陸っぱりスタイル

バス釣り 陸っぱりのスタイル

バス釣り初心者

バス釣りのおかっぱりの基本はロッド1本で行動。複数本を持つと結果的に機動力が弱まり、釣果が落ちるパターンが多い。
ショルダーバックやヒップバックに必要最小限の道具を入れ、ロッド以外が手に持たない身軽なスタイルで釣りで挑むことがベスト。
ボートと比べると陸っぱりは機動力が極端に落ちる。それを補うのは自分の足、行動力である。できるだけ荷物を減らし、たくさん移動して効率よく広範囲を攻めるほうが釣果は上がる。仮にロッドを2本持ち歩いたとしても、結果的にその2本のロッドを均等に使うことはほぼない。小さい野池で移動距離が短い、ほとんど移動しない釣りが確定しているフィールドなら別だが、盗難なども考えると陸っぱりで複数本のロッドを持ち歩くのはお勧めしない。いろいろ準備しても、結局は自分の頭の中で自然と組み立てをして決めた釣りに挑んでいることが多いのが現実。しかも、驚くほど時間がたつのも早く、いろいろ試している時間もない。フィールドに立ってみてまったく通用しないなんてことはよくあるが、自分の信じた釣りで1本あげると充実感も高まる。
バス釣りは海釣りのように撒き餌を使って魚を寄せる釣りではない。よって、一箇所で粘らず、自ら進んで魚のいる場所行って魚に口を使わせる、それがバス釣りだ。

陸っぱりの狙いどころ

初心者のバサーは同じ場所に通い、同じ釣りをすることをお勧めする。1ヶ月、2ヶ月、5回か10回かは分かりませんが、はじめはいろんなことをしないほうが上達は早いです。
理由は『なぜ釣れたのか』を確信のもてる内容に近づけたいからです。『なんとなく釣れた』では選択問題で鉛筆を転がしてたまたま当たったのと同じです。これでは次に同じ問題がでても解けません。同じ仕掛けを科目と例えると分かりやすです。集中して同じ科目を勉強するほうが効率もいい。70点くらいとれる得意科目(ルアーや釣り方)を増やしていきましょう。自分に合ってそうな得意科目(釣りのスタイル)から広げていくといい。

ウェーディング

バス釣り初心者

同じ陸っぱりでもウェーディング(腰までの長靴)をすることで行動範囲、攻める範囲が大幅に広くなります。
5m、10m水の中に入るだけで駆け上がりや水深のあるエリアに届くようになります。
関東のハイプレッシャーなエリアでも比較的有効です。長靴を履くだけでもエリアが広がりますので初心者にもお勧めです。

夜釣り

バス釣り初心者

あまりイメージが湧かないかもしれないが、バス釣りも夜釣りが通用する。朝まづめ、夕まづめの捕食の時間帯に集中して釣るのがセオリーですが、実は夜も活発に動いています。夜は警戒心も薄れていますし、超大型も岸に寄ってきます。特に産卵時期の夜釣りは有効的な手段の1つです。一部、夜釣りを禁止しているフィールドもありますが、いつも通っているフィールドが禁止でなければぜひ行ってみて下さい。明るい時間帯とはまったく違う釣りになるはずです。夜釣り・・・ボートではできない陸っぱりの特権でもあります。