F-14A "WARDOG"







毎度お馴染み、バラバラを通り越して粉々(?)と言われてるF-14Aです。
一応ウォードッグ隊、チョッパー機。

特に製作理由はありません。
強いて言うなら在庫処理。
どうせ作るなら・・・ってことでウォードッグ仕様にしてラーズグリーズ仕様と並べようという魂胆です。





塗装 (表記無し:Mrカラー F:フィニッシャーズカラー Gガイアカラー Tタミヤカラー

機体上面:40→307

機体下面:40→308

イエロー:Fファンデーションホワイト→329

ブラック:2


ホワイト:Fファンデーションホワイト
ノズルは色の濃い部分がFカーボンブラックマット→214、シルバーの方はそれに加えクロムシルバー。
クリアブルーとクリアオレンジで焼け表現。

スミ入れとウォッシングは何時も通りフラットブラック+フラットブラウン。


ハセガワの1/72F-14は4度目なのであまり苦労せず・・・・とは行かずやっぱり苦労。
パーツ数ありますし大きいので大変です。
完成するとカッコイイんですけど・・・・
キット通りだとつまらないので脳内で設定を立ててそのとおりに製作。
VF-154のようにボムキャット仕様のA型としてウェポンセットからLANTIRNやパイロン、ボムラックを調達。
ボムラックの件はご意見の方で教えていただきました、ありがとうございました。
2度の経験でこの機にパイロットを乗せるのは手間が掛かるというのはわかっているのでパイロット無し、キャノピー開で作りました。
ノズルは左右で開度の違う画像をよく見るので参考に。
仮うpした時は左右逆だったようですので直しておきました。

塗装は普段通りにジャーマングレー→基本色でグラデーション。
塗装はVF-103仕様に倣ってます。
垂直尾翼先端の黄色は曲線のマスキングが面倒なんて理由でVF-84風にしたらなんとも違和感のある塗装に・・・
面倒臭がらずVF-103に倣えばよかった・・・・いや、アンチグレアをVF-84にあわせた方がよかったのかな・・・・

増槽は黒。
特に理由はありません、私の好みです。

デカールはキットの物とサテライトのアルファベットデカールや他キットの余りを流用。
オーシアの国籍マークはともかくウォードッグのエンブレムは右の垂直尾翼に付いてるのが逆と言うorz
コンビニでコピーしか手段の無いわけで・・・・どうにかしたいですがどうにもなりません。
今回は貼り付けにスプレー糊を使ってみましたがそこそこ使えそうですのでこれからも使おうと思います。
プリンタ入手してデカール自作できるようになれればそれが一番なのですが・・・




















ギャラリーに戻る