坂折天神社


 御坂町竹居、花鳥の里スポーツ広場の南に鎮座する。


神社正面

 

 甲府市酒折町の酒折宮が景行天皇の四十年日本武尊の東征の帰りに宿泊した所である、というのが広く一般に知られている事である。しかし、実は東征の帰りに若彦路を通り甲斐に入った日本武尊が滞在したのは甲府の酒折で無く、御坂の竹居にある坂折天神社の所在地であると云う。竹居の地名も「たける」が住まわれた所から出たと云われる。

 
       拝殿                             拝殿奥に本殿

 

 境内は山の社と言う雰囲気で、いかにも神様が鎮座していそうな感じである。神社正面には、日本武尊の立ち寄り地であることを示す碑と意味ありげなメンヒルが数本立っている。


碑とメンヒル

 

 何も音のしない境内に居ると、日本武尊の伝説地が本当はここであったろうと思えてくる。


Top

坂折天神社