Guitars!











home


Yahoo!ジオシティーズ
→Top    →Tokai    →Provision    →Fender Japan    →Epiphone

Guitarに対する限りない愛情。。

 
 

 レスポールと言えばGibson。ストラトキャスターといえばFender。

それは当たり前の話ですが「そいつぁプロの方がお使いになるもんで、ヘェ、アッシらトーシロが持つなんて滅相もございやせんよ旦那ぁ」なのである。

 

 謙遜しとるわけです。

 

 僕らがロックに夢中になりバンドを組んだりしてた高校生の頃は、もちろんFender Japanなんてものは無くって、みんなヤマハやフェルナンデスやグレコやトーカイやフレッシャーなんかの国産ギターのカタログを何度も何度も見ては、これとこれが欲しいな〜などと思っていたのだった。

 んで40を過ぎた今となってもギター熱は冷めずにいて、子供の頃に憧れてた「ギターに囲まれる生活」をやっとこさおくることができるようになったのです。ありがたい。ありがたい(^-^)

 

 しかも。そーゆーヒトたちは結構世の中には多いようなのだ。。いわゆる「中古楽器」なんだけどもオークションサイトなどを見ると当時のKingyo少年がカタログを見ながら目を輝かせていてたギターたちが「買って。買って」とおいでおいでしているのである。

 

 当時の国産楽器のクオリティは非常に高くって、中には本家を凌ぐモノもあるらしい。。なんでも「ジャパンヴィンテージ」とかいって非常に高価に取引されているんです。中古なのにほぼ当時の金額のまんまだったりする。。

 

 外国のアーティスト(こういう言い方も古いな。。)なんかが来日したら、けっこうこーゆー楽器を探しにあちこちの店を廻るらしいんですわ。

 

 これは助けてあげねばならないっ。彼女たちをシアワセにしてあげなければいけないっ

とゆう気持ちが沸き上がって来るではありませんかぁ!ねっお客さんっ!

 

 国の宝をこれ以上外国に流失させないようにするべぇく、ワタクシも日本男児のひとりとしてぇ雄々しく立ち上がったのでぇありまぁす!