タイトル

輝神伝―Third Generation―
ストーリー紹介



各話についての解説はこちらにどうぞ。
キャラクター
物語に登場する人物達の紹介。
第1話
1,2
夢の中に現れる森の妖精。それが誰なのか彼女には分からなかった。
第2話
1
『輝神兵団』のメンバーが何かに導かれるように集まる。真実が明かされる時は近い。
第3話
1
青い空の下に、過去の傷跡は生々しく残されている。しかし、その傷跡に触れる事を怖れてはいけない。
第4話
1
父と飲み交わした夜。そして、森の妖精が求めるものとは…。
第5話
1
恋人との暫しの別れ。そして、その気持ちは父親の過去へと傾き始めていた。
第6話
1,2
恒例の家族旅行。鳳凰の間、三日月の夜、そして紅の黒炎。烈火と唯にとっては過去を思い出させるものばかりであった。
第7話
1,2
輝夜だけが父親から受け継いだ「闇色の瞳」。そこに映るのは優しい両親の姿。そして、名前にこめられた思いと真実を知る日は近づいてきている。
第8話
1,2
予定が立てられるのは明日が来ることを知っているから。
予定が立てられるのは明日が来ることを信じているから……。
第9話
1,2
娘は数年後の未来に迷い、父親は数日後の未来に迷う。18年前の選択が答えとなって姿を見せる日は近い。
第10話
1
紅の炎、白い牙、裁きの雷と風、聖なる翼、そして呪われし爪。最強の傭兵部隊は18年の沈黙を破って再び集まった。
第11話
1
「責めないで」。誰もが輝夜に話そうとしない烈火の過去。鳳凰の紅き炎は、常に彼女のことを包んで守り続けてきたのだ。
第12話
1
夢の森で悲痛な咆哮をあげる黒き龍。それを見つめるのは闇色の瞳と紅の瞳だけであった。
第13話
1
ついに見てしまったのは偽りの欠片。
信じるものが分からなくなった瞬間。
その時に手を伸ばすのは小さな希望。
第14話
1
樹海にそびえる神殿。
1つの時代が終わり、1つの時代が始まった場所。
1つの生命が終わり、1つの生命が生まれた場所。
第15話
1,2
嘘という殻につつまれた小さな真実。しかし、そこから孵るのは真実とは限らないのだ。
第16話
1,2
憎しみによって発動する最強の武器。永い沈黙を経て、悪夢が蘇ろうとしていた。
第17話
1
生きる理由があるからこそ人は生きることができる。
待っている人がいるから人は生きることができる。
それが生きるということだから。
最終話
1
青い空、白い太陽。それは呪われた黒龍の血を浄化するような輝きを放っていた。


戻る