F-14B "VF-103 JOLLY ROGERS LAST LIGHT"







前作(VF-1S)製作後に何作ろうかと思ってたところ猫作れとゆー指令を受けましたので製作。
ハセガワの1/72F-14は2度目の挑戦、1回目はアプローチミスで黒こげになったので今回は前回の失敗を踏まえて失敗しないよう最大限の注意を払い製作しました。

機首脇のパネル、レドーム部、胴体脇の継ぎ目、胴体と機首の継ぎ目・・・
その辺に特に気を使いつつ製作。
前回は胴体と機首の接着まで行かなかったので盲点でした・・・
ノズルも前回はA型だったので勝手が違い苦労しました。
合わなかったので削って対応。

最後の接着の段階になって垂直尾翼はちょっと傾いてる事に気付きました。
ずっとまっすぐだと思ってたのでびっくり。

今回は一応完成しましたが機首脇のパネルや胴体の継ぎ目等まだまだ粗いので次回(1/48?)はその辺を克服できるよう頑張りたいと思います。
とゆーかキャノピー浮きすぎよorz





塗装 (表記無し:Mrカラー F:フィニッシャーズカラー Tタミヤカラー
機体上面:308→305→307

機体下面:308→305→308

ホワイト:Fファンデーションホワイト

ブラック:ブラック

ノズル:黒鉄色+シルバー+ゴールド→タミヤエナメルでウォッシング

シルバー:シルバー

スミ入れ:Tフラットブラック+Tブラウン+Tホワイト



F-14は特別思い入れのある機体ですので塗装もいろいろとやりたいことがありました。
今回はパッケージの写真が気に入ったのでそれを参考に割と綺麗な感じに。
結局最後はウォッシングの嵐でしたが・・・・・

基本色を塗装後305で影を入れて再び基本色で覆っています。
影を微妙に残したりしてそれっぽく。
退色表現とか高度な塗装出来ませんのでorz



デカールはキットの物を使用。
1発目、髑髏のデカールを速攻で破きました(アホ
なのでそれ以降は何時もよりも慎重に。
概ね満足出来る出来になりましたが垂直尾翼先端と主翼の「103」がずれてしまってちょっと未練が・・・・
今回はモデラーズのデカールフィットを使ってみましたが普段のとあまり違いがわからなかったです・・・・
いろいろ試してみたいと思います。






















ギャラリーに戻る