ゲームの吸い出し

 

エミュレータで遊ぶ場合、問題になってくるのが「ゲームそのもののファイル」をどうやって手に入れるか。
基本的にネット上からダウンロードしてくるのは違法行為などでお勧めできないので、
ここで簡単に自分で手持ちのゲームを吸い出してイメージ化する方法を紹介。

 

ROMカートリッジタイプのゲームの場合

 

「ホンコン」を使う

ホンコン」という物で手持ちのスーパーファミコンソフトを読み込むことが可能になり
また拡張アダプタを使用することによって他機種のカートリッジを読み込むことが出来ます。
ここでは詳しくは解説しない(詳しく解説しているサイトがある)ので、
「ホンコン 吸い出し」やら「ホンコン (機種名)」でググってみれば色々と見つかるはずです。
ただし、「ホンコン」や拡張アダプタなどは基本的にバラの電子パーツ状態から作る必要があり半田付けの技術が必要、
またPCとの接続がパラレルポートしかないなど、色々と導入までに面倒ではあります。
「ホンコン」そのものは千石電商でバラ(組み立てられていない)状態で販売されております。

 

「カメレオンUSB」+「パソファミ」を使う

パラレルポートの無いPC等を使用している場合、「カメレオンUSB」というハードと「パソファミ」というソフトを使います。
実際に吸い出す場合、「ホンコン」と同じように機種ごとのアダプタが必要になってきます。
吸い出し機とはUSBでの接続での接続になるので、最近のPCでも全く不都合がなく、
パソファミホームページ上でアダプタの制作代行をしているので、
面倒なことは嫌だけど多少の出費(1万円以上)は気にならないという方にお勧めです。

 

 

CD等の光ディスクのゲームの場合

 

通常のディスクと同じようにイメージ化する。

カートリッジタイプのゲームと違い、こちらはPCのCD/DVDドライブからそのまま読み込め、
アダプタ等の専用ハードが無くてもいいのでかなり楽です。
ディスクを入れてエミュレータからそのまま読み込むことも出来ますが、
入れ替えが面倒、読み込みに時間がかかるので、イメージ化してハードディスクに持っておくことをお勧めします。

ここでは「CD Manipulator」を使用してのディスクイメージの作成方法を紹介します。

まず、「CD Manipulator」を起動したら最左上の「CDからイメージを作成します。」のボタンを押します。

すると上のようなウィンドウが出てくるので
イメージ化したいディスクが入っているドライブと、作成するイメージファイル名を指定します。
読み込みに失敗するといけないので念のため設定は「シングルセッションモード」
「正しいTOCとギャップ情報の取得」「CDDA読み込みコマンドの自動検出」にチェックを入れて、
OKボタンを押します。これでディスクのイメージ化が行われます(時間がかかるので注意)。

この方法でプレイステーション、セガサターン、ネオジオCDなどは大体読み込めますが、
PCエンジンCD-ROM2ソフトについては注意が必要です。
PCエンジンがCD-ROM登場初期のものなので独自フォーマットを使用していて、
読み込みドライブやイメージ化するゲームによっては読み込み不可な場合があります。
自分の環境(ドライブDVR-109、Vista 64bit)では手持ちのソフトの読み込みは問題になることは無かったものの、
環境によっては不具合が生じることもあることを覚えておいてください。

 

メガCDのソフトの場合、上記の方法でも良いのですが、
音楽トラックの部分をMP3化して容量削減することが可能です(エミュ側の対応が必要)。
TOCウィンドウを開き(メニューの「ウィンドウ」→「TOCウィンドウ」)、

表示されているデータ、音楽トラックを全て選択します。

今度は最左下の「トラック単位でCDを読み込みます。」というボタンを押して、

イメージファイル名を指定してOKをクリックします。

これでデータトラック(ISO)と音楽トラック(WAVE)で別々にファイルが作成されるはずです。

次にISOファイル名最後のトラック番号を消して、
音楽トラックのファイル名を「 02」「 03」と半角スペースを開けてトラック番号を記入していけば完了です。

あとは、WAVEファイルをお好みのMP3エンコーダ(自分は午後のこーだ)を使って
エンコード(念のためID3タグは入れない)して、

エミュレータでISOファイルを開いてゲーム起動、音楽トラックのBGMが流れれば成功です。

 

戻る