ceremony
西暦2470年、イグザムとカーバインは指揮官任命式の
ために地球軍統帥本部にいた。
vol.3
2463
1, 2, 3, 4, 5,
西暦2463年、アマゾンで行われた実戦訓練に参加した
少年少女たちのお話。
vol.4
Talking Heads
博物館に眠る古代の記録。
S.A.D.S.たちの退屈な1日が始まる。


戻る