バジリカ建設

バジリカ建設は、西洋建築様式の一種です。
 

バジリカ建設は、西洋建築様式の一種です。

バジリカ建設は、古代ローマの公共建築物の建築様式として用いられました。

バジリカ建設は、その後キリスト教の教会の建築様式として用いられる様になりました。

バジリカ建設は、建築における平面形式の一つです。

バジリカ建設は、中央の身廊の2辺もしくはそれ以上の辺を側廊によって取り囲むものをいいます。

古代ローマの公共建築物に用いられた建築様式は、バジリカ建設です。

初期キリスト教の教会堂に用いられた建築様式は、バジリカ建設です。

 

バジリカ建設の代表的な建築物といえば、ローマのサン・ピエトロ旧聖堂、サンタ・マリア・マジョーレ教会などキリスト教における教会堂が知られています。しかし、バジリカ建設は元々、古代ローマ時代に法廷・集会所・商業取引所などの公共建築物に用いられてきた建築様式です。「バジリカ」とはギリシア語の「バジリケー・ストア(王の会堂)」に由来する言葉なのです。

313年のミラノ勅令によって、キリスト教が公認となり、それまでは民家や地下墓所にある秘密の礼拝堂に集まっていたキリスト教徒たちにより、立派な聖堂の建築が行われたのです。その際に手本となり、用いられた建築様式がバジリカ建設なのです。その為、現存するバジリカ建設の建築物も教会堂が多くみられるのです。

 

四大バジリカ建設

バジリカ建設は、特に有名な四つのキリスト教の聖堂があります。

バジリカ建設が、数多くある中でそれらを「四大バジリカ建設」といいます。

バジリカ建設は、元々古代ローマの公共建築に用いられていた様式です。

バジリカ建設は、その後初期キリスト教徒たちが聖堂を建築する際の手本としたのです。

バジリカ建設は、そうした所以もありキリスト教における聖堂で数多くみられます。

ご紹介させていただく建築様式は、バジリカ建設です。

初期キリスト教時代に聖堂に用いられた建築様式は、バジリカ建設です。

 

四大バジリカ建設は下記の四つです。

  • サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂(世界遺産)
  • サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂(世界遺産)
  • サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂(世界遺産)
  • サン・ピエトロ大聖堂(世界遺産)

 

四大バジリカ建設◆サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

バジリカ建設は、古代ローマの公共建築と古代ローマ様式の教会堂がある。

バジリカ建設は、教皇の命により建築させたローマの四大バジリカ建設がある。

バジリカ建設は、更にもう一つ加えた五大バジリカ建設もある。

バジリカ建設は、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂が有名。

バジリカ建設は、現代に至るまで様々な教会堂の基礎となりました。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂は、バジリカ建設です。

四大バジリカ建設は、バジリカ建設です。

 

教皇が建築させたローマの四大バジリカ建設の一つ、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂は、「偉大なる聖母マリアにささげられた聖堂」という意味です。聖母マリアにささげられた聖堂は世界各地に数多くありますが、それらの中でサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂が最大の規模です。

また、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂は、ローマのバジリカ建設様式の聖堂では唯一原構造を残している大変貴重な建築物でもあるのです。

 

バジリカ建設

 

 


バジリカ建設建築様式 バジリカ建設教会 バジリカ建設ローマ建 バジリカ建設キリスト教 バジリカ建設東方教会 バジリカ建設円蓋式 バジリカ建設ミストラ型 バジリカ建設長堂式 バジリカ建設basilica バジリカ建設クロスドーム